■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
霊銀鉱をひたすら掘る
 砂漠の南の果てでひたすら霊銀鉱を掘る。
20170802_01.jpg

獲得率が100%なら、30分で300個、1時間で600個はカタイ感じ。急に600個とか言い出すと、なんでそんなに必要なんだと思う向きもあるでしょう。
 クラフターの使用する素材のうち、大まかには、金属を扱うクラフターは鍛冶&甲冑と、彫金です。
 それぞれ使用する素材が、
鍛冶&甲冑彫金
ブロンズカッパー
アイアンブラス
スチールシルバー
ミスリル

 と、最初は別々の素材を使っていたのが、ミスリル(霊銀鉱から作る)で急に統合されるから。
 まあ、ミスリルならば、多くの物語やゲームで武器によし防具によしアクセサリによしと、万能感があるので仕方がないが、ともあれ、そういうわけで、大量のミスリルインゴットが必要になるだろうという予測から、ひたすら掘っているわけですな。

 ひたすら、掘る。
20170802_02.jpg 20170802_03.jpg

 霊銀鉱3個から、ミスリルインゴット1個ができる。
20170802_04.jpg

 霊銀鉱のHQのものは、別の時に使うか、もしくはレベルが上がって「HQを1個混ぜればほぼ確実にHQミスリルインゴットができる」という状況になったら使おうということで、貯蓄。
 上の写真のように、普通の霊銀鉱からでも、丁寧に品質アクションを入れていけば、そこそこHQミスリルインゴットはできる。Lv37の時は100個作ってHQ3個とかだったが、レベルが上がるにつれて、HQの個数も増える。200個中30個HQなら上々であろう。

 なお、全てのミスリルインゴット作成を鍛冶師でやったため、鍛冶師が急にLv50に到達した。
 このミスリルインゴットを使って、他のクラフターで使う道具を作成することにしよう。

FF14 | 12:33:08 | Trackback(0) | Comments(3)
鎧を新調しました
 海風で錆びたので鎧を新調しました。
20170801_01.jpg
 どうも、兜系がダサい感じなんだけど、防御力を考えると、しょうがないんだよなァ。
 もう少しレベルが上がると、アクセサリ系も更新できるので頑張りましょう。

 コスタ・デル・ソルからは「世界の三大珍味を集めろ」みたいな話になるんだが、世界の危機が迫っているときにグルメ漫画みたいなことしている場合では… と思いつつ、話を進めると、
20170801_02.jpg 20170801_03.jpg
 テンションの上げ下げの激しいエレゼンが出現。

 テンションの高い性格は普段隠しているらしいのだが、隣のミコッテ族にはバレたし、ドン引きしてるぞ。
20170801_04.jpg

 たしか、木工師ギルドのギルドマスターがエレゼンの男で、こっちもまた急にテンションがおかしくなる性格(周囲の人々曰く「木工師ジョーク」らしいが)だったので、エレゼンの男は基本的にテンションがおかしいのかもしれない。

 最初は「呑気なグルメ漫画かよ」なんて思っていたんだけど、全体的にはいい話でした。特にコスタ・デル・ソルの西、ワインポートを中心に進む、三大珍味シリーズの中のワインのエピソードは、まじで感動した。
20170801_05.jpg
 この先のシナリオも楽しみになる。

FF14 | 12:32:27 | Trackback(0) | Comments(0)
鎧が錆びたり浮いたりする
 ケアルラを習得した勇者であったが、一応本職はナイトであるので、ナイトで旅をしていると… だんだん南国的な雰囲気になってきたはいいものの、海風に負けて鎧が錆びてしまった上、巨大なカニに襲われるなど、波乱もありながら…
170719_01.jpg
 でかすぎだろ! あと、FATEの説明文、聖闘士星矢っぽくない?

 コスタ・デル・ソルに到着。
170719_02.jpg
 コスタ・デル・ソルといえば、FF7で別荘が買える南国リゾートであったが、FF14ではどうなんだろうか。

 …などと思ったが、FF7での別荘購入は30万ギル。
 MMO的なゲームであれば、それよりもお金がかかるのは自明の理であり、重曹が売れないとか言ってる金欠勇者にはまったく縁のない話なのではないかと思い、考えるのはやめにした。

 フル装備の錆びた鎧で水に浮いたので、しばらく南国気分(野宿)を楽しむことにしました。
170719_03.jpg
 海に身を投げたわけではないですよ。
 いやホント。

FF14 | 12:12:12 | Trackback(0) | Comments(2)
白魔導士ギンダマ
 ソロのフィールド狩り(素材集め)、クラフターレベル上げ、ギャザラーレベル上げ(素材集め)ばかりやっていた勇者であったが、メインストーリーを進めていくと、様々なダンジョンが解放され、そこにコンテンツファインダー(指定したダンジョンに行きたい連中が自動でマッチングされる仕組み。行き先を指定しないでマッチングもできる)で参加することができるようになると、今まで完全に放置されていたクラスもレベルが上がるようになる。
 タンク、DPS(火力)、ヒーラーのロールについては厳密にマッチングされるので、クリアできないことはまずない。

 傾向としてはヒーラーが完全に不足しているようで、ケアルの使える幻術士で参加申請すると、即座に「パーティ編成完了シャキーン!」というお知らせが来る。この時の効果音が特徴的なので、パーティ編成がされない時のことを「ぜんぜんシャキらない」とか、逆に即座に来る時は「即シャキ」と言うらしい。
 俺は即シャキが好きなので、基本的には幻術士で出掛けていた。
 面白いようにレベルが上がったのはいいが… Wikiに書いてある「Lv30を超えたらケアルラも使えるようになる」という記述と違い、俺はいつまでたってもケアルしか使えない。
 おかしい…

 と、思ったら「幻術士Lv30になると受注できるクラスクエストをクリアすると、ケアルラが使えるようになる」という意味だったらしく、いろいろ調べた結果、Lv10クラスクエストを途中で放置しているということが判明。急ぎ足でクリアした。
20170718_01.jpg
 ケアルラ!

 それにしても、クラスクエストには「途中で修業を放り出した幻術士」が出てきて、それはズバり俺のことではないのかと思わないでもなかったが、ギルドマスターからは特にお咎めがなかったのでセーフだったのだろう。

 クラスクエストはこれで終わりと思ったら、なんだかまだクエストがある。
20170718_02.jpg
 幻術士の上位職、白魔導士っぽいな!

 正解。
20170718_03.jpg

 白魔導士になったはいいが、装備関係がダンジョンで拾ったやつとかクラスクエストの報酬とかなので、かなり適当な感じだ。白魔導士となったからには、身だしなみにも気を付けて、しっかりケアルラしていかねばならぬな。
 勇者劇的ビフォー → アフター
20170718_04.jpg 20170718_05.jpg
 左側の主な装備は不滅隊の軍票と交換できるウルダハンシリーズをメインに、右側のアクセサリは自作のゴシェナイトシリーズで固めてみた。アクセサリはどれもINTが上がるやつなので、回復量が上がる… んじゃないかな?
 上がるといいな。
 胴装備はアコライトローブというもので、なかなかカッコイイデザインなのだが、Lv15~装備可能なやつなので、若干性能は劣るのだが… ウルダハンプライベートローブがあまりカッコよくなかったので…。

 いいローブを探す旅に出ようと思う。

FF14 | 12:39:44 | Trackback(0) | Comments(2)
高地ラノシアの平和を守る
 なんとなくコールマター集めは気乗りがしないので、弓装備を整えたりして、先日足を踏み入れた高地ラノシアを散策することに。ついでにFATEでも出れば経験値やお金、軍票が稼げるしな。
20170703_01.jpg

 などと言っていたら、早速FATE出現なわけですが、FATEにはちょっとしたフレーバーテキストがある。今回のは… カニ!!
20170703_02.jpg
 この「元食材」って言い方がなんかツボ。

 驚異の元食材、カルキノスと戦う勇者。
20170703_03.jpg
 撃破してカニカマにしてやりました。

 ほかにも、集落にめっっっっちゃ大量のモンスター押し寄せているのを撃破したり、
20170703_04.jpg

 シームルグというでかい鳥モンスターを撃破。
20170703_05.jpg

 高地ラノシアの平和は守られた…。

FF14 | 12:12:12 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad