■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
EoT Wiki
 エクセルにデータまとめ始めた矢先、ましあさんから情報提供ありました。
 FFCC EoT Wiki

 とりあえず装備レベル3,10,20時点で、ジュエル変換によって得られるものは追加されていく方式だとわかったわけですが、限界突破Lv4が1個しかない勇者にはどうやってLv20まで引っ張るのか不明(笑
 攻略とかはまだクリアしてないので見ない方針。

 それはそうと、昨日はWi-Fiにぜんぜん接続できなくて勇者ご機嫌斜め。こっちのネットワーク環境がおかしいのか(以前、LANケーブルがだめになっていることが発覚するという事件もおきたので疑い深くなっている)などといろいろやってみるも、変化なし。
 ためしにWiiショッピングチャンネルに接続したら一瞬で接続余裕でした^^

 ……。金か。

時響 | 12:11:25 | Trackback(0) | Comments(0)
EoT 基本戦略(稼ぎ編)
 FFCCEoTの沙汰もギル次第の昨今、右も左も、真っ暗闇じゃあ、ございやせんか(古)。しかしお金がうなってても素材がなければオーダーメイドできない関係上、FFCCEoTのお沙汰は厳しいと言えるでしょう。
 というわけで、まだクリアしていない関係で序盤だか中盤だかわからない状況ですが、ここまでに考えられる稼ぎスポットやぽいんつについて考えておこうと思います。

①お金を稼ぐ
 ゲームを始めると、成人の儀式(バンジージャンプだという前情報があるのですが、これはガセなのでだまされないようにしてください)で森へ行き、いくつかの仕掛けを動かしてボスを倒すというイベントがあるわけですが、このボスは何度でも戦えるので、森を抜けてボスを退治>村に帰ってセーブ(ここでHPMP全回復)>森へ という繰り返しで充分稼げる。

 なお、某図書館をクリア後、図書館の秘蔵書?みたいなものをセットするとボス的な連中と戦える上、お金も素材もがっぽりなのでここまでくればもうお金に困らないんじゃないかとか妄想中。この先どうなるかは、わかりません(笑
 しかし、ソロはつらい。昨日はライナス、ゆひたん、チャボち、ギンダマでセルフボスラッシュをしておりましたが、お金をかなり貪欲に拾ってしまい、大変申し訳ない。
 儲けの一部は世界平和のためとクエスト遊びで還元させていただきたく思います。

②素材を稼ぐ
 銅、鉄、銀、金などの金属は「欠片」も出るので、これをカスタマイザでオーダーすればあまり困らないが、その分お金がかかることと、
 ・ブルー、イエロー、レッドの各種「ストーン」
 ・赤、青、緑、黄の各種「妖精の粉」

 が、地味に消費量が大きいので貪欲に集めたい。
 モンスターからしかドロップしない関係の素材を集めているうちに自然と溜まっていることだろうが、宝箱から出るものも馬鹿にできない量なので溜め込んでおきたい。
 ダンジョンにおいて、マップ切り替えが発生するとモンスターも再出現するので、基本的には目当ての素材をドロップする敵のいる場所を行ったりきたりすることになる。
(ある素材を、どのモンスターが出すかは、一回でもドロップしていれば、カスタマイザでCボタンを押せば情報を表示できるので、面倒はなさそう)

 基本的に情報はゲーム内に表示されるので迷うことはないと思うが(今のところWikiが立っていないように思うが、このせいか?)、最後に問題になるのはリアルラックであり、具体的には「ムーの鼻」が出ない。

③経験地を稼ぐ
 「遺跡」に行くと思います。そんで、転がる二個のボールの間にある赤いレーザーに触れると、警報が鳴ってロボットが降ってきます。無限に。

 でもみんなで図書館にこもったほうがいろいろなことが一遍に解決しておいしい?

④オーブを稼ぐ
 敵の属性とかによって出現するオーブは決まっているので、こればっかりはひたすら戦うしかないわけですが、一箇所で戦っているとエライ偏る。
 フロータイーボールから素材が欲しくて戦っていると、闇のオーブも順調にもらえるわけですが、この結果勇者の闇パワーがうなぎのぼりになるなど、なかなか笑える状況にもなったりします。
 まあ戦闘自体にストレスはそんなにないので、ソロでちまちまやっていれば充分というか、オーブ稼ぎが必須になる状況には現状なっていない感じです。

 とりあえず、稼ぎはソロで、ストーリー攻略はマルチでやるのが楽なんですが、ライナスは「謎解きは勇者に任せようぜ」とか、いろいろ気を使ってくれるのでこの場を借りてお礼を言っておきます。ありがとう。

 序盤の戦略はだいたいこんな感じでよろしいかと思われるので、以後はジュエル変換情報とかをまとめていく所存。Wikiが発見されたら、そっちに丸投げするけど(笑

時響 | 17:10:09 | Trackback(0) | Comments(2)
EoT 基本戦略(魔法編)
 引き続き魔法編も。チュートリアルで基本的な魔法の使い方は教えてもらえる上、魔法は覚えるための云々は存在しない。最初からファイア、ブリザド、サンダー、ケアル(HP回復)、レイズ(戦闘不能から復帰)、クリア(状態異常消去)が使用できる。
 二つのファイアを位置を重ねて発動させるとファイラになったり、ケアル+レイズ=ホーリー(聖属性攻撃?)になったりする。

 マルチプレイの場合は仲間の魔法に重ねることで合成魔法が使えるので、ここは日本人のパッシブスキル「以心伝心」で頑張りたい。敵の使ってくる魔法も(偶然でも)重なれば合成魔法になり、結果としてこちらがエライ目に遭うので注意したい。
 合成魔法を阻む最大の障害はプレイヤースキルではなく、ラグだが。

 魔法の強化は、敵を倒したときに出てくる各種オーブをたくさんゲットすることでレベルアップするようになっている。最初は3個拾うとレベルアップしていたのが、だんだん6個とか8個とかになってくる。
 一応、強化するとダメージが上がるという話だが、今回の攻撃魔法はダメージよりも副次効果を理解しておきたい。
 というのは、
  ・ファイア = 炎上 = 追加ダメージ
  ・ブリザド = 氷結 = 移動・行動不能
  ・サンダー = 麻痺 = 行動不能

 という副次効果があり、特にボス戦ではブリザドで動きを封じると格段に戦いが有利に進むので覚えておきたい。サンダーで麻痺させるというのもいいのだが、単純にブリザドの副次効果がわかりやすいので使っている現状。
 もしかすると、麻痺のほうが、移動できる分、効果時間が長いような気もするのだが、こちらが喰らったときの体感なので実際は不明。

 ちなみにオーブの種類は
  ・炎
  ・氷
  ・雷
  ・闇
  ・時
  ・絶

 ……ぐらい? 闇と時は謎なんだが、絶は敵をダウンさせる確率(?)と、自分がピヨる確率と時間に関係するものと思われる。
 闇と時はどうなるのよくわからない。しかし、まあ高くて困ることはないと思うので、オーブが出たらできるだけ集めておきたい。

時響 | 14:21:54 | Trackback(0) | Comments(0)
EoT 基本戦略(装備編)
 相変わらず説明書はスルーしているわけですが、自分用メモの意味も含めて、基本戦略について整理しておきます。
 今回は装備について。

 装備は大まかに
  ・武器
  ・防具(頭)
  ・防具(胴)
  ・アクセサリ

 の4つに別れ、武器は剣、ハンマー、槍、杖、ラケット、弓など。勇者的には剣だということで現状他の武器は使ってないので、ここは省略。

 今回、装備は「大黒フレンド」というお店で購入する場合と、カスタマイザーというところで「レシピ」購入>必要素材判明>「オーダーメイド」で素材とギルを支払って作成の2パターンあり。手間はあるが、金銭的にはオーダーメイドが有利。素材は所持制限にぶつかっていないのでほぼ無制限にもてるものと思われる。

 入手した装備を使用していると、なんと装備のレベルも上がって行く。通常はLv3まで成長する。この成長によって、武器は攻撃力が上がり、防具は防御力が上がるが、アクセサリは変化しない模様。
 装備にはスロットが開いており(基本的に武器、防具は1つ、アクセサリは1~3まで様々)、そこに「ジュエル」をセットすることができる。ジュエルにはMPアップとか炎耐性強化とかがあり、まあこれはわかりやすい。

 ジュエルはどのように入手するかというと、敵やダンジョンの宝箱からドロップするものもあるが、Lv3に成長した装備を、カスタマイザで「ジュエルに変換」できる。
 装備入手>鍛える>ジュエル変換>他の装備にセットして使用 ということなので、ちょっと面倒な感じはするが、そこはご愛嬌。
 なお、ジュエルには装備の成長上限であるLv3を限界突破させるジュエルが存在する。これは現状お目にかかっているものだけで限界突破Lv1から4があり、Lv1は+2まで、Lv2は+4……と変化し、Lv4では+8まで、つまりLv11まで装備を成長させることができる。
 さらに、どうやらLv10を超えた装備は、Lv3の時とは違うジュエルが生成できる模様であり、この限界突破ジュエルが装備充実の鍵を握っていると言っても過言ではない。

 ましあさんが様々なエロ装備を披露してくれるわけですが、勇者的にはFF最強の萌え装備は「白魔導士の服」であり、これについては異論は認めますが持論は動かしません。
 ええ、決して。

 白魔導士の服は、Lv3で「小さな心力の石」に変換できますが、Lv11時点で「小さな心力の石」に加えて「ホワイトラピス」をゲット可能です。ホワイトラピスを装着すると「白魔の技」というスキルが発動するらしいのですが、内容は未確認。
 勇者が必死にケアルしているよこでチャボちがケアルラしていたので、そんな感じの効果なのだろうかとひそかに期待しております。

時響 | 10:51:55 | Trackback(0) | Comments(2)
FFCCEoT
 こだま、という漢字の一文字のアレは常用漢字じゃないのか、変換候補に出てこなかったのでカテゴリは「時響」にしてみました。Wii版とDS版がWiFi接続によって分け隔てなく遊べるというのがウリらしいのですが、そのために見た目はDS準拠となっておりますので、テレビで見るとかなり荒いことは荒い。
 しかし、かなりテクスチャにはこだわりを感じるできばえなので、それはそれでイイ。味というやつ?

 ゲームはクオータービューの3Dマップをところせましと駆け回り、さまざまなモンスターや仕掛けを作動させてダンジョンを攻略し、ボスを撃破する(何度もボスと再戦可能だが、ダンジョンの仕掛けとかは最初からやり直し)というオーソドックスな流れ。
 ファイナルファンタジーシリーズからクリスタルが姿を消して(6=魔石、7=魔晄、8=ドロー(?)、9=???、10=スフィア など)から、クリスタル系の話はクリスタルクロニクルへ派生したのかもしれないが、とにかく製品名が長い(笑
 ファイナルファンタジークリスタルクロニクルエコーオブタイム だもんな。クリスタルクロニクルというシリーズに派生させて続けたほうがいいんじゃないのか。余計なお世話なんだろうけど。

 しかしこの形式のゲームだと、むしろ聖剣伝説なんじゃないのかとか思ってしまうわけだった。

 まだ序盤だと思うが、まあまあ楽しめそうなのでよかった。ダンジョンの仕掛けは種族限定とかソロじゃ無理というようなものがないので、ソロでも行けるんだろうけど、ストーリーはせっかくなのでパーティ組んでるとき以外進めないようにする方針。
 みなさまよろしくお願いします。

時響 | 16:17:44 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad