■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
湖底のダンジョン
 午後からお出掛けだったので午前中はゼルダ。

 前回までのあらすじ … カッコよすぎるギンダマ、いろいろあって湖底へ

 ハイラル湖は水がすごく澄んでいて、透明度がまじでヤバイ。こんなところ、リアルでも泳いでみたいなぁ。でも水中で呼吸できるんじゃないかと勘違いして溺死しそうなので考えもの(?)か。
 湖中央部に一段と深い部分があり、そこにゾーラ族が回遊しているのでなんとなくわかったが、どうやらゾーラ族の建設した神殿が魔物の住処になってしまったいるとのこと。
 上昇水流(?)に水中爆弾を乗せ、壁を爆破して侵入。

 鉄の仮面をつけ、前面からの攻撃を受け付けない例のアレ(SFCの神々のトライフォースではさらにデカいサイズのコレがボスとして出てきたりもしたはず)がいて、体当たりを喰らってしりもちをつくギンダマ。ちょっとカッコ悪い。ここのボスまたは中ボスにこれのでかいのがきそうだなぁ、などといやな予感。
 矢に爆弾をくくりつけて天井の鍾乳石を破壊、落下させたり、水流を流して水車的な仕掛けを動かしたりして、巨大カエル的な中ボスを退治し、クローショットなるものをゲット。平たく言うとフックショットね。
 ツタとか金網とかにガッチリ固定してぶらさがったり、アイテムを回収したりもできるスグレモノ。

 ここのボスは、予想が外れてイソギンチャクみたいなやつ。八本の触手と、その内部を自在に移動する目玉が特徴。これは、目玉をクローショットで掴むしかない展開。
 掴んで引き寄せ、斬りつけると、ゴゴゴゴゴと地響きを立てて、なんとイソギンチャクの下から巨大アロワナ的な本体が出現。これまたデカイ。ヤバイ。
 すかさずミドナに話しかけると、

「おい、アイツの背中、見たか?
 あの目玉がついてるじゃないか、しがみついて、剣でやっつけろ」

 とのアドバイスをもらう。
 しがみつくべく、必死の泳ぎを見せるギンダマだが、敵が巨大すぎて追いつけない。しかたなく逆回転してみると、ゴゴゴゴーと吸い込まれ、もぐもぐされた上に、ペッと吐き出される。
 吐き出されなかったら確実に死んでるので、まあ助かったんだけど、これどうしたらいいんだ。

 しばらくぐるぐる泳ぎ回るが、ふと、背中に目玉があって、さっき目玉をクローショットで引き寄せたわけで、目玉が背中に固定されているということは、今度はギンダマがひきよせられるのでは?
 ――成功。

 クローショットで一気に目玉にしがみつき、剣を叩きつけまくる。これを三回喰らわせ、見事勝利。
 最後の結晶石を手に入れた。でもこの結晶石、本当にミドナに渡して大丈夫なんだろうか?

黄昏 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
一本橋の戦い その2
 昨日は出掛ける予定が急にキャンセルになったりしたので、家でのんびりゼルダしたり逆バサ3乙したりしてました。夜になって、某大佐が某所より補給物資の米10kgを運んできてくれたので、勇者お手製なんちゃってペペロンチーノを振舞いました。
 この米で春まで食いつなげるわけであり、この恩はさりげなく返す所存>某所

 計画ってのは、以外に立ててる時が一番楽しいんですよね、などと意味深な発言をしつつ、後半はゼルダのプレイ日記。なかなか悪魔がデレないのが最近の悩みです。

続きを読む >>
黄昏 | 14:33:48 | Trackback(0) | Comments(0)
今回はピンと来た
 昨日は仕事がちょっと早目に終わったのでハイラルの勇者を軽くこなしてからモハフへ。米を炊きながらだったので、サイレントに逆バサチャレンジして2乙クリア。12万zGet。
 おとといは初めて逆バサノーミスクリア36万zをせしめて勇者感動だったわけですが、まあ、すぐに百戦百勝というわけには行きますまい。
 メシ終了後、ライナスと白ヒプ2回こなしたところでまりそる参戦につき、キリンをカモってHR底上げ。公式狩猟試験を難なくクリアしておきました。既にHRの単位がキリンになりつつあるわけですが、まあ致し方ないことでしょうかね。

 アオキノコ編(中)は鬱展開が暴走したのでボツ。このまま再開編に進むかも知れません。

続きを読む >>
黄昏 | 10:44:58 | Trackback(0) | Comments(2)
一本橋の決闘
 差が開きすぎてさすがにあきらめムード。息抜きにハイラルへ。

 前回までのあらすじ … ゴロン族の族長を助けて平和を取り戻す

 一仕事終え、誇らしげにカカリコ村に帰還する勇者だが、以前、勇者の後頭部を強打してくれた大物のオークがイノシシに騎乗してカカリコ村に出現。
 トアル村から一緒にさらわれてきた女の子をかばい、身代わりになった師匠の息子が、槍の先に縛り付けられて意識を失っている状態。あの野郎ッ。

 エポナを駆り、ハイラル平原でオークリーダー(仮称)を追う。ほかのオークどももいのししに乗って火矢を放ってくるが、これはエポナを横付けして剣で切りつける。
 なかなかオークリーダーに追いつけないが、ザコを無視してひたすらダッシュすることで横に並んだので、すかさず切りつける。これを数回繰り返して、師匠の息子救出。
 しかし、それだけでは気が治まらない勇者、オークリーダーを追う。
 峡谷にかかる石橋の上でオークリーダーと向かい合うことに。

 橋には欄干がないため、ちょっとミスすれば谷底までまっさかさまである。しかし、橋の向こうで、鼻息も荒く勇者をねめつけるオークリーダー。
 受けてたつ勇者。イノシシとエポナが同時に走り出す。正面衝突する直前、エポナの鼻先をすこしずらし、回避しつつすれ違いざまに一撃! 位置を入れ替え、向き直る両者。
 愚か者、何度やっても同じだ!
 ふたたび勇者の剣を受けたオークリーダーは絶叫と共に谷底へ。勇者かっこよすぎ。

 バクダン工房で爆弾を購入し、あちこち爆破してまわったりしつつ、ハイラル平原を抜け、決闘をした石橋を渡り、三度、影の領域に入る勇者。
 ハイラル城で村長の娘を発見する(南通りの酒場で、倒れたゾーラ族の子供を介抱しているようだった)も、狼モードでは彼女にこちらを知覚することができない。ハイラル城をトワイライトから解放しないと、再会とは言えないのだ。
 そこで、この地を守る光の精霊を探すが、どうやらハイラル湖の水がなくなってしまい、精霊の神殿に行けない様子。しかたなく、水源であるゾーラの里へ向かい、原因を確かめることに。

 ゾーラ族の子供の件も、親元に知らせてやりたいしね。

黄昏 | 20:20:34 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴロン族の鉱山
 ノープランかつエンジョイ&エキサイティングな週末を過ごしてリフレッシュした勇者です。おはようございます。ハイラルの勇者も順調。

 前回までのあらすじ … イカサマでゴロン族をいなし、相撲にまで勝つ

 というわけで、凶暴化した族長をどうにかすべしとの命を受け、ギンダマ、鉱山に潜入。っていうか、これ鉱山というより火山ですね。本当にありがとうございました。
 まったく同じことをミドナ(ようやく悪魔の名前を覚えた)が言ってました。

 アイアンブーツは緑色の磁力を帯びた鉱石に強力にはりつくため、適宜、脱いだり履いたりしながら進んでいくと、溶岩の場所から涼しげな外の光景が広がったりもするが、オーク的な野郎どもが火矢を放ってきたりするので油断できない。
 パチンコじゃ対応できないようなので、早いトコ弓矢が欲しいところですな。火矢はあまり命中率が高くない印象だが、周囲のオブジェクトに突き刺さってメラメラしたりもするのですごいリアルな感じ。
 弓矢を持っていたら狙撃戦になるところである。

 他の(正気の)族長に会い、監禁部屋の鍵のパーツをゲットしていく。途中、古の勇者の使った武具が宝物庫にあるから、門番に話してもって行くが良い、みたいなことを語る族長がいるが、これは結局門番と戦うハメにはるフラグですね。わかります。
 案の定、巨大な体躯のゴロン族(しかも金属製の鎧でガチガチに固めてる)と戦闘になる。なにはともあれ、はじきとばされないようにアイアンブーツに履き替えると、なんと例の磁力鉱石の床だったようで、がっしりと固定される。周囲が溶岩の海なのでこれは助かる。
 門番は、攻撃態勢に入ったところを切りつけると、ダメージを受けて丸くなり、高速回転しながらつっこんでくるので、そこを山道でやったように、つかんでいなす。
 すると、溶岩の海にゴロン族の門番が落っこちて乙。
 ……と、思ったら、アチチーよくもやったなーみたいなノリでまた向かってくる。おいおい。溶岩だぞ。
 3回いなして、ようやく乙。

 晴れて 勇者の弓 を入手した!! てれれれ~

 火矢を放ってくるオーク的な魔物、ビームを出してくるオブジェの赤いコア、扉を開けるスイッチの宝石、天井にぶらさがる炎のコウモリを次々と正確無比に射抜く勇者。
 まっくろ族長と対峙した勇者、額の妖しい光に矢を放つ。恐るべき命中率を見せる勇者だが、これだけで決着はつけられないようだ。
 そこでミドナに相談すると、動きを止めろ、という話。額に矢を当てたときにスキができるぞ、とのこと。
 額に矢を当てる、族長の身体を固定していた鎖をひっぱる、の手順で、族長を転ばせることに成功した勇者。スキができたっ!
 すぐさま剣を抜き、族長の額を切りつける勇者。見事、族長に取り付いた妖しい光を撃破した!

 これでカカリコ村とゴロン族の友好関係も復旧するだろうか。

黄昏 | 09:27:14 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad