■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
Churchill I ランク1受章
 今日は修道院?の戦いにChurchill I“ダージリン”号で参戦。
 “ダージリン=セカンドフラッシュ”号はどうしたって? 爆散したので、修理中です。

 南側スタートで、普段なら自陣近くの茂みに隠れて敵を待つところだが、そこに味方の駆逐戦車が入ったので、西側低地通路をじりじり進む。先に敵を発見したので、しばらく様子を見ると、駆逐戦車が発砲してダメージを与えてくれた。いい感じだ。
チップ「重戦車でやることではないな」

 他の交戦ポイントに見える敵の数を考えると、敵陣に2,3台はいそうだが、一向に敵が攻めてこないので、じりじり進む。
チップ「このルートはない」
れなは「ないな」

 その後は、味方の戦車が視界を取ってくれたので適宜砲撃して順調に撃破。いい感じだ。
チップ「もう少し偏差射撃の練習をして欲しい」
れなは「勇者はたまにBOTみたいな動きになるよね。
     砲塔だけ回して道のど真ん中で棒立ちとか」
勇者「サーセンwww」

 定石的にはダメダメなんだが、運が良かったのか、ランク1のバッジをもらえた。
160525_02.jpg

 先頭終了間際、
hanafugetsu「こんな1Kの糞HTに負けるなんて」
 とか言い出したやつがいた。

 まあ、負けたらチームメイトにnoob(=初心者を意味する罵倒語)とかいうやつはいるから、あまり気にしなかったのだが、
160525_01.jpg
 さらに個別チャットで糞と言い募りにきたので、相当悔しかったんだろう。
 なお、乗ってる戦車はChurchill VIIだったので、格上戦車だったのね。しかも英国の。

 このゲームを3000戦もやってて、礼儀もわきまえないやつは英国戦車の、しかもChurchill VIIに乗る資格がない。
 帰れ。

戦争 | 01:15:38 | Trackback(0) | Comments(4)
新型戦車砲OQF77mmMk.II開発
 勇者爆散劇場ですが、結局生き残ってるリプレイファイルをSkypeで送っているので、爆散劇場ではない模様(挨拶
 すごいのは、リプレイを見たちっぷ、れなはが
  「棒立ちで撃ちすぎ。他のゲームで反撃されて爆散している様子が目に浮かぶ」
  「消耗品(消火器(大))がなくなってるのに補充してない」
  「そもそもなんで(大)なのか」
  「使わない(大)=死、使う(小)=生」
 などなど、生き残ってる動画なのに改善点をビシバシ出してくれるところ。
 真の爆散動画を提出したら正座不可避。

 占領行動についての議論もあったけど、二人の考えというか、性格も影響しているんだなぁ、と思わせる内容で、非常に興味深かった。勇者的には、占領行動は「このまま占領状態が続くと負ける」という状況をつくるので、相手の行動を制限させる利点があると考えているので、占領行動は積極的に行く方針。
 焦って自陣に戻る最中に、他の味方の射線上に横腹をさらす敵がいれば儲けもの、という感じで。

 なお、昨晩のプレイでようやくComet巡航戦車の砲が進化し、OQF 77mm砲 Mk.II へと載せ換え。いわゆる最終砲であり、あとはCenturion Mk. I(いわゆる「末永く使えるセンチュリオン」だ)への経験値を稼ぐまで、フルスペックでの戦いができるというわけだ。フゥーハハハァー。
 ここで、WoT wikiのCometの記述を見てみよう。

  火力 : 砲の取り回しはサイコー 威力はまあ… ね… 金弾?
  装甲 : 心許ない 砲塔の装甲は豆腐
  機動 : 良好な部類だがCromwellと比較すると劣る
  総合 : 1vs1では勝てないので有利なポジションから不意打ちせよ
        機動で相手を翻弄とかは考えるな

 フルスペック爆散を楽しめそうである。

 なお、他の場所では「Cromwellの次はCometとかいう重くてデカくてCrusaderが強戦車に感じるほどのゴミ」とか書かれてて、ひでえと思ったが、勇者の第一印象も「あっ これアカンやつでは…」という感じだったので、まあ、嘘でもないんだろう。
 Comet巡航戦車“ゴールデンバレット”号で、引き続き頑張ろう。

 なお、この77mm砲Mk.IIは、Tier6(Cometのひとつ下だ!)のChurchill VII重戦車と共通なので、こちらも載せ換えることができた。某ガールズアンドパンツァー(通称ガルパン)では、英国風学校の隊長がChurchill VIIに乗っているので、本来はこちらを“ダージリン号”とするべきなのだろうが、Tier4のMatilda中戦車と一緒に行動しているからChurchill I(Tier5)であろうと考えたのが浅はかな素人の限界であった。
 Churchill VII重戦車“ダージリン=セカンドフラッシュ”号でも、引き続き頑張ろう。

戦争 | 12:34:30 | Trackback(0) | Comments(4)
勇者爆散劇場?
 新型のグラフィックボードとかが発表になり、ゲーマー界隈は盛り上がっているのですが(一部お通夜モードらしいとの情報もあり)、そんな中で、話題になったのが「World of Tankの勇者のリプレイ」だった。前線に走っていって爆散するゲームは最近卒業しつつあり(しつつある、というのがポイント)ますが、まあ、そんなイイ戦いができている実感はない。

大佐「はじきまくりとか、無双とかないの?」
勇者「はじきまくってSUGEEEEと思った瞬間爆散したことならあるよ。
    カン!カン!カン!SUGEEEEボボーン(爆散」
大佐「www」
ちっぷ「マチルダMバッチ動画カモン」
勇者「その時は録画オンにしてなかった。もっと容量喰うかと思って」
ちっぷ「なんだよー。全部録画な」
勇者「今は全部録画してるよ」

 リプレイファイルについては、今のところSkypeのファイル送信機能を使っているけど、もっと楽に共有できて、かつ、見たいヒトが見たい時に見れるようにしたいという状況。まあ、上手なプレイは「WoT 神プレイ」か何かで検索すればいいのが出てくるだろうし、逆に“勇者爆散劇場”として、ボボーンwwwですよねーwww的な動画の需要が高まっているのかも知れない。

 などと思いながら、昨日は★消化だけやったら、そこそこ戦えた。
 おい、爆散劇場…。

 多分、やるぞ!という姿勢で臨むと、アドレナリンの関係で、俺の判断力とかはまったくアテにならない状態になるんだと思う。おそらく視野もめちゃくちゃ狭まっているので、おそらく正規戦の兵士としてはまったく役に立たない部類の人間なのだ。
 どちらかというと、不正規戦、敵地に潜入して暗殺とか、事故に見せかけて殺すとか、標的の住居付近にムカデを繁殖させるとかに向いているのだろう。

ちっぷ「欲張りすぎると死ぬ、これモハフも同じね」
勇者「ですよねー」

 リプレイファイルのいい感じな共有システム確立を目指そう。

戦争 | 12:41:18 | Trackback(0) | Comments(4)
コメット中戦車に昇格
 次こそはセンチュリオン。
160201_01.jpg
 まあ、戦跡はあまりよくないので、まだ先の話になるであろう。

戦争 | 19:20:49 | Trackback(0) | Comments(3)
謹賀新年
 今年もよろしくお願い致します。

 昨年は終盤戦がまさに戦争でした。世界情勢も第一次世界大戦前の状況に非常に良く似ています。
「こんなに経済が世界中つながってるのに戦争とかありえねーよwww」と思っている向きもあるでしょうが、実際、第一次世界大戦前夜に、みんなそう思っていたのです。
 戦争はゲームの中だけにしたいですね。

 新年一発目の戦いでマチルダ中戦車のマスターバッチ獲得。
160106_01.jpg

 この功績と同時に、チャーチルⅠ重戦車に昇格(Tier5)しました。
 そして速攻でマスターバッヂランク2を獲得。
160106_02.jpg

 チャーチルⅠ重戦車“ダージリン”号で英国面をつきすすむ勇者であった。
 クロムウェル中戦車からコメット中戦車まではあと16,000経験値です。

 なお、1月中旬に戦後処理が終わる見通しなので、その頃、DDONの新シナリオ攻略開始予定です。

戦争 | 23:01:33 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad