■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
Operation: Kappa
 多少取り乱した感があり、各方面にはご心配おかけしました。やる気を取り戻すため、勇者オペレーションを発動しました。

 Operation: Kappa


続きを読む >>
日常 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(6)
埋もれた財宝
 先週に引き続き、里帰りをしておりました。土日を関西、平日を関東という生活はかなり負担がかかるのですが、まあ事情が事情なので仕方ありません。先週は新幹線でしたが、今回は乗用車による移動だったので疲労度はちょいうp。
 勇者稼業も若干のモメごとが起きている関係でやる気は非常に低下しています。これを盛り返すには「Operation: SUSHI the Rotation free」でもやらねば無理でしょう。

 それはともかくとして、建物の裏側にある駐車場を仕切るフェンスのスキマを抜け、たんぼの向こうにあるサンクスに向かう途中、あぜ道に五円玉のようなものが落ちているのを発見。
 「?貨幣」とでも呼ぶべきそれを用水路の水で軽く洗うと、なんと寛永通宝でした。裏面には文様がなにもなかったので1文銭だとわかりました。

 ぼけっとした頭で「さすがは古都」とか考えつつ、サンクスでアイス関係を購入して戻る途中、寛永通宝は幕末まで鋳造されており、さすがと感心するのは和同開珎ぐらいが適当であるという事実に行き当たったものの、寛永通宝に比べ、和同開珎は西暦にして700年頃のモノ。
 さすがにたんぼに落ちているというわけにはいきますまい。それに、これはついさっきWikipediaで読んで知ったのですが、そんなに流通してなかったのね、和同開珎。寂しす。

 それにしても、ちょっと油断すると石舞台古墳が隣の村にあったりする土地柄なので、事情がなければヒャッホイして遺跡めぐりをしているところですが、自重。古都の割には土産が乏しい土地柄であり、漬物ぐらいなので今回は自分用に大吟醸やたがらすを買うだけにしておきました。

 やる気が出ねえ。

日常 | 17:17:33 | Trackback(0) | Comments(11)
二周目Chapter-1(下)
 セレブリティ・アッシュのキメ台詞にしびれながら帰還した勇者。GA系の依頼は全部終わってしまっていたので、次にインテリオル・ユニオンの依頼を片付ける。
 AF「ギガベース」 パイルバンカー一撃ノーダメクリア余裕でした^^v
 「レッドバレー突破支援」は初回に必死こいて練習したため、装備充実の勇者にはやはり余裕のミッションクリア。最後に控える旧型の大型兵器もパイルバンカーでオッスオッスして終了。まじでパイルバンカーと120ミサイルでクリアできるわ、このゲーム。
 「ワンダフルボディ撃破」ミッションは、初回にブレードメッタ斬りにしましたが、僚機をよく見るとヴェーロノークさんがいらっしゃる。
 報酬も15%とお安いので即採用。出撃して120ミサイル撃ち込んでたら勝てた。終了時、ヴェーロノークさんが「弾幕、薄くなかったですか?」とか気遣いを見せてくれたりしてさらに勇者の心が暖かくなる。
 ヴェーロノークさんのミッションに僚機で出撃したいぐらいだ。

 さわやかに帰還した勇者にミッションが提示される。
  ・AFカブラカン撃破
  ・AFスピリット・オブ・マザーウィル撃破

 おおっと、新ミッション。マザーウィルに新たなる勇者の腕前を見せ付けるのもよいかと思いましたが、せっかくなのでAFカブラカンへ挑戦。

 なんとこのアームズフォートは「輸送用」なんだそうで、装甲がめちゃんこ強固なのでACの攻撃でも歯が立たないとか。まじでか。
 そこで、土台にあるスカート状の防護板の奥に隠されたキャタピラを破壊して足止めし、その後じっくり破壊する作戦だそうな。ただし、その情報の信憑性はイマイチらしく、最悪ただの当て馬になるかもしれないとか。
 えー、パイルバンカーなめんな。

 出撃した勇者にオペ子さんが「地雷埋まってるから注意しろよ」とアドバイスが。たしかに砂漠のなかに黒い何かがちょっとだけ顔を出している。
 オーバードブーストでちょっと宙を飛びながら一気に間合いを詰め、防護板の隙間からキャタピラ部分にもぐりこんでパイルバンカー。
 動きが止まった。

 直後、カブラカンがぱかっと開くムービーが流れ、その中から無数の自律兵器がわらわらわらわら飛び出す。ぎゃあああああああネクサスの虫を思い出すじゃねーか。
 涙目の勇者だが、この自律兵器の攻撃は高速移動(否クイックブースト)していればぜんぜんあたらないので、円を描きながら上方を見上げてエネルギーライフルで地道に撃墜してミッション完了。

 Chapter-1も終了。

傭兵 | 19:20:17 | Trackback(0) | Comments(0)
二周目Chapter-1(上)
 案の定、所持金とパーツ、その他エンブレムとか図面とかが引き継がれ、二周目がはじまりました。とりあえずできるミッションをクリアしてエンディングまでたどり着いた感があったので、今回は方針を決め、初回は「弾が足りない」とかで無理だったミッションも積極的に受けて行こうと思います。

 まずは試金石の「ラインアーク襲撃」ですが、FCS(Fire Control System = 火器管制システム)がお高いものになっているため、遠距離からエネルギーライフルで射撃。
 操作も慣れていたせいか、今回はコスい技を使わずにクリア。
 前回はインテリオル・ユニオンの依頼をなんとかく優先して(というか比較的難易度が低かった……)いたわけですが、今回はGA系を優先してみましょう。

 ミミル軍港襲撃はエネルギーライフル(弾数50)を両手に装備して余裕のクリア。弾が足りないとか言わなくて済むのがうれしい。

 「スフィア侵攻部隊反転迎撃」のミッションは初挑戦。内容は、資源採掘施設「スフィア」に向かっている敵部隊の背後からVOB(使い捨ての大型ブースタ)で突撃、奇襲をかけ、スフィアに先着した上で反転、迎撃を行うというもの。
 なかなかロマンのある作戦。まずはVOBでの移動をしながら少しでも撃ち落しておけば後が楽になる、との話ですが、これ、ロックオンしててもなかなかあたらない。
 腕パーツが悪いのか、それともそもそも2000km/hとかで飛行中に攻撃しても当たらないのは理屈で考えてもわかりそうなもの。
 おとなしく全部迎撃することにしました。例のギンダミサイルでSランク余裕でした^^

 これ初回にチャレンジしてたらマジやめてたな。

 次の「リッチランド襲撃」も初お目見え。作戦区域は初回の不明ネクスト撃破の舞台となったリッチランド農業プラント。
 緑色の円形が並ぶその様子は、中央に配置されたスプリンクラーから水、農薬、肥料代わりの水溶液が散布されている未来型農業の姿を感じさせますな。
 そのリッチランドに攻め込むにあたり、未確認AF撃破で面白い反応を見せてくれたセレブリティ・アッシュが僚機として選択できるようなので雇用。
 敵AF「ランドクラブ(陸蟹)」が待ち受けているとのこと。出撃すると、いわゆるザコの皆さんがわさわさとお出迎え。
 はるか遠方にランドクラブの影が見えます。ショットガン的な攻撃をボンボン放ってくるザコの皆さんですが、セレブリティ・アッシュに攻撃が向かっているので、その隙にエネルギーライフルで的確に破壊。徐々に戦線を押し出し、あとはオーバードブーストで一気にランドクラブに接敵、パイルバンカー乙。

セ「俺たち二人の前には、こいつらも無力だったな」
勇「ちょwww カコイイwww」

傭兵 | 19:19:28 | Trackback(0) | Comments(0)
企業連合End?
 パイルバンカーの威力にビビっている勇者が帰還すると、今度はアルテリア・カーパルスを防衛する任務だけが受注可能になっていた。
 すると、これがChapter-3の最終ミッションというわけですね。
 二機のネクストを相手に、共同戦線で戦うミッション。例の追尾能力が高いミサイルを両肩に装着して出撃して、遠くから攻撃しているうちに終了。
 ミサイル強いなぁ……。僚機もだけど、今回は。

 勇者がアルテリア・カーパルスを防衛しているうちに、他のアルテリア施設が襲撃され、クレイドル(上空7000mに存在する空中都市群)のエネルギー供給が絶たれた、という映像が流れる。あちゃー。
 というか、クレイドルは飛び続けられるのかな。形状から考えると、落下する速度と飛行機の翼に生じる浮力がつりあってる的な設定なのだろうか。

 その後は、クレイドルへ反旗を翻したORCA旅団のAF部隊撃破、ビッグボックス襲撃を経て、急速にORCAが勢力を失い、企業連合が自らの生存と引き換えにORCAの存在を黙認し、破壊された施設の復興(=経済的発展)に力を注ぐ馴れ合い体制が誕生。
 しかし、その馴れ合いに我慢ならなかったのが“レイテルパラッシュ”搭乗者。勇者へ個人的な依頼を行う。
 それは、アルテリア・クラニアム防衛。アルテリア・クラニアムもエネルギー供給施設であるから、ここを抑えられることは完全なORCA旅団と企業連合の共生関係が完成することを意味するのである。
 ラインアークとクレイドルの馴れ合いが造りだす社会には、これまでの戦いの意味などなにもない。やがてラインアークとクレイドルは統合し、それに反旗を翻す存在が現れる。
 そうなれば、永遠に生命と資源を浪費するまやかしの「経済的発展」が繰り返されるだけだ……。
 そう考えたのかもしれない。その真意は勇者にはわからない。ただの予想だった。

 しかし、勇者の答えは決まっていた。

 疑惑だらけのオペ子が突然
「つくづく甘い男だな、お前は。
 だが、そんな男が傭兵というのも、悪くない」
 とか発言。オイオイ、この間の真っ黒発言はどこに置いてきたんだ。

 やはり腐っては生きられぬか、と語るORCAのネクスト。接近戦を勇者に挑んだネクストは狭い通路に誘い込まれ、パイルバンカーの一撃で撃破される。
 その間に、もう一機のネクストも“レイテルパラッシュ”に撃破された。

 企業は二人のネクストに賛辞を贈り、ORCA、ラインアークは滅んだ。地上は引き続き企業戦争と資源採掘の場所となり、上空には忘れっぽい人々を乗せ、クレイドルが悠々と翼を広げていた……。

 糸冬


 Ending1だそうです。最初はなんだこのクソゲー、と投げ出しそうになることが多多ありましたが、なんとかクリアまでこぎつけました。
 これまでのアーマード・コアシリーズとは一線を画す操作性ながら、慣れればなんとかなるのかなぁ、という思いと、パイルバンカーと連装ミサイルだけでほとんどクリアしちゃって、なんだかなぁ、という思いが……。
 ラインアーク、クレイドル、アームズフォートとかもなんかもロマンを感じるSF設定なんだけど、特にアームズフォートがあまりにも簡単に破壊できて、もったいない感じを受けた。
 まあ「排除君事件」や「虫End」よりはましだったか。マルチエンディングだそうなので、他の結末も模索してみることにしましょうか。
 装備とお金が引き継がれるから、弾切れにも悩まされずに済みそうだしな!!

 というか、ホントに120ミサイルとパイルバンカーでクリアしたようなもんなんだけど、いいのか、これ。いや、いいんだな。

傭兵 | 09:19:26 | Trackback(0) | Comments(0)
パイルバンカー“も”最強説
 土日は里帰りしてました。

 愛機“silverbullet”を一撃で破壊された勇者の怒りは相当なもの。もちろん対応策は「やるか、やられるか作戦」であり、こちらも一撃必殺を実現したアレ。
 そう、パイルバンカーです。
 近接武器であり、使用回数制限があり、有効範囲4(同時期に購入できるブレードは有効範囲14)の漢装備。
 ミッション開始>ゴツン ボボボボボ>ゴツン ボボボボボ>勝利

 ちょwww なんすかこの命中率www

 パイルバンカーがロマン武器の時代は終わったのだろうか、としみじみ。どうでもいいけど、今回の敵ネクスト搭乗者はなぜか関西語を喋ってました。

 次なる任務は以下の通り
  ・未確認AF撃破
  ・B7破壊
  ・メガリス破壊

 メガリスと言えばACE COMBAT4の最終ステージのアレですわな。重厚なバックコーラスと盛り上がりまくりの黄色中隊戦、そしてお約束のトンネルくぐり、いやぁ、懐かしい。
 というわけでミッションを受けようとするも、ラインアークの循環型電源施設なんだそうな。すくなくとも電子機器のある社会において電源というのはライフライン、生命に直結しかねない資源だ。これを破壊するというのは、ちょっと気が引ける。
 散々襲撃とかしておいて何をいまさら、と思われるかもしれないが、気乗りしないのは間違いない。
 次に、これまた以前襲撃したB7という採掘施設を破壊するというミッションの概要を聞くと、最深部にはコジマジェネレータがあって、施設内部ではプライマル・アーマーの減衰及び機体損傷が考えられるという。
 パス。

 未確認AF撃破にあたり、僚機を雇うことにした勇者だが、選択肢は
  ・有沢重工の社長
  ・メリーゲート
  ・セレブリティ・アッシュ
 正直、AFで苦戦したのはマザーウィルぐらいだったので、単独もいいかなぁ、とは思ったものの、報酬が15%とという安さが魅力のセレブリティ・アッシュを選択。

 出撃すると、彼がすげーベテラン的な口調で話し出す。
「俺の経験からすると、こういう任務ほど肩透かしだ。
 いつもの通りやればそれでいい」
 なんだコイツ、安い割りに凄腕なのか、とか思わせといて、突然
「え!? こんなに?
 無理だ、避けられねえ」
 と弱気発言。
 巨大なAFから四つの球体が浮かび上がり、緑色のとんでもねービームを出してきて超危ないが、なんだか球体(ソルディオス砲)はセレブリティ・アッシュを狙っているようなので、手早くギンダミサイルを叩き込んで破壊。
 二つ破壊したところで
「だめだ、撤退する。アンタもそうしたほうがいい。
 無理だぜ、こんなの!」
 と、逃げ出すセレブリティ・アッシュ。オイオイ。

 ソルディオス砲をなんとか回避し(一発喰らうと5000は持って行かれる)、ミサイルだけで砲台を撃破。オーバードブーストで接近して、護衛部隊に囲まれたアームズフォートにパイルバンカーで突撃。
 未確認AFの撃破を確認。ミッションクリア。

 ( ゚д゚) 一撃……だと?

傭兵 | 11:11:25 | Trackback(0) | Comments(2)
誤算に次ぐ誤算
 意外な出来事が発生するも、なんとかホワイト・グリントを撃破した勇者。次なる任務は以下の通り。
  ・レッドラム+スタルカ撃破
  ・第8艦隊撃破
  ・サイレント・アバランチ撃破

 ミッション名称から察するに、ネクスト2機、艦隊、ネクスト1機と思われるので、まずは第8艦隊撃破から。勇者は謙虚です。
 内容は、アームズフォート「スティグロ」と共同で第8艦隊を撃破する、とのこと。味方にアームズフォートとは豪勢ですな。しかしフロムソフトウェア製品の場合、シナリオ上くっついてくる味方は大抵やられ役。ギガベースや輸送部隊を襲撃してきたアームズフォートの実力を目の当たりにしている勇者としては、盛大な花火が上がらないとも限らないと警戒。

オペ子「スティグロは味方というよりライバルだ。このミッションの報酬は歩合制だからな。
勇者「そう来たか……。

 軽く意表を突かれた勇者にさらなる衝撃が。デザインから見て、どう見ても最初の頃のミミル軍港襲撃で破壊した新型アームズフォートです。
 本当にありがとうございました。
 なんかこう、自分の働きが無駄だった感がライバル意識を増幅。負けられない戦いになったようだな。
 ……などど敵対心を燃やすものの、水上をホバー移動して青白く輝く鎌状の髭で戦艦をなぎ払うスティグロに、突然馬鹿馬鹿しさを感じて消化試合風味の戦いに。クリア。

 次に選択したのが「サイレント・アバランチ撃破」だが、説明によると猛吹雪の中、狙撃に特化した装備で拠点を防御している部隊「サイレント・アバランチ」を撃破してくれ、というものだった。
 とはいえ、ネクスト戦を覚悟していた勇者にはうれしい誤算。新型のエネルギーライフル(弾数50)と例のミサイルで武装して出撃。なんなくクリア。

 なんだかんだで腕前上がってるのでは? などと調子こいた勇者が「レッドラム+スタルカ撃破」を受注、僚機にはヴェーロノークさん……と言いたいが、候補にいらっしゃらない(敬語)ので、ミサイル搭載との記述がある、メリーゲートさんを採用。

 ミッション開始>敵機出現>近接武器が“silverbullet”直撃>ボボボボボボ

 ( ゚д゚) ……一撃……だと?

傭兵 | 09:12:39 | Trackback(0) | Comments(3)
まさかの水没
 えー、ホワイト・グリント戦の前に確認しておきますと……。

 アーマード・コア フォーアンサーを開始するにあたり、環境設定で三つの項目をON/OFFできます。
  ・オート旋回(ロックオンした相手に向き合うように自動で旋回)
  ・オートブースト(水面上で自動ブースト)
  ・オートパージ(弾切れになった装備を自動でパージ)

 デフォルトは全部ONなのですが、旋回とパージはOFFにしました。オートブーストは水没して終了になったりすると悲しいのでONにしたわけですが、水上を移動するミッションはかなり多い。
 なにしろ最初のミッションですら、一番下は海面であり、落っこちてエリアアウトというわなも十分にありえるわけで、勇者の選択は間違っていなかったと言えるでしょう。
 腕前的な意味で。

 その最初のミッションで襲撃したラインアークへ、再び出撃する勇者。目標はラインアークの守護者、ホワイト・グリントの撃破。
 企業連合との対立をたった一人で可能にしたネクストへ、たった一人で立ち向かうのは無謀と、カラードランク1のネクストを勇者に伴わせた依頼主。
 早くも勇者空気の予感。

 とか思っていたら、なんとこのランク1ネクスト
「まあ、空気でも構わんがな」
 とか発言して勇者の神経を逆なでしてくれる。この野郎……。
 しかし、悲しいかな、ホワイト・グリントとランク1ネクストの戦いを必死に追いかけながら、肩の連装ミサイルを発射するしか出番がない勇者。
 泣ける。

 そうこうしているうちに、二機のネクストがエリア外へ向かう。オイオイ、空気の次は置いてけぼりかよ、と思っていると、なんとランク1ネクストのブースタがホワイト・グリントに破壊されたとかで、海中に没する。
 まじかよー、オートブーストONに……って、そうか、ブースタ壊されたのか。
 戦いを引き継いだ勇者はしつこくミサイル発射。

白「退いてください。既に結果は見えています」
勇「いいだろう、見せてみろ、その結果とやらを!!」

 ホワイト・グリント撃破。

 ミサイル最強伝説ktkr。
 もうこのミサイルでエンディングまで行けそうな予感すらしてきた。

傭兵 | 02:55:08 | Trackback(0) | Comments(0)
オペ子が黒過ぎる件
 不明ネクスト、というのは、旧世界の勇者も管理下に置かれている「カラード」という組織に属さないネクストのことだと思われるわけですが、彼らを「イレギュラー」と呼ぶ模様。……が、イレギュラーとは呼ばれてないし、どうなんだろう。
 かつての戦いでは常に勇者が「イレギュラー」呼ばわりされていたわけですが、カラードの名の通り、首輪つきであることについては抗えないようなので、まあ仕方ありませんな。旧世界の勇者なので支援を受けている特定の企業はありませんが。

 ちょっと前に襲撃したミミル軍港から、今度は脱出する旗艦ティターンを護衛する任務だそうで、ECMがコッテリ効いた状態ながら、艦列に先行して敵を撃破。
 防御力は強くないようで、ビームライフルで1-2発で片付く雰囲気。途中までは問題なく進むも、最後に4隻控えていた戦闘艦の砲撃でエラいダメージを喰ってしまい、修理費がかさむ仕様。
 何回かやり直したけれど、駄目だったのであきらめモードに。
 それはそうと、このミッション終了時点で、オペレータが

オペ子「くだらない任務だったな。まあ、次は襲撃を請け負うさ

 などと発言して勇者を震え上がらせた。なにこのヒト。黒すぎるんですけど。
 え、以前に襲撃しといて何を言うか? サーセンwww

 お次は「不明ネクスト+ノーカウント撃破」というミッション。ネクスト2機だと苦戦しそうだなぁ、と思うも、僚機を雇える模様。3機の候補のうち、ヴェーロノークというネクストが「支援に徹した機体」と書かれており、おそらくミサイルだと思ったので、採用。もう気分はマクロスザコです。
 ミッション開始>ミサイルの雨>ボボボボボボ×2

 ( ゚д゚) ……10秒……だと?

 ヴェーロノークさんはミッション終了後に

「あなたと共闘できてよかったです。
 私一人では、とても歯が立ちませんでした。
 縁があれば、また味方として会いましょう」

 と仰る。勇者のヴェーロノークさんへの好感度がうなぎのぼりになったのは言うまでもありませんね。フラジールの野郎に爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。

 暖かい気持ちになって帰還した勇者へ、次なる任務が提示される。しかも一個。前回の経験から、おそらくChapter-2が終わるという感じでしょうか。
 それは「ホワイト・グリント撃破」……。

勇者「ホワイト・グリント。ラインアークの守護者……。
   前回、留守を狙った借りがあるからな。正々堂々、勝負してやる」

 続く

傭兵 | 10:55:57 | Trackback(0) | Comments(0)
板野サーカス
 マザーウィルを撃破した旧世界よりの勇者の駆る愛機“silverbullet”が全長1500mの巨大兵器を単独で撃破した……。多分アレは新聞の一面に出てもおかしくはない出来事だと思うのですが、それはともかく、Chapter-1が終了。

 意外にも平常勤務でミッション一覧が表示される。
  ・GA輸送部隊救援
  ・プロキオン排除
  ・不明ネクスト撃破

 オーダーマッチというやつでブレード攻撃で勝利した実績はあるものの、やっぱり強いだろうなと思い、まずは輸送部隊救援の任務へ。
 なんでも、砂漠を移動中の輸送部隊がアームズフォート部隊に強襲されたという状況らしい。
 ヒトコトで申し上げて、アームズフォートって巨大兵器でしょ? 機動性から考えて、輸送部隊が逃げられないわけないとおもうんだけど……。と、ブツブツ文句を言いながら出撃。オーバードブーストでアームズフォートに肉薄してブレードでメッタ斬り。
 二台のアームズフォートを撃破して、あとはアームズフォートの護衛部隊を丁寧に撃破して終了。

 プロキオン排除は、トンネル内部に設置された高出力のエネルギー砲台を、死角へ回り込んで撃破する任務らしい。正面からは危ないので、迂回するわけだが、迂回路には護衛部隊がいて、また弾薬が足りないのでブレードでバッサリ作戦に切り替えるのだが、今度は装甲がもたない。ボボボボボボですよ。
 ここでブチ切れた勇者、オーバードブーストで正面から突撃したところ、砲台は連射がきかないようで、真横まで接近できた。
 ブレードでバッサリ。撃破。

 ( ゚Д゚) 作戦に異議アリ

 次の不明ネクスト撃破は大苦戦。これまでに唯一倒したネクストはオーダーマッチで、しかも相手のミサイルが弾切れになるまで回避してブレードでバッサリだけだったのだが、これは相手の武器がパイルバンカー、通称「とっつき」だったせいもあった。
 今回の相手はミサイルをぼんぼん撃ってくるので、接近すると連打を喰らってボボボボボボ必至。なにこれ。
 僚機を雇ったら「私だけでも敗率は皆無です。あなたは戦わなくても結構です」とか言われてカチンと来た。しかし、単独で出撃するよりはマシな感じになったので、次は機体構成を考え直すしかないという結論に。

 敵のミサイルが強いというか、今回のアーマードコアは「プライマル・アーマー」というシールドを展開しており、ちまちま喰らう分にはダメージが少ないが、連続で攻撃を受けると、プライマル・アーマーが減衰して大ダメージになる。そのため、連装ミサイルが全弾命中とかするとマジで涙目。
 それならこっちもミサイルだな、ということで「誘導性能が良いミサイル」を両肩に搭載し、出撃。マクロスに出てくるザコのごとくミサイルを発射する勇者。

僚機「勇者、あなたは戦わなくても結構ですよ」
勇者「(黙れ)……。
   喰らえ、ギンダミサァァァァイル!!」

 突撃してくる敵機に雨あられとミサイルを叩き込む勇者。距離がつまるや、オーバードブーストで作戦エリアの逆サイドへ移動し、さらにミサイル発射。
 このミサイル、120発装填されており、これまで弾不足に悩んでいた勇者のストレスが一気に発散した。ズドドドドドーン。

敵機「雌伏のまま、ここで生涯を終えるというのか……」

 オワタ。

勇者「ACの性能の違いが、戦力の決定的差でサーセン」
敵機「ボボボボボボ」


傭兵 | 10:00:05 | Trackback(0) | Comments(2)
いっぱしの傭兵
 これが旧作のアーマードコアだったらとっくに機体の修理費で借金まみれになって強化人間にされているところですが、今回はセーフティのようです。
 泣く泣く攻略サイトを探したのですが、これがまあ、ない。Wikiが充実しちゃって攻略本が売れないという悩みも出版業界にはあるようですが、Wikiが充実しているということはそれだけ多くのヒトがそのゲームに興味を持っているということなんですよね。
 わかっていただけると思います。言いたいことが。

 スピリット・オブ・マザーウィル(以下、マザーウィル)ですが、砲台を破壊すると全体へダメージが蓄積しちゃうYO! という不思議構造であることがブリーフィングで知らされていましたので、せっせと砲台を撃ち落していたわけですが、弾薬が足りない。
 エネルギー兵器を両腕両肩に装備しても30,30,10,10の合計80発。砲台一個壊すのに4発ぐらいは必要で、それも外したりするとさらにきつくなる。
 なんかねー、ストレスなんですわ。
 しかたねーからライフル購入してパスンパスン撃っているうちにミサイルがわんさと降って来てボボボボボボするわけで。

 全部撃ち尽くしても倒せないか、あるいは上空から雨あられのように降ってくるミサイルでボコボコにされるかの二択をひたすら繰り返していたわけですが、もう逆転の発想で、まずミサイル発射口を破壊して、それからじっくりぶら下がり砲台をブレードで斬る方針に転換しました。
 空中を飛び回りながらライフルでミサイル発射口を次から次へ破壊。すごい弾幕でガシガシ装甲がけずられるも、がんばって破壊していると、

「第五ブロック火災発生!」
「第三ブロックもです!」
「各部耐熱限界突破しました!」

 とか騒ぎはじめ、ミサイルが降ってこなくなったので、マザーウィル上部の巨大な砲台二箇所を念入りに射撃して破壊したところ、マザーウィル撃破。

 ( ゚д゚)ポカーン

 砲台を破壊すると全体にダメージが蓄積する? 俺が壊したのミサイル発射口なんですけど、なにこれ、日本語の問題?
 オペレータが「お前もいっぱしの傭兵になってきたな」とかほざいてましたけど、てめーは早くいっぱしのオペレータになれよ。

傭兵 | 11:14:36 | Trackback(0) | Comments(0)
勇者貯金
 貯金にもいろいろあると思うのですが、最初は1円で、日数ごとに増えていって、12月31日には365円貯金しなきゃいけない恐怖の貯金箱。日ごろ「なぜか」小銭がじゃらじゃらの勇者が対策とて導入したものの、さすがに小銭が用意できず、最後のほうは三日分で1000ぐらい、とか、結構アバウトにやってました。
 思い起こせば2006年のことでした。

 そして2008年、またもや同じような貯金箱を買ってきてしまいました。それは、最初が366円(うるう年だから)で1円ずつ必要金額が減っていく、だんだん楽になっていくから挫折しにくいでしょ方式。
 いろいろ考えるもんですが……やはり1日に354円とか、忘れずに入れていくのは結構骨の折れる仕事です。1円足りないと悔しくてむしろ買い物行ったり。
 貯金しろと。

 そういうわけで、今年は計画的に、数学的に対処しました。
 というのは、

  366
  Σk = {366 (366 + 1) }/2 = 67,161円
  k=1

 であることは既にわかっているので、これを10日分に分割したらどうか? という問題です。具体的には、249円~240円を貯金する範囲の合計は、

          9
  240 * 10 + Σk
          k=1

 であることがわかります。これを計算すると、

  240 * 10 + 45 = 2,445円

 応用すると、基本的に10日分が X * 10 + 45円 で計算できるわけです。
 366円~360円までは普通に貯金し、以後、3,545円、3,445円と順番に入れていくわけですわ。硬貨で入れることを前提にしているので、500円玉貯めたりして。
 最初のほうは遅れ気味だったのが、だんだん金額がすくなくなるため、だんだん貯金速度が加速。
 本日、めでたく1年分を先取りしました。こんにちは 67,161円。
 使い道は決まってないよ。

 2006年にはパンパンだった貯金箱も、今回は500円玉多めの構成のため、まだまだ余裕のある感じがするので、引き続き貯めてみようと思います。

 X
 Σk = {X * (X + 1)}/2 = 100,000  だとすると、Xの値は……
 k=1

 えー、400と500の間のどこかです。多分。
 とりあえず400まで目指して見ますかな。

日常 | 12:44:09 | Trackback(0) | Comments(0)
命令するなら
 X61sに環境を移行して、まあ、これはさすがにもう使わないだろうと思ってインストールしてなかったんですが、結局、本日インストールしました。
 ぶっちゃけると eclipse という Java アプリの統合開発環境なんですが。
 1万2千行のログファイル4個から特定のログを抜き出して、処理結果の効率を計算するという仕事が回ってきたもので、プログラム書き書き。
 ホントは、似たようなヤツ書いてあるんですけど、なくしちゃった(テヘ

 最近のテキストエディタは優秀で、grepとかいろいろできるみたいなんですが、まあ趣味の問題と申しましょうか、いずれ日付を指定とか後付けで要求が増えるのは目に見えているので、そのたびに同じ作業をするよりは、ちょっとプログラム変更して走らせるほうが楽チンなんですよね。

 結果のほうですが、合計5万行弱のログファイルから有効なデータを抽出したらわずかに13セット。おかしくね? と思いつつ、報告したら、手を抜いたのでは? 的な目で見られたので、条件を再確認して、プログラム変更。
 データ的に無効な条件もあえて抽出したところ、4400件ほどの無効データも抽出され、テスト条件(というか環境設定)にミスがあったことが判明。ワロス。
 報告先は勇者がプログラム書いていることは気がついてない様子だったのですが、別にいうことでもないので放置。というかやっぱプログラム書いて正解。
 だって、少なくともあと1回は同じことやらされるよなぁ。

 テスト内容の指示が、とか、ちょっと離れたところで問題になってるみたいですが、テスト作業のような複雑な操作はやっぱり人間がやるしかない。単純な条件で膨大な処理を行わなければならない場合には、機械にやってもらったほうが楽だし早い。
 このログ解析コード、匿名で勇者組合にいくらかで売れたらいいのに。いや、やっぱり後が面倒なのでヤメとこ……。

 早く帰ってメイズと洒落込みたい。

日常 | 17:31:59 | Trackback(0) | Comments(2)
レイヤードよりの使者
 先日のアレは仕事関連のアレで、フロムソフトウェアを罵りたかったわけではありません。こんばんは。

 というわけで、多少時間が空きましたが、さっそくユニオンに辞表を叩きつけ、旧世界よりよみがえった勇者という設定に変更して、素人が火傷するかもしれないアレを選択。
 色が黒なんですけど、メインカラーを白にしたらそれで無問題でした。
 勇者の腕前をよく知る方々にはおわかりのことと思いますが、正直ブレードなんか使いこなす自信はまったくありません。
 でも、しょうがないんです。今はこれしか選択肢がないんです。

 ラインアーク襲撃ではまず最初に海面へ移動し、うろうろしていると自分で足場を破壊して敵勢力が自滅するのでそれを待ちつつ、次のエリアへ。
 さすがにそれで全滅はしないので、残りの敵をブレードで一体づつ斬り飛ばす。
 どうしてもダメージを受けてしまうのでランクはB。まあ我慢しよう。FREE PLAYをすることでランクageは可能なようなので、これは今後の課題とする。
 AFギガベース撃破のミッションはなんなく接近、ブレードで二回斬りつけたら撃破。SUGEEEEE 勇者の力SUGEEEEE。

 続けてレッドバレー突破支援のミッション。肩にプラズマ兵器を積んでいることがわかったのでそれをぶっ放しつつ接近し、ブレードでザックザク。
 対地ミサイル車両が一撃です。四足歩行の砲台も、二足歩行のMT(?)も一撃です。最後に現れる旧世代大型兵器もブレードでヒット&アウェイで難なくクリア。
 これはヤバイ。

 ミミル軍港襲撃では調整中のアームズフォート撃破して追加報酬、B7襲撃には稼いだお金でビームライフル購入して各個撃破。ワンダフルボディというACには苦戦したけど、ブレードで斬り付けると一瞬動きが止まるので、急速後退>斬撃を3回で撃破。
 勇者TUEEEEE 向かうところ敵なし。
 旧チャイニーズ・上海海域掃討に出撃して、再びギガベースがお目見えするが、多少タフくなっているだけで、護衛艦をプラズマライフルで沈めたらあとは接近してブレードで穴だらけにして撃沈。

 だんだん快進撃が仕組まれているような気がしてきたところ、案の定アームズフォート「スピリット・オブ・マザーウィル」出現。
 砲台のかたまりのようなアームズフォートなんだけど、砲台を壊すと全体が壊れちゃうらしい。ブリーフィングでは「杜撰な設計」とか説明してたけど、むしろそんな設計、どうやってやったのか知りたいよ。
 こいつには、例の超すごいブースタ装備して突撃するわけですが、まあコツはつかんでいるのでそこは問題ない。
 問題は、接近した後、砲台が多層構造になったアームズフォートの裏側に設置されているので、どうみてもブレードは届きません。
 本当にありがとうございました。


 ……えー、これ……(口ごもる

傭兵 | 23:10:22 | Trackback(0) | Comments(2)
既知のバグ
 えー、本日、Microsoft PowerPoint にて作業中、オートシェイプを右クリックしてツールメニューを出そうそしたら、PowerPointが落ちる現象に遭遇しました。
 こういった問題へは(各所から持ち込まれるので)慣れている勇者のこと、まず直近の変更点について検討します。

 1.Windows XP SP3を適用
 2.メモリ1GBを追加
 3.そもそもThinkPad X61sに変わった

 関係ありそうなものはありませんな。と、いうことでOfficeを再インストール>解決せず。WordとかExcelでオートシェイプを右クリック>問題なし。
 メモリを外す>解決せず
 他のPCで同様の操作>再現せず

 「PowerPoint 右クリック 落ちる」で検索>まさかの( ゚д゚) 記事該当
----------
   この現象は以下の条件を満たす場合に発生することが確認されています。
    ・PowerPoint がインストールされている ローカル ハードディスク ドライブの ファイルシステムが NTFS である。
    ・PowerPoint がインストールされているローカル ハードディスク ドライブの ボリュームラベルに 2 バイト文字が含まれている。
----------

 上記の条件、両方該当しており、ThinkPad X61sのCドライブのボリュームラベルは「ローカルディスク」……ハイ、2バイトですね。ファイルシステムをNTFSから変更するのはどうかと思うので、ボリュームラベルを「Disk」に変更してみました。

 解決

 ( ゚д゚) ゚д゚) ゚д゚) ジェットストリームポカーン

 ( ゚д゚ ) ゚д゚ ) ゚д゚ )

日常 | 15:28:37 | Trackback(0) | Comments(8)
古の故事
 やおよろずのかみさま、勇者はまだ修行が足りません。怒りで我を忘れそうです。
 穴があったらそこへ思うさま罵声の限りを尽くし、やがてその穴を埋めた後に葦が茂り、風が吹くたびに罵声をリピートしたとしてもかまうもんかというほどの怒りです。(王様の耳はロバの耳的な意味で)
 わかりにくくてすみません。寝ます。

日常 | 23:04:36 | Trackback(0) | Comments(2)
勇者 for Answer
 どうせならACE COMBAT6もネタにすればよかった。こんばんは、勇者です。紆余曲折ありまして、本日、書棚を購入して配送の手配を行いました。床に積んである書籍類がすっきりすればお客さんがきても大丈夫な部屋作りが一応完了するというものです。
 え? 一年もかけるな? ごもっとも。

 それで、久しぶりに実家に帰ったこともあり、近所のWonder Gooに出かけました。ポイントカードは当然期限切れになっておりましたが、とにもかくにも、本日は何か衝動買いしたい気分。
 候補は
  1.バイオハザード0 Wii版
  2.アーマードコア4A X箱360版
  3.スーパーマリオDS
 となっており、結果としてはアーマードコアにしました。

 アーマードコアはネクサスのあたりで「排除君事件」や「虫END」などの所業によりフロムソフトウェアの株は大暴落。新作を購入することはあるまいと思われておりましたが、X箱360がいつまでもACE COMBAT6専用になっているのはもったいないということと、FC2ブログの仕様で最初に作成したカテゴリは削除できないために、いつまでも「大暴れ大会」が記事数0で放置されているのはナニということで、一挙両得を狙ったものです。

 ある意味、ゲームキューブの恨みがフロムソフトウェアのシナリオ上の所業を上回ったといえる結果ですが、この結果さらにフロムソフトウェアの評価が下がる可能性もあるわけで、予断を許さない状況であると言えるでしょう。

続きを読む >>
傭兵 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad