■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
Civilization5 中国(武則天)レポート 飛ばしすぎ
 今日、更新しないとクモの巣が張ってCIAにマークされるので、滞っていたCiv5レポートでも。

 前回までに都市国家を占領して隣の大陸に足がかりを作ったうえ、アステカの「とにかく戦争したい」という行動原理に分譲してモンゴルを攻めたりしていたわけですが、そもそも今回戦争上等なのは「大将軍出現で『曹操』を出す」という目的があるからであって、ボクは悪い勇者じゃないよ。

 ともあれ、占領した都市をしっかり開発して地盤を強化せねばなりますまい。内政マニアだからな、俺。ついつい軍備が甘くなるのは致しかたないが、でも内政をしっかりやらないと軍備を支えきれないのも厳然たる事実なんだよ。
civ5_1_241.jpg

 と、思ったら、今度はアスキアに戦争しかけるけどお前も一枚噛むだろ? というアステカからの打診。
civ5_1_242.jpg
 味方と考えて良いか? という言葉からは、積極的な参戦を意味しないような印象もあるが、実際宣戦布告する。
 アステカ飛ばしすぎだろ…。

 とはいえ、今回は大将軍で「曹操」が出るまでひたすら戦争するプレイなのでアスキアには悪いが「準備のために10ターン待ってくれ」と返事することに。
civ5_1_247.jpg
 アステカとは国境開放条約を締結しているので、せっせとアスキアの都市の近くまで兵力を輸送。

 海と山岳(通行不可)に挟まれた丘陵があったので交流がなかったアスキアだが、既に大航海時代を過ぎており、海から大兵力を上陸させることが可能になっているのだ。
civ5_1_255.jpg
 これでアスキアに二正面作戦を強いることができる。
 しかも、さりげなくエル・ドラドを領土に収めている都市があるので、ここを占領すればウハウハは確定的に明らか。

 260ターン。
civ5_1_260.jpg
 よろしい、(準備ができた)ならば戦争だ。

Civ5 | 12:23:17 | Trackback(0) | Comments(0)
Civilization5 中国(武則天)レポート モンゴル受難
 引き続き対モンゴル戦の模様をお伝えします。

 隣がアステカというだけでも戦争が絶えなかったであろうモンゴルに、速攻でオスマンを滅ぼす殺気あふれる勇者武則天に攻め込まれるとは運がないとしか言いようがない。

 206ターン目、首都カラコルム陥落。
civ5_1_206.jpg

 211ターン目、オールド・サライ陥落。
civ5_1_211.jpg
 ここでアステカがいつのまにかモンゴルと和平を結んだので俺も手を引くことに。
 新しい大陸に来たら早速領土がたくさん手にはいっちゃったのだが、しばらくは抵抗運動がある(=幸福度に大きなマイナス補正がある)ので、傀儡国家扱いにしておいたほうが幸福度の管理が楽だ。傀儡国家にしている間、都市の生産指示はできない(AI任せになる)のだが、そもそも即座に併合しても抵抗運動が収まるまでは都市機能がマヒするので即座に併合するメリットはあまりないような気がする。

 217ターン目、南京方面の様子。
civ5_1_217.jpg
 科学理論の研究を完了したので石炭が見つかる。領土が広いと資源も多くなる。
 これを考えると領土=資源=国力であって、ちっぽけな島国でどれほど日本が頑張ってきたかと感慨深い。

 219ターン目、相互に国境開放を行っていたアステカの首都テノチティトランを発見。
civ5_1_219.jpg

 このへん、既にアステカをどう攻略しようとか考えてるあたりが腹黒ですね。
civ5_1_220.jpg
 しかしアステカはあれだけノリノリで攻め込んでて占領した都市はトルファンだけか?

 222ターン目。
civ5_1_222.jpg
 いずれここにも軍を進めることになるだろう。

Civ5 | 22:13:31 | Trackback(0) | Comments(0)
Civilization5 中国(武則天)レポート アステカの反応
 気になるアステカの反応は「モンゴル一緒にボコろうぜ」というものだった。
civ5_1_186.jpg
 モンゴルのほうは特に何も言ってこなかった。
 戦争を持ちかけられたときは概ね「準備のために10ターン待ってくれ」を選択している。戦争は慎重にやらないとね。

 190ターン目。
civ5_1_190.jpg
 とりあえずフィレンツェ攻略部隊をモンゴルのほうに寄せる。
 この段階でモンゴルが「国境の部隊は脅しのつもりか?」みたいな反応が来る。攻める気はありませんなどと心にもない発言をする勇者武則天さん。まじパねえ。

 191ターン目。
civ5_1_191.jpg
 探索を続けて最後の未知の文明がロシアであると判明。意外と領土が広がっていなかったので、この辺なら文句言われないかな、と思いつつ、第四都市「南京」を設立。

 即座に文句を言われる。
civ5_1_192.jpg
 メンゴメンゴ、と謝ってその場をしのぐ。

 196ターン目。
civ5_1_196.jpg
 あ、もうそんな時期でしたか。
 ここで「すまないが考えが変わった」を選択すると、大抵は宣戦布告をやめるようだが、難易度が違うと変わるのかもしれない。今回はちゃんと準備しているので「では、はじめようか」を選択。
 自動的に宣戦布告してくれる。

 200ターン目。
civ5_1_200.jpg
 さっそくフィレンツェの隣の都市ペシバリクを陥落させる。
 圧倒的ではないか、わが軍は。

 アステカは未踏領域(雲のかかっている部分)で戦っているようだ。

Civ5 | 08:03:19 | Trackback(0) | Comments(0)
Civilization5 中国(武則天)レポート フィレンツェェ
 131ターン目。
civ5_1_131.jpg
 せっせと内政をしていたら、東のほうにアスキアの領土がチラ見え。
 上海から東へ、丘陵を抜けないと行けないので陸上部隊は苦労しそう。道を作ればそれも軽減されるのだが、いかんせん道は1へクスにつき1金を毎ターン維持費として支払わなくてはならないので、あまり財政を圧迫させたくない。

 150ターン目。北京、上海方面。
civ5_1_150.jpg

 旧オスマン領。
civ5_1_150_2.jpg
 世は平穏、事もなし。アスキアが「親しみを感じている」状態なので山越えしてまで友好的な文明に喧嘩を売るのもどうですかね、などと当初の戦争して曹操出すぞという目的を見失いそうになる。

 175ターン目。
civ5_1_175.jpg
 アスキア方面にエル=ドラド発見。この古代都市を領土に治めると文化力が上がるというすばらしい都だ。古代都市ワクテカに匹敵するワクテカ感である。が、コイツをとりにいくと確実にアスキアと戦争になる。
 画面右下の地図を見てもわかるように、海を渡った向こうにアステカとモンゴルを発見。残る未知の文明はひとつ。
 水色の点で示されているのは都市国家フィレンツェ。

 182ターン目。
civ5_1_182.jpg
 新発見の陸地に都市を建設すれば当然、モンゴルからもアステカからも警戒され、外交ウィンドウが開いて「コッチの狙ってた土地とってんじゃねーよ」みたいなことを言われるのは目に見えている。
 じゃあ都市国家占領して橋頭堡にした場合はどうだろうか? などという好奇心で攻め込まれるフィレンツェ。

 185ターン目。フィレンツェ陥落。
civ5_1_185.jpg
 モンゴルとアステカはどう出てくるか?

Civ5 | 12:00:01 | Trackback(0) | Comments(0)
Civilization5 中国(武則天)レポート オスマン撃破
 81ターン目。第三都市「広州」を建設。
civ5_1_081.jpg
 しばし内政に励み、無事鉄をゲット。
 Civ4ではどうだったか忘れたけど、今回、鉄のアイコンが出ている場所に鉱山を建てると、アイコンの横に「6鉄」とか「2鉄」とか書かれている数字の数だけ、戦略物資として鉄をゲットできる。剣士やカタパルトなど、鉄が必要なユニットを作成するとこの戦略物資の持ち数が減る。なので、今回は運よく6鉄をほれたが、これが2鉄だったら、おそらくオスマン撃破をしばらく見送らざるを得なかっただろう。

 100ターン目。
civ5_1_100.jpg
 剣士を2部隊、アップグレード(お金を払って即座に強化できる)で作成。北京と広州でカタパルトをつくるも、北京5ターンに対して広州は23ターンとか書かれている。これができるころにはオスマン倒してるかもな。

 116ターン目。
civ5_1_116.jpg
 オスマンに宣戦布告し、即座にエディルネを包囲。

 120ターン目。
civ5_1_120.jpg
 カタパルトの投石後、剣士が突撃して難なくエディルネを占領。とりあえず傀儡国家としておく。
 戦争になるとちょっと冷静さを失うらしく、途中のSSを撮り忘れ、この時点で既にイスタンブールに迫っている。★つきなので首都であることがわかる。
 エディルネ陥落により、エディルネの西にある2鉄もゲットしたので容赦なくカタパルトを増産。

 122ターン目。
civ5_1_121.jpg
 オスマン滅亡。

civ5_1_122.jpg
 思ったとおり、ココから先は海で先には進めない。既に遭遇しているアスキアは東の方角だ。
 しかしそろそろ海に出るための研究も終わるので、見えないアスキア本拠地を探して陸地を進むよりは海に出たほうが早いかもしれない。残りの3文明がどこにあるかも把握したいしね。

Civ5 | 12:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad