■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
どうしたんだジェームズ!
 数日前の話になるけども、007 ゴールデンアイ(Wii版)のストーリーモードをとりあえず難易度ノーマルでクリアしました。Nintendo64版で大いに盛り上がった10年ほど前、映画も見るべwww ということで上映会をしたところ、随所にゲーム中の画面と一致する描写があってこれまた面白かった覚えがありますが、Wii版だと思い切ったリメイクのためか、映画版とはかなり違ってました。
 しかし、話が破綻したわけでも面白みがなくなったわけでもなく、ボンドがスマートフォンでWi-Fi端末をハッキングしたり写真をMI6にメールで送信したりと、ちゃんと2010年風になっているところなど、良リメイクであるといわざるを得ない。

 ナターリアの同僚、ボリスは消滅してたけど。

 007のモデルはダニエル・クレイグになっているのがちょっと違和感あったが(勇者的にはジェームズ・ボンド=ピアース・ブロスナンなのだ)、じきに慣れた。007の同僚であり親友の006ことアレック・トレヴェルヤンはサム・ワシントンに見えていたが、実際はエリオット・コーワンらしい。

 先日の名古屋オフの時にゼニア・オナトップの名前が変じゃないか、という意見があったが、映画版007 ゴールデンアイでは冒頭にマネーベニー(MI6の職員で007に片思い中)がウルモフの副官としてゼニア・オナトップの写真を出し、やきもちを隠しつつ「今度の任務もうまく行く(on a top)といいわね」という発言をするので、ようするに英語圏における駄洒落なのだろうと予想している。

 長らくメタルギアソリッドをやっていると、敵に発見されると無限に増援が来てしまうと考えがちだが、007の場合は増援が有限であるため、たとえ敵に発見されても死ななければどうということはないから大丈夫だ。
 ただ、見つからないように各個に射殺して進むのが一番楽である。
 ミッションの区切りごとに、P99拳銃以外の武器が失われるので、緊急時に備え、敵を殺して武器を奪う必要があるのもまた事実だ。
 手榴弾、リモート爆弾、モーションセンサー爆弾などがストーリーモードで使用できないのだが、仕様? 対戦ならともかく、ストーリーモードでモーションセンサー爆弾の使い道があるかというと、そうでもないけどさ。

 なお、ハードモードの場合は達成すべき任務が増加するが、これを達成しないでストーリーの区切りに到達してしまうと、ミッションやり直しか、難易度ノーマルで続行かの二者択一となるので注意して欲しい。

 バグなのかどうか不明だが、壁際でしゃがみ姿勢に変更したら床を突き抜けて奈落に落ちて死んだり、廊下をダッシュで駆け抜けたら床を突き抜けて奈落に落ちて死んだりといった現象が稀にあるので注意して欲しい。
 Wii再起動後は再発しなかったので一時的なものであるとは思うが。
 この時ばかりは脳内でキャンベル大佐が「どうしたんだジェームズ! ジェェェェェムズ!!」と叫ぶのが再生された。
 が、ジェームズ・ボンドの上司はキャンベル大佐ではないので注意が必要だ。 m9(゚д゚)

 オンライン対戦もそろそろやりたいですね。

傭兵 | 17:08:39 | Trackback(0) | Comments(0)
考え直してくれたんですね
 本来だと、007が届いて潜入任務に就いている頃なんだけど、残念ながらkonozamaなのでほかの潜入任務としてメタルギアソリッド4をやってました。PSのメタルギアソリッドで大いにハマり、それこそ何十週もしたこの作品。
 しかし2で「?」になり、3で「ウホッ いい話…」となって復権、4はPS3とのことでしばらくお預けになっておりましたが、ついに着手。

 …なんか微妙でした。

 なに、奇数は神作で偶数はイマイチみたいなジンクスでもあるの?

 やはり気になったのは無線で、エンディングまで連絡が取れるのはオタコンとローズだけなのはなんでだったのか。大佐と周波数を分けてくれても良かったんじゃないか? 武器商人のドレビンはBB部隊の解説要員みたいな扱いだったけど、初代のナスターシャ・ロマネンコや3のシギントみたいに装備している武器のウンチクを語るだけでも用意してくれてたらまた印象はちがったのではないか?
 メリルとの通信は、中東も東欧も事情(査察部隊としての立場や無線封鎖)があったから仕方ないとしても、だ。

 ムービーシーンでスネークが転がりすぎなのも気になった。まあ余命半年ですとかオタコンが最初に言うから、そりゃきついなと思うけども、いざ潜入フェイズでは「ホンモノのCQCを見せてやんよ」みたいなノリでビシバシ戦うのに、あまりにも落差が激しすぎないかと思うと同時に、なんかこう、スネークが苦しんでても「まあ死にはせんだろ」みたいな白けた気持ちになってしまって悲しい。

 あとはマイクロ波防衛ライン突破の時、事前の説明では「生身の人間はまたたくまに蒸発をはじめる」という説明があったのに、スネークがハァハァ言いながらはいずってクリアする場面はおかしいと思った。
 いわば電子レンジだから、どうあがいても生身のスネークは体液が加熱されて無事では済まないはずなんだが、プレイヤーが連打している限りは無事である。いくらなんでも「肉体は老人で、気力で持ってる状態」といわれても、生化学的な反応を気合でどうにかできるというのは無理があるのではないか。
 全身義体のライデンには「身体は機械でも心は人間だ」とか言って交代を拒否するスネークだが、すんなりライデン受け入れちゃって、もうちょっとなんかつっこめよ、とか思ってしまったのも事実だ。
 両腕を失った状態で最終戦に突入するというのも無茶であろうという判断はあったかもしれないけど、そこは話題にも上らなかった。総スルー状態。

 あとはインストールかなぁ…。
 各章が始まる前にインストール作業があるのはまあ良しとしよう。実際のゲーム中にガリガリ読み込むよりはインストールさせてくれたほうが良い。バイオハザード5もよしはじめようと思ったらPS3のファームウェア更新される、ゲームのインストールは始まるで、30分ぐらいはかかったからね。
 でもさ、2週目も毎回インストールが必要なのは仕方なかったのか? 毎回ゲームデータを消してるから容量くわないよ! ってコト?
 まあ二週目以降は快適だろうと思っていたらそんなことはなかったので、正直そのせいで二週目以降はやめることにしました。

 くすっと笑えたのは、サイコマンティスのお約束のコントローラーを動かす場面。
 PS3当初は振動機能が削除されていたのだが、後に実装された。このため、サイコマンティスの念力が使っているコントローラーによって有効だったり無効だったりする。
 購入したPS3は2500型なので振動機能がある。なので、サイコマンティスの念力でコントローラーが動いて、
「ぬうおおお、振動が帰ってきた! 考え直してくれたんですね、クタラギさん!(爆散)」
 という具合だったのは楽しかった。

 総合的には、残念すぎる。

 007が待ち遠しいです。

傭兵 | 14:47:53 | Trackback(0) | Comments(3)
ブレイブス: 静かなる略奪愛
 ※ビーナス&ブレイブスの記事が下書きで放置されていたので公開。その4

 後からメモを読み返してわかる事実というのもありますよね。詳しくは後述。

---1041年---
  ヴァルバロッサとコユキが結婚
  マルマリム・ボーブロ 魔術 29(26-34) 加入 (ツルビと交代)
  ウズミ・ヒルメリン 侍 25(25-28) 加入 (シグリと交代)

  ヴァルバロッサとコユキに娘 シラユキ 誕生
  ヴァルバロッサとコユキに息子 ザンセツ 誕生

---1042年---
  ルーシア・サジャ 魔女 15(24-30) 加入 (マルマリムと交代 !!)
  レイナルド・ヴィトル 冒険 15(30-34) 加入 (ウズミと交代 !!)

 夫婦を揃って引退させたいという意向で加入したマルマリムとウズミが子供たち入団希望であっさり斬られるというこれなんて縁故採用? というような事態に。
 しかし縁故採用だと油断しているわけにはいかない。街の噂で「聖騎士」が仕官したがっているという話を聞き、出掛けてみると、
  フィルメア・マグウェリン 聖騎 16(18-23) 加入 (レイナルドと交代)

 魔騎士との女性版。これは期待大。残念ながらレイナルドは初期値が低すぎ、成長期が15年も続くことから、戦力になるのを待ちきれないという事情があったため。ごめんね。

 葬式モードでガレフ・バルハンの死去を知る。だが息子のアレフは特にコメントなし。

---1043年---
 予言の戦いを通じて、ミコトとフィルメアが急接近。プロポーズ後、結婚。
  ミコトとフィルメアがプロポーズを済ませ、結婚
  メリッサとモルガートが結婚
  ヴァルバロッサとコユキに第三子 ショウセツ 誕生

 はい、問題の場面です。前回の記事では、モルガートのプロポーズの相手は誰だったでしょう?
 実はマルダン家の姉妹、ヴァネッサだったんです。おそらく団長の配置ミスにより、予言の戦いを通じて急接近が生じ、静かなる略奪愛へと至ったものと思われます。
 名前が似てて顔も同じであるからこそ起きた悲劇といえましょう。すまない、ヴァネッサ。しかもこのあと、ヴァネッサは誰とも結ばれることなく、衰退期へと入り、引退するのです。
 恋に破れて独身を貫くとか、明治か大正の出来事ですよマッタク。……以後注意します。
  モルガートとメリッサに第一子 アリッサ 誕生

 既成事実ってやつですね、わかります。

---1044年---
 レイナルドと同じ理由で、ヴィトル家の次男レオパルドも入団見送り。すまない。
 万能職だから数値が低めなのはしょうがないけど、全部6未満はつらい。しかも女神コメントでは類稀なる才能がうんぬんってあったのに……。
 エマリット・サジャ死去。ベルリッサと並ぶ大魔女。数多くの仲間を守り、後押しした。その意志はルーシア・サジャが継いでいる。

 マルダン家の雰囲気に興味津々のガーディアン騎士団の状況は以下の通り。
091104_03.jpg


傭兵 | 07:55:40 | Trackback(0) | Comments(0)
ブレイブス: 懲りない人々
 ※ビーナス&ブレイブスの記事が下書きで放置されていたので公開。その3

 予言の戦いには危なげなく勝利するも、ブラッド団長がなにかにつけて粉をかけようとしていた時計塔管理人のマユラがさらわれる。やっぱり不老不死なのがポイントなのだろうか。巨乳の魔女ヴィヴィも不老不死っぽく、しかもブラッドに媚び媚びなのに一向になびかないところを見ると、ガチホモ疑惑はマユラの存在で打ち消されるとしてもドMは間違いないかと思われます。

団長「マユラ助けに行くわ。
女神「待ちやがれ。王都行くってんだろが。
団長「またかお前、ちょっと黙ってろ。
 (団長立ち去る)
女神「最後に困るのはブラッドです。学んでもらいましょう。

 この女神はなんでもうちょっと従順で機械のように命令をこなす男を不老不死にしなかったのでしょうか。戦場の災厄、惨劇のディアボロス、神殺しのブラッド、どの名前も手駒にする前に頭を冷やして考え直したほうがいい予感がビンビンするはずなんだが。女神もドMなのか。

 マユラを救出する過程で、忍者のユマ・ランカンが入団するのだが、当然騎士団は満員御礼なんだよな……ということで申し訳ないがダルメシオ君と交代。戦士は攻撃のみで補助や回復ができないので、陣形の中で使いづらい現実があるんですよね……。
 で、マユラを救出したらユマが抜けた。抜けるのかよ!!
 まあその後、団長と女神が軽く揉めて、その後雪山越えすることになり、ユマの抜けた場所にミレイ(なんと6歳!! しかも既に並みの神官レベルの実力。神の子か!?)が入団。
  ユマ・ランカン 忍者 21(21-34) 加入 (ダルメシオと交代)
  ミレイ・シミュオール 6(15-28) 加入 (実質、ユマと交代)

 なお、雪山越えの前に、ティゴル谷のアーチャーが難病で……みたいな話も来る。明らかにフリーのことなので、レオはティゴル谷に行こうとするが、ブラッドは引き止める。レオは重要な戦力なのだ、と。
 確かに、レオが行ったところでフリーを治療できるわけじゃない。でも、行かせてやればいいじゃないか、とも思う。逆説的に、レオ一人が抜けたら戦線を維持できない騎士団では人類の防衛は無理なんだから。

 結局、雪山越えでミレイ死亡。泣いた。
 マユラも突然「私、実は神竜だったんですパギャーン」と変身して神風アタックして死亡。展開が急すぎて勇者置いてけぼりなんですけど、マユラ死亡の事実のほうが大きすぎて団長は神竜変身の件とかはあまり話題に出してこない。めっちゃ気になるポイントだと思うんですけど……。
 その後の王都到着直後のアルヴィ、スルギの登場と連戦のすったもんだのあと、まんまと王都に騎士団本部を設置し、団長は女神にブチ切れるなど、かなりイベント盛りだくさん。
 ブラッドに「お前の正しさなんか認めない」とかなんとか、人格(神格?)否定された女神は突然落ち込みを見せる。あれ、最後に困るのはブラッドですとか言わないの?

 騎士団本部ではヴィヴィが新規団員募集すると集まりがいい、とか呑気な会話があるが、その中に「オルガ師匠と女将さんのもとで大工の修行したので力には自信があります」というキャラが来ておおー、いい感じにエピソード織り交ぜてくるじゃん、などと思うも、このキャラはその後出てきません。
 オイイイイイイイイ!

---1037年---
 ベルリッサ・ブロンソー死去。偉大な魔女であり、ツグヒの妻としてコユキ、ミコトの姉弟を立派に育て上げ世に送り出した。人類防衛戦史上、この二人の登場は人類側勢力のターニングポイント(になる予定)であり、その功績は人類史上に深く刻まれることとなる。

---1038年---
 王都を歩いていると突然ブラッドが「腹が減ったな……」とか言い出し、行列のできる店に行く>山賊亭>なんか感じの悪い店であるが、ニジイロトカゲのシチューがうまいらしい>ニジイロトカゲを取ってくる流れに>ヒルジャイントと戦闘>シチュー完成>ブラッド団長大盤振る舞い>実はウィッペルの孫がやっている店でした といういい話が来る。
 団長の奇麗ごとが彼の本来向いている方向へ向かわせたのだな~。ということで、ドジ過ぎて料理人には向かないから戦士として使ってね、とパルが加入する。
  パル・バルブディル 戦士 15(27-35) 加入 (イレーヌと交代)
  ヴァロ・メイフール アーチャー 20(27-34) 加入 (ガートランと交代)

 夫婦はなるべく一緒に引退させてあげたい方針のブラッド団長であった。

---1039年---
 ヴァネッサとモルガートがプロポーズを済ますも、結婚には至らず。

---1040年---
 ヒックル・フィー死去。ゴメン、あまり活躍の場を用意してあげられなかったね。
 そうこうしているうちに、ミコトとヴァルバロッサが熱い友情の予感になっていた。イカアアアアアン、それはイカン! 熱い友情は同性でくっつくというある意味画期的なアレなのだが、子孫が残せないという当然の帰結だが人類防衛戦史的に不都合が生じるので困る!
 ……と、思っていたらヴァルバロッサとコユキがプロポーズを済ませたりデートしたりしはじめた。
 これはもしかして俺たちいつまでも仲良し三人組じゃいられないよなというお約束の三角関係シチュエーションか!? 問題は男2女1なのに男を取り合ってる(しかも姉弟で)ということなんだが、狙ってないのにこの展開はおいしすぎる。ちょっと違うか。

 青春真っ只中のガーディアン騎士団の状況は以下の通り。
091104_02.jpg


傭兵 | 07:53:54 | Trackback(0) | Comments(0)
ブレイブス: 魔法使いたい放題
 ※ビーナス&ブレイブス記事が下書きで放置されていたので公開。その2

 次に予言された災厄は1036年。それまで魔物を討伐しながら騎士団を強化するわけですが、ある事実に気がついてしまいました。酒場で噂を聞くと、宝物があるとか、達人が技を伝授(ステータスアップ)してくれるとか、仕官したがってるやつがいるとか、様々なナイス情報が得られ、当該拠点には旗が立つわけですが、旗が立っている拠点には魔物が出現しないようです。
 騎士団よりも確実なひそひそバリアーの発覚により、これまでは貪欲に旗に突き進んでいたのを、あえて放置することにより魔物の出現を減らせそうです。
 あんまり減らすと、今度はメンバーが強化できないから困るかもしれないけども。

---1029年---
  ツルビ、シグリにプロポーズ
  ユルマ・ウベラヒル 忍者 15(16-24) 加入 (エマリットと交代)
  ダンガル・シチャ 剣闘 15(22-30) 加入 (ベルリッサと交代)

---1030年---
 以前、水上都市スクーレで道案内をした修道女フィルシアと出会う。修道院に孤児が来て、育てることにしたはいいが、初めてのことばかりでおおわらわらしい。
 これはフラグだな。孤児が病気になってなんか薬草取りに行くフラグ。

---1031年---
 新年あけましておめでとー、とか独り言を言いながら新年恒例の報告書を流し見していたら、唐突に墓場のシーンになってビビった。イヴァレア・ノルティガッタが天寿をまっとうし、この世を去ったとのこと。
 もうそんな時間が過ぎたんだね。

  ガートラン・アズウェリン 騎士 16(19-25) 加入 (ダンガル・シチャ と交代)

 ダンガル君の出番は0でした。ゴメン。

---1032年---
 コユキ・ブロンソーここに推参!
  コユキ・ブロンソー 魔女 15(24-26) 加入 (ユルマと交代)

 ユルマも出番0でした。サーセンwww
 ちなみにコユキさんは志望動機が「ここに来れば魔法使いたい放題と聞いたわさ」だったんですが、これが勇者のツボにはまり、デジカメで画面写真ゲット。
 語尾の「わさ」も新たなる萌え境地だが、そもそも「魔法使いたい放題」という語感が新しい。今後の活躍は約束されたようなものである。

 なお、ここでやっぱり修道院の孤児が病気してホワイトローズベリーなるものを取りに行くことになるのでギンダアイの調子はまずまずといったところであろう。

  ガートランとイレーヌが電撃結婚
  モルガート・メロオダ 騎士 19(25-33) 加入 (ムルムロスと交代)

 ツルビとシグリに子供ができないなぁ、と空遠征をかましたら、

  ツルビとシグリに第一子 レイジ 誕生
  ガートランとイレーヌに第一子 ガーランド 誕生
  エイレムとフェルメットに第三子 レムリアス 誕生

  ツルビとシグリに第二子 メイ 誕生
  ガーラントとイレーヌに 第二子 システィーナ 誕生

 という第二次ベビーブーム。空遠征まじパねぇ。安全度はだだ下がりになるので、まじめに遠征して魔物を討伐し、安全度99(最大値)まで回復させておく。団長の仕事に抜かりはない。

---1033年---
 こともなし

---1034年---
  ミコト・アチェス 侍 加入 (エイレムと交代)
  ヴァルバロッサ 魔騎士 加入 (フェルメットと交代)
  ダルメシオ 戦士 加入 (イリーナと交代)

 一部メモし忘れで情報欠落。シミュレーションゲームをやるときにはこうなるまえに休憩しないと大変なミスをしがちなので何事もほどほどが大事である。
 ハグジ・アチェスが天寿をまっとうし、葬儀が執り行われた。全く意図していなかったのに、ハグジの息子ミコトは初陣にてゴブリン・ウォーリアにとどめをさし、亡き父ハグジへの餞とすることができた。ミコトを後から援護したコユキ姉さんの存在も忘れてはならない。何この燃え展開マジ熱い。

  ガートランとイレーヌに第三子 フェルドマン 誕生

---1035年---
 来年が予言の年だな、と(多分コタツで向き合いながら)女神とブラッド団長が話している。

女神「来年大きな流れが決まるからマジ気合入れろよ。今の戦力なら大丈夫だろうけど。
団長「予言には関係ない子を助けたりもしてるけどな。
女神「強くなるための無駄ならいいけど。
団長「今無駄っつったかコラ。あァん?
女神「いや、何でもないです……

 ブラッドさんナメてるとマジ一回シメられっかんな。

 フェルメット、例の孤児ミレイを連れてくる。正直ミレイ超かわいい。しかし「団長さん、不老不死ならミレイが大きくなるまで待ってくれるよね。お嫁さんになるから!」とか発言して何この子超かわいいんですけど、だけど完全に死亡フラグです。本当にありがとうございました。
 勇者の思い過ごしであれば良いのだが……。

 予言の戦いを控えた1036年のガーディアン騎士団の状況は以下の通り。
091104_01.jpg


傭兵 | 07:52:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad