■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
感想文 ドラゴンクエストXI 失われた時を求めて
 某先生が最終エンディングまで行った気配をついったで感じ取ったので感想文を書く。ネタバレは避けられないからな。
 ドラクエ11は大きく二つの評価に分かれる。
  ①魔王ウルノーガ討伐まで = ドラクエシリーズ最新作にふさわしい作品であり最高のデキ
  ②邪神ニズゼルファ討伐まで = ファッキン蛇足

 魔王ウルノーガ討伐までは、王道のドラクエであり、ストーリー的にもうんうんそうだろうそうだろうとなることに加え、キャラ造形が実にしっかりしており、大きな使命を背負った旅の中で仲間達の思い出や絆が丁寧に描かれている。特にシルビアというキャラに関しては「身体は男、心は乙女」なのだが、誰一人として性別のことについて異議を唱えるものはいない。
 港町で船を出そうと思ったらお祭りが終わるまで足止めとなった時に、シルビアが双子の姉妹に「ここは女同士三人でショッピングでも楽しみましょう。スイーツもあるわよ!」と発言した時、全員が「シルビアは女性」ということが当然として話題にも上らない。
 お転婆の姉に生真面目妹と思わせておいて「私、スイーツには目がないんです!ごめんなさい!」と散策を楽しみに行ってしまう姿等、ほっこりする前半イベントの白眉と言えるだろう。なおカミュ(実質ミコト)が「仕方ねえ、俺たちだけでも船を出してもらう方法を探ろうぜ」と、盗賊上がりなのに根が真面目なところを見せる。
 根が真面目なのになんで盗賊だって話は、後に明らかになるエピソードがあるので、そっちで楽しんで欲しい。

 命の大樹で勇者のつるぎを手に入れようとした勇者一行は背後から不意打ちを受け、勇者の剣を奪われてしまう。これにより、魔王ウルノーガは魔王にして勇者の力を備えた絶対的な存在となってしまい、魔王の勢力はまたたくまにロトゼタシア(今回の舞台の世界名)を席巻することとなる。世界に生きる人々は「最後の砦」に立てこもり、魔王の軍勢と戦っていたが、それもそろそろ限界にちかづきつつある… そこに、傷ついた勇者が帰還して、再度、魔王討伐の旅に出る。
 変わり果てた世界にあってもあきらめずに戦うものがいるのだと、世界中の人々に示し、その結果、それぞれの地域の人々は、そうだ、俺たち自身がやらねば、と立ち上がる。そして、勇者一行は魔王を見事討ち果たす。完璧なシナリオだった。
 …が、世界の随所に存在するもののけ姫のコダマみたいな存在について、一切語られることがなかった。オープニングに出ていた黒い個体が「…終わった orz」となる場面があるだけである。それがファッキン蛇足編で語られる。

 問題のファッキン蛇足邪神編であるが…。
 魔王と討伐してめでたしめでたしな宴席だが、ミコト(正式名称カミュ)が「そういえばなんか光ってるのを見たのが気になるぜ」と、お宝好きらしい発言をして、そこに出かけることとなる。そこで発見したのは「時間をさかのぼる手段」だった。
 先代勇者ローシュの想い人、賢者セニカ(ところで、賢者セニカの生まれ変わりと長老が紹介するこの双子、名前がベロニカとセーニャなのだが、セニカの名前を分けているようにも見える)が、時間をさかのぼる方法を発見し、しかし、それを果たすことが出来ずに終わる。いかに賢者といえども、勇者パワーを持たないものに勇者のつるぎの力は振るえなかったという悲しい結末だ。
 ではここに勇者と勇者のつるぎを揃えましたので、時をさかのぼります、ということになる。勇者のみ。
 勇者のみである。今まで苦楽を共にした仲間を残し、過去へ旅立つ。
 命の大樹へ向かう直前にさかのぼるわけだが、ここで別の時間軸が生成されているのか、それともロールバックがかかっているけどちょっと残骸が残っているのかはちょっと不明である。元の世界には戻れないということだし、世界の各地で魔王編で助けた人々が「あなたに助けられるのは今回が初めてなのに初めてじゃない気がする」と口を揃えて言うためだ。
 ここまで、でまず言っておかねばならないことは、賢者セニカが死んでいないため、そもそも聖なる双子が賢者の生まれ変わりというのはガセになるということである。どういうことだ聖地ラムダの長老!

 命の大樹での不意打ちを「知ってる」というチートによって回避した勇者一行、魔王ウルノーガの正体を暴き、討ち取る。
 やったぜ、宴会だ! …が、勇者の星と呼ばれているものが落ちてきたらしいという騒ぎで、邪神編がスタートする。
 ぶっちゃけると、先代勇者が戦っていたのはウルノーガではなく邪神ニズゼルファで、邪神の身体が勇者の星という魔法結界に封じられていたのだという。魔王編では落下してくる勇者の星を黒い個体が待ち受けていたが、ウルノーガに破壊されてorz状態だった。ウルノーガは邪神の身体を破壊できたので「これでこの世界は俺のものだ」とつぶやいたのだということが明らかになる。
 勇者が時間をさかのぼる時、黒い個体も一緒にさかのぼって来ており、邪神が身体を得てしまうことになるので、今度は邪神を討伐するまでが邪神編であり、その後、最終エンディングとなるわけであるが…。

 邪神を討伐した勇者一行、時をさかのぼる塔に出向き、賢者セニカが姿を変えた時の番人を真の姿の戻す(賢者セニカの生まれ変わりが存在できない問題)。そして勇者パワーと勇者のつるぎを賢者セニカに渡す。そしてセニカはローシュを守るために時間をさかのぼるわけだが、携帯電話会社の宣伝並みにパッカーンされる時の宝珠が不憫である。
 それはそうとして、この第二パッカーンによって、ロールバック説は否定される。別時間軸説である。そうでなければ、ロトゼタシアの勇者… ロトの勇者と呼ばれる今回の主人公誕生がなかったことにされるので、エンディングの内容に矛盾が生じる。
 ただ、エンディングでは、このロトの勇者の物語を読んだ人物が「16歳の誕生日を迎えた息子を起こしに行く」ところで終わる。ロトの勇者原理主義の俺は、あくまでもオルテガの息子がアリアハンと旅立ち、異世界アレフガルドにて大魔王ゾーマを倒したことによって勇者ロトの称号を得たとする歴史を絶対視しているため、このエンディングであらかじめロトの勇者の概念が存在していることついては認めることが出来ないのである。邪神編を俺がファッキン蛇足であると断じる理由はこれ。

 なお、神竜(天空シリーズのマスタードラゴンとしか思えない)の台詞に「場合によっては私も闇に染まることがあるかもしれないのでその時は討伐よろしくやで」と思わせぶりなことを言うが、これはドラクエ3で竜の女王が残したタマゴが後の竜王となることをさしているものと思われる。

 確かに、魔王編と邪神編を比較すると、失われる命は減っている。しかし、それは別の時間軸の話であって、これを「命を救った」と考えていいのかどうか、俺は疑問に思う。そして、どんな状況でも決してあきらめない者を勇者と呼ぶとしたら、勇者は失われた過去を求めるのではなく、今手にした未来を生きるべきであると、俺、勇者ギンダマは思うのである。

日常 | 12:30:21 | Trackback(0) | Comments(2)
Windows 10 自動更新
 Windows 10になってからは、基本的にOSのアップデートが自動的にダウンロードされてインストールもされるわけだが、ゲーム中にやたら通信が遅くなって鯖缶(懐かしい表現だ)されたりした時、なーんか回線調子悪かったなーとか思っていると、PCをシャットダウンするときに「更新を適用してシャットダウン」と表示され、お前か!!ってなるわけよ。
 まあパッチの適用はセキュリティ面から考えて重要なのでは分かっているので、適用しないわけではない。しかし、ゲームを途中で切断したりするのは困る。

 と、いうわけで、自動更新を止めて、ダウンロードと自動インストールを通知してもらうことにした。

1.エクスプローラーのアドレスバーに cmd と入力してエンターを押す
2.コマンドプロンプトが起動する
3.コマンド「gpedit.msc」を入力してエンターを押す
4.ローカルグループポリシーエディタが起動する
5.コンピューターの構成>管理テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows Updateを選択する
6.自動更新を構成するを選択する
7.左側の「ポリシーの編集」をクリックする
8.自動更新を構成するウィンドウが開く
9.左上ラジオボタンが「未構成」になっているので「有効」に変える
10.左下ペインのプルダウンメニューから「ダウンロードと自動インストールを通知」を選択する
11.適用>OKでウィンドウを閉じる
12.さっきのコマンドプロンプトでコマンド「gpepdate /force」を入力してエンターを押す
13.PCを再起動

 以上。

 ネットワーク帯域を自動更新で使うのは構わないが、他のアプリケーションよりも優先度は低くしてくれないと困るというものである。

日常 | 19:58:47 | Trackback(0) | Comments(0)
近況報告1703
 すっかりご無沙汰モードが平常化してしまっていますが、近況でも。年末あたりからずっと「達成しても特に評価ポイントがもらえないことは確定しているのに駆り出された仕事」に翻弄されてブチギレたりしてましたが、ようやくケッチャコがつきそう。経営者目線(笑)で見ればよくないことだが、この仕事受注したくねえ、というのが正直な気持ち。
 とはいえ手を抜くのは主義に反するのでとりあえずやるだけのことはやった(そして受注しちゃいそうな)わけだが、やはり何がムカツクって、やりとりの8割が次のような内容だったため。

A「アドバイスが欲しい」
俺「こう考えますけど」
A「なるほど、不採用で」
俺「なんでや!おかしいところがあるなら言えや!」
A「正しいと思うんですよ。理屈も通っていると思うんですよ。だが不採用で」
俺「殺すぞ」
B「意見の相違はあるだろうが、協力はして欲しい」
俺「代替案はあるけどお勧めはできない」
B「なるほど、不採用で」
俺「殺すぞ」
A「(同じ件について)アドバイスが欲しい」
俺「死ね」

 このやり取りが五回ぐらいあって、Cさんという別の人物を経由して探ったところ「理解できないので不採用にしている」ということが明らかになった。むしろその理由が理解できなかったので詳しく聞くと「俺の意見の内容が理解できなかったので、もう一度同じ件についてアドバイスを求めて同じ内容を説明させることで、理解しようと努めていた」ということらしい。

俺「わからんならわからんって言えばよくね?」
C「三回目ぐらいから『いまさらわかんないって言うのが怖かった』らしいです」
俺「オオン」 ←態度が悪かった自覚はあるので少し反省した
C「まあ、結果、俺さんのオーラはもっと怖くなったわけですが」
俺「とりあえず今からでもいい、どこがわからんか言うべきと伝えてくれない?」
C「伝えますが、期待通りになるかはわかりませんよ」
俺「希望は捨てない主義なんだ」 ←嘘

 結果、何を質問すればいいかもわからないし想像もつかない、という状態であることがわかり、早速希望を捨てた俺は「俺の意見は以前ご説明した通りです。不明点があれば説明します」で流していたわけだが、結局は「お前がメインでやるしかないからやって、もう時間ねえし。なお、評価ポイントはもらえない」ということになってしまった。
 せめて評価ポイントはくれよwww

 来週アタマに結論が出る(元々は年明け結論だから急げ!って話だったのだが)、という未確認情報しか得られないので、放置するしか無い感じ。勇者PC新調もできてないし、従って超クォリティ白ヘビも見れていない。
 かといってゲームしてないかというとそんなことはなくて、しっかり遊んではいます。
 メタルギアソリッドVとか。

日常 | 19:39:40 | Trackback(0) | Comments(2)
勇者PC新調の機運
 またしてもコッチをサボりまくっているわけだが、勇者PC新調の機運が高まってきたので、いろいろ検討しようと思う。そもそも、FinalFantasy XIVのために新調した現勇者PCであるが、

 ・SSD 128GBでCドライブはさすがにもう限界
  これは最近のゲームが数十GBを普通に要求するようになってきたため
  ぶっちゃけ残り10GBない

 ・当時としては最高だったGeForce 470GTXも今となっては旧世代機
  とはいえ、こやつは例の“コング”の後継として立派に活躍してくれた
  なんだったらサブ的にまだまだいけるイケメンである

……などの要因により、新調の機運は高まっていたわけであり、ぶっちゃけ夏ごろから「そろそろキツくねーかなw」ぐらいには思っていたのである。では何故、新調が先延ばしになっていたのか?

 ・勇者の性格
  そうは言ってもまだまだいけるやろ、いや、まだまだ行こうや!という謎のチャレンジ精神が常にある。
  実際“コング”に買い替える前、マビノギで白ヘビが白い直方体で表示されていても「まだまだ行ける!」と
  やっていたことからも明らかである。チップに「いい加減にしろ」と叱られたのがこの頃である。
  また、愛用のPCをホイホイ買い替える気にはなかなかならないもったいない精神。これである。

 ・Civ6発売事件
  時間が無限に失われる文明シミュレーションゲームが発売され、ゲームが忙しくてPCを新調するような時間がなくなる。
  完全にアホである。もしかすると、新調してゲームやったほうが快適かもしれない(その分時間もかからない)のに、
  目先の楽しみというものは非常に強い力を持っている。
  ツボを見たら中身をチェックする、アレである。

 ・PlayStation4購入事件
  Civ6が少々落ち着いた頃、エースコンバット7発売の話を聞いて即座にPlayStation4をゲットし、さりとてエースコンバットは
  まだ発売されていないわけで、FF15でもやるか、と始めてしまったためにPCのことは一旦置いておくという状態に。
  Tree of Saver!と、ましあさんにお叱りを受けたのもこの頃である。
  ゲーム内釣りゲームで魚にルアー持っていかれている場合ではない。

 そして、ついに「勇者PC新調を真剣に考えるべき時を考えさせる事件」が起きる。

 ・仕事がクソテンパってゲームする時間がねえぞコラァ!事件
  今、勇者PC新調の時!クソァ!

 というわけで、新PCの方針を決めよう。

CPU … とりあえずCore i7の新しいやつ 7700無印が本命
グラボ … いいやつ
マザボ … 上記のCPUとグラボが載るやつ 今回はMicro-ATXにしたいが…
メモリ … マザボに載るだけドン
記憶 … SSD 256-512で検討
OS … Windows 7を新規インスコ(VAIOでWin10使ってて残念感が強い)

 よし。あとはイケメンのチップが推薦してくれるだろう(チラッチラッ

日常 | 14:00:15 | Trackback(0) | Comments(6)
スコッチ相場
 世界情勢が不安定になればなるほど、架空戦記や軍事ミステリー小説が書かれるし、売れる、という時代があったわけですが、最近はそうでもないらしいですね(挨拶

 スコッチの相場が気になる向きもあるようですが、どうなるんでしょうね。とりあえず今は、円高ポンド安なので、輸入有利の局面と言えますから、スコッチをポンドで買うならお得な予感ですが、相場の変動をリアルタイムに価格へ反映している酒屋はないと思うので、国内の酒屋から買うなら、直ちに影響はない的なアレですな。
 流れとしては、円高ポンド安が続き、酒屋が円高差益還元とか言い出したあたりからが勝負のような気がします。

 スコットランド独立については、前回のスコットランド独立投票は10%差で残留選択だったんですよね。ところか、別件であるはずのEU離脱投票で、スコットランドとイングランドにくっきりと考えが分かれたことが明確になったんで、次に投票したらスコットランド独立不可避な情勢だと思う。
 次回、10%の人間の考えを変える必要はなくて、5-6%の考えを変えれば、それで独立が勝つんで…。

 スコットランドは独立&EU加盟と考えているので、独立&EU加盟なら、スコッチ相場は円ユーロ相場と同じ動きになるはずで、ユーロは個人的に高い印象があるため、スコッチ相場は上がる予感。とはいえ、暴落前のポンドならユーロより高かったから、今よりは安くなる可能性も高い。

 最もスコッチが安く買えるのは、スコットランド独立&EU加盟拒否の悲劇のパティーンですね。スコットランドが独自通貨を制定して国際取引に使用するとなった場合に、不安定な国の通貨は安くなるのが一般的なので、スコットランドポンド(仮)は非常に安い通貨となるはず。
 となると、輸入側有利になるわけで、スコッチ買い放題のボーナスステージがワンチャンあります。

 なんでや!スコットランドは領海になる場所に北海油田あるから資源ゲットで経済ウハウハ地位安泰やろ!という意見もあるだろうけど、たかが港湾施設のために国を半分に割られ、内戦という名前の侵略を受けて何千人も殺されることになったウクライナの事例を無視して今後の情勢を考えることはできないはずだ。

 結論としては、買いたいときに買って飲むのがよろしいでしょう。
 …買えなくなる前に。

日常 | 12:20:33 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad