■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
勇者のハンバーグトマト煮込み
 こんばんは。“料理の道も一歩から”勇者です。本日は何故か若干お腹の調子が悪いのですが、食欲は衰えないため、以前より計画していたハンバーグトマト煮込み。

 材料は以下、ホールトマト缶詰(400g)と近所のスーパーで売っている怪しいハンバーグ(1個あたり100円なうえにさらに40-50%値引きされる)と調味料。
090330_11.jpg
 値段の秘密はおそらく売れ残りの肉を加工してるからだとは思うのですが、まあいいでしょう。

 3個のハンバーグを6個にこねなおす。食べ安さと煮崩れ防止を両立。
 焼き。
090330_12.jpg

 両面に軽く焼き色をつけたら、ホールトマト缶詰投入。
 しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2。塩胡椒少々。

 ぐつぐつ。
090330_13.jpg

 ちなみに、ホールトマトはかなり原型をとどめていたのでフライ返しでつぶしました。

 完成。
090330_14.jpg

 まじウマスでした。ごちそうさま!

日常 | 22:36:32 | Trackback(0) | Comments(2)
AoE3 イギリス
 つまり、イギイギということです(挨拶

 最近、チップも記事に書いていますが、結構頻繁にエイジオブエンパイア3やってるんです。歴代シリーズもかなりやりこみましたが、本作もかなりやってますね。
 でも界隈のメンバーと一緒にCOMと戦ってると、難易度「難しい」の+1で結構負けたりするんですよね。侮れない。
 例:チップ&勇者チームvsCOM3人

 普段、イギリスは大佐がメインで使用しているのですが、大佐が不在のときはイギリス使うこともあります。もちろん勇者のメイン文明は日本なのですが、チップが日本メインなので比率的にはインド多めの印象です。
 それで、イギリス使ってて、どうにもパンチ力に欠ける(大部隊同士で激突すると押し負ける)なぁと感じていたので、愚痴ったんです。

勇者「イギリス、なんか兵士弱い感じ
れなは「弱いよ
チップ「ハサー使えよ

 とのこと。ハサー……コスト高い。とはいえ、何でもやってみるのさ、の心意気で、基本戦略を少し変えたらびっくりするほど強かったので、以下、紹介します。

-----

1.イギリスの特徴
 ・マナーハウスを建設すると町の人がひとりおまけでついてくる
  (ただしコストが高い=材木135 これは「バージニア社」のカードで87に軽減可能)

 ……ぐらいか。基本セットに含まれている文明なのであまりはっちゃけた特徴がない。

2.イギリスの戦力
 ■歩兵
 ・長弓兵 … 歩兵に強い遠隔歩兵(射程距離が長い)
 ・矛槍兵 … 騎兵と建物に強い
 ・マスケット銃兵 … 騎兵に強い遠隔歩兵

 ■騎兵
 ・ハサー … 軽騎兵
 ・ドラグーン … 騎兵に強い遠隔騎兵

 ■砲兵
 ・擲弾兵、ファルコネット砲など各種

3.基本戦略
 町の人が6人いるので4人は近くの動物を狩猟し、2人で資源箱を回収。回収が終わったら、一人は金を掘り、もう一人は伐採して材木をGet.並行して町の人を4人作成する。
 作成した町の人は伐採により材木を入手させる。材木に余裕があるなら、マナーハウスを先行して1軒造るのもアリ。
 最初の搬送で「バージニア社」を選択してマナーハウスのコストを「材木135」から「材木87」へ減らしたら、ひたすらマナーハウスを建設する。マナーハウスを建設すると町の人がおまけでついてくるのでこの人たちも伐採に割り当てるとよい。
 発見の時代>植民の時代 に進化しながら、限界までマナーハウス建設。食料を消費せず、時代の進化も止めずに町の人を増やせるのがアツい。

 この流れでやっていると、植民の時代は材木>食料>金貨みたいな経済状態だと思われるので、長弓兵(食料60 材木40)とマスケット銃兵(食料75 金貨25)を10人ずつぐらい作成して、伐採から粉引き小屋へちょっとずつ人員をスライドさせる。
 植民の時代で町の人5人(その他、カードで9人ぐらい町の人を調達したい)ほど追加で採掘要員を増やしておくと、食料>金貨>材木に変わるので、要塞の時代に進化しつつ、ハサー(食料120 金貨80)を作成するという流れ。
 あとは上記3種のユニットを状況にあわせて作成し、傍らで擲弾兵やファルコネット砲を準備すれば完璧。
 歩兵は長弓兵、騎兵はマスケット銃兵、砲兵はハサーで倒す。
 ※コマンチ族の集落があったら、交易所を立てて研究をすると移動速度とヒットポイントがup

 が、あまりにも敵の砲兵が多すぎる場合は、ハサー20が一瞬で蹴散らされるという悲しい体験をするので注意して欲しい。まあそんな状況だと、だいたい負ける。

4.負けパターン
 長弓兵がカードを使わない限りは一段階しか研究で強くならないので、終盤の戦いでは力不足の感が否めない。圧倒的多数の敵にはなすすべなく潰されることになる。
 そうなるとだいたい負ける。いや、他の文明も同じか……。

5.チーム
 ・マスケット銃兵のヒットポイントと攻撃力が上がるカードがあり、
  同じチームに日本がいれば足軽、インドがいればセポイの攻撃力とヒットポイントup
 ・マナーハウス、家、社(日本限定)の建設が一瞬で完了するようになる

 ……といったところでしょうか。

傭兵 | 15:24:33 | Trackback(0) | Comments(2)
モーニングカルボナーラ
 先日のミートソース発掘とほぼ同時に、カルボナーラソースも出てきちゃった関係で、とりあえず早めに食べてしまわないといかんな、と思って、朝からカルボナーラ。

 しかも2人前ね。
090330_01.jpg

 な、なん……だと……?
090330_02.jpg

 ふぅ、ごちそうさま。
090330_03.jpg

日常 | 09:20:55 | Trackback(0) | Comments(4)
勇者の手抜きカニちゃー(ちょっと失敗
 本日は手抜きちゃーはん(包丁使用禁止)にチャレンジしつつ、ホタテの缶詰と間違えて買ってきたカニの缶詰を消費すべく、以下の材料を揃えました。

 半額だった冷凍ミックスベジタブル、カニ缶、タマゴ。
材料紹介

 ミックスベジタブルを炒め、塩コショウを振って、米1合を投入。ほぐします。
 その隣にはときタマゴすたんばい。一個だとなんかさびしかったので二個に増強しましたが、これが失敗その1でした。
タマゴ投入

 タマゴが多すぎてなんかおじや風になってしまったところへさらにカニ缶投入。
カニ投下
 カニエキスでさらに湿っぽく……。

できあがり
 できあがりは、一応ちゃーはんぽいですが、ちとしっとり風味。パラパラごはんを理想とするちゃーはんとしては今ひとつの出来上がりでちょっとしょんぼり。

 味は普通でした。
 ごちそうさま~。

日常 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
確かな満足
 ――これまでのあらすじ

 某組織より勇者組合による魔王封印計画(呪文書288枚)のために腰を低くして招聘した賢者たちは「人が足りない」「時間が足りない」「間に合わない」の呪文を連発し、勇者組合の幹部連中を混乱させていた。
 魔王封印は勇者組合の至上命題。これを失敗させるわけにはいかないが、賢者たちの言い分に納得のいかない上層部は決断をすることができなかった。
 しかし、何もせぬわけにはいかず、勇者ギンダマを賢者たちの指揮下に投入した。勇者に与えられた命題は魔王封印のために賢者たちをサポートすることだったが、賢者たち(押付さんと上役さん)の「とっととギンダジェノサイドでも喰らって撤退を余儀なくされ(た振りをして)某組織に帰り、勇者組合の低能どもには我々の仕事は理解できないと報告すればテラ楽勝www」という遅滞戦術に引きずり込まれ、消耗戦を強いられることになった。
 必殺のギンダジェノサイドが賢者たちを利するだけだと理解するも、技を封じられた勇者ギンダマはいかに戦うのか……!?

 第20話「焚け、反撃の狼煙」

 荒涼とした勇者組合の事務所。二人の男が対峙している。

勇者「お久しぶりです、押付さん。6連休は楽しかったですか?
押付「それなりにね。しかし、ギンダさんは勘違いをされているようだ。
勇者「?
押付「私は先週、金曜日もお休みを頂いたのでね。7連休だったんですよ。
勇者「……外道め。
押付「ククク……週休5日制は勘弁してくれと、あなたは言った。
   しかし6日がダメとは言わなかった。気に入らないかね?
   気に入らなければ、お得意のギンダジェノサイドでもするかね?
勇者「挑発のつもりか? へたくそめ。あなたには進捗会議に出席してもらう。
押付「進捗会議……だと……? 上役だけではなく?
勇者「そうだ。あなた……いや、きさまには、とっておきを喰らわせてやる。
   ……ギンダジャッジメント、を。
押付「!?

 ――進捗会議

国王「本日は魔王封印計画の進捗について聞かせてもらえるはずだったな?
元老「賢者さま、つまり上役さんと押付さんの支援にギンダマを投入しました。
   本日はギンダマよりご報告をいたします。
   よろしいな、ギンダマ。
勇者「はい。資料はお手元に。
   簡潔に申し上げますと、魔王封印のために、呪文書は4つの段階を踏んで
   設置し、結界を作る必要があります。
   第一段階は92%、第二段階は80%の進捗です。

 ざわめく一同

国王「ぶっちゃけ魔王復活には間に合いそうではないか?
元老「左様でございますな。
   しかし……ギンダマ、なぜ第三段階、第四段階のご報告をせぬ?
勇者「……第三段階は、進捗0%にございますれば。
元老「なぜ第三段階に進まぬ?
勇者「その要因は、上役さんが良くご存知ですので、そちらに。
上役「……。
元老「上役どの、どういうことですかな。
上役「……第三段階は、第二段階で呪文書より生成された石版の内容を確認し、
   修正する段階ですが、……修正のために必要な情報が足りませぬため……
元老「今更、言い訳は無用に願いたい。情報が必要ならば手に入れるか、
   手にいれる方法を考えるのがあなたの役目であったはず。如何か?
上役「……それは……その。
国王「話しにくければよい。勇者よ、構わぬから、第三段階に進まぬ理由を述べよ。
勇者「修正に必要な情報は全て押付さんが握っており、彼が年度末ゴールデンウィークを
   満喫していたからです。それも2回ほど。
   さらに申し上げれば、そもそもこの情報が第一段階の時点で存在すれば、
   第三段階の予定作業は激減していたはずなのです。
押付「……!!
国王「押付どの、年度末ゴールデンウィークは、今更とやかくは言わぬ。
   なぜ情報を出してくださらぬ?
押付「……それは……1万行以上の情報から必要なものを抜き出したり……。
   非常に手間のかかる作業でありますれば……。
元老「たわけが! この一ヶ月、ギンダマが288の呪文書における魔術要素12万から
   様々な問題解決をしてきたこと、知らぬとは言わせぬぞ!
   しかも生成された石版の精度については試験も保証も不能と申していたのに、
   ギンダマを投入した途端、どうだ、勇者が試験と修正のメドをつけた。
   にもかかわらず、この期に及んで、第一段階で存在すればなお良しという情報を、
   今現在、全く出せぬという話が通ると思ってか!
押付「……。
元老「それとも何か、そもそも第三段階の予定がなかったということは、きさまら、
   はじめから魔王封印を失敗させるつもりだったのだな!?
上役「いや、それは……。
元老「第三段階なしで魔王封印が成功するなどと、今、誰が信じる!?
上役「……。
押付「……。
国王「元老、落ち着くのじゃ。
   ……勇者よ、ご苦労。下がって良い。
勇者「はっ。

 退出する勇者。二人の賢者――さしもの勇者も、今では「自称」と頭に修飾語をつけることにしていたが――には視線もやらなかった。

国王「ところで、先月、ギンダマを投入することに決めた時のことだが、――

 上役がどのような人員を要求していたか、勇者は元老から聞いていた。彼らは5人を追加で要求していたらしい。それでも間に合うかどうか怪しい、と。
 彼の要求した人員、提供された人員(勇者だ)、それによってもたらされた予想と結果のあまりにもかけ離れた差異に、彼はどんな言い訳をするのだろうか。
 おそらく、後ほど元老に訊けば教えてくれるだろう。ギンダマは大きく背伸びをした。
 勇者の敵を包囲殲滅する「ギンダジャッジメント」は発動し、これからじわじわと効果を拡大しながら賢者たちを蝕むだろう。勇者が使用するには少々陰湿ということでほぼ禁じ手扱いだった儀式魔法だ。
 発動には苦労したが、苦労した甲斐はあった。

 ――数時間後

元老「ご苦労。来週アタマに情報を出すと約束させた。引き続き頼む。
勇者「はい。……ところで、要求と結果のギャップについてはどのように?
元老「ん? ああ……つまらない理由だったよ。
   『標準的な賢者組合の人員よりも勇者が5倍優秀だったのでは』だ、そうだ。
勇者「んなわきゃーないwww
元老「5倍活躍したということで良いではないか。
勇者「八面六臂とまではいかず、恐縮です。
元老「こやつめ、誰が上手い事を言えとwww
勇者「wwwwww
元老「さっきの発言も含めて、賢者組合に報告する。
   あなたのところの賢者は5人でようやく勇者1人ぶんって本当ですか、と。
勇者「ちょwww

 ちょっとスッキリしたので、以上、ぼやかしつつご報告。
 今夜は早く帰れそうです。ただ、来週アタマに情報が出てくるなんてことを信じるほど、勇者は甘くないぜ。

日常 | 15:36:18 | Trackback(0) | Comments(3)
絶賛テンパり中
 一言だけ。
 押付さん、だから月火水と休む週休5日制はやめてくださいと、あれほど申し上げたはずですが。

日常 | 23:55:12 | Trackback(0) | Comments(3)
祝 日本二連覇
 先程、勇者組合の喫煙所からすごい歓声があがり、何の騒ぎだと思ったら日本勝利だそうです。
 某国とのしつこすぎる戦いは決勝まで引っ張ったようですが、さすがの日本。延長戦からとどめはイチローと、何このスポ根展開という気持ちですが、正直感動した。
 いやー、めでたい!

 勇者組合ではバンザイ三唱でした。

日常 | 15:40:39 | Trackback(0) | Comments(0)
勇者の次の戦いに(ry
 バイオハザード4 ギンダマエディション中断のお知らせ。

 とりあえず書きながらプレイでもしようと思っていたのですが、ついついクリアしてしまいました。あまつさえ二周目に突入し(所持品とお金が引き継げるのでかなり楽)、これもクリア。
 やりすぎだろ、常識的に考えて。一週目は16時間、二周目は10時間ほど。
 村人ハザードから修道士ハザード(邪教ハザード)、さらには軍人ハザードへストーリーは展開するのだが、村人が鎌、フォークなどで武装し、修道士がモーニングスターとクロスボウを使うのは良いとして、軍人さんまでモーニングスター持ってきたときはちょっとどうかと思った。
 が、ガトリング砲で攻撃されたときは「すみません、モーニングスターでお願いします」と悔い改めた。あと、電磁警棒みたいなやつも軍人さんは持ってくる。あれは視覚的に相当やばいので遠くから射殺する。

 ところで、本来、修道士というのはキリスト教の僧侶的立ち位置のヒトをさす言葉であるが、十字軍遠征の折、教皇の誰だったかが「クロスボウは残酷すぎるので使用禁止な」とかお触れを出しているので、修道士と呼ぶのは良くないのではないか。従って、以後は邪教徒と呼称する。
 まあフレイルとかで頭蓋骨叩き割るのはセーフというんだから、残酷という言葉の定義について考えさせられるエピソードである。どうでもいいか。

 武器については、ハンドガン(初期装備>ブラックテイル)、ショットガン、マシンピストル、マグナム、ボルトアクションライフルでクリアした。ギンダマエディションでwktkしながらギンダマがライフルを装備していたが、基本的に想定したような使い方はできないので注意が必要である。
 遠くの敵をヘッドショットしたら、マップの敵が全員襲い掛かってくる仕様なのはいかがなものか。結局は狭い通路におびき出してショットガンで吹き飛ばす場面が多かった。その救済というわけでもないだろうが、終盤にライフルでないと(効率的には)倒せないやつがたくさん出てくる。こいつとの戦いは恐怖と興奮でもうアドレナリンが半端ない。が、ボルトアクションのライフルでは倒しきれないことが多かったので、二周目はセミオートのライフルに変えてみたところ、手ぶれも少なく、大変に楽勝だったが、その分アドレナリンは抑え目である。ボルトアクションは漢のロマンということであろうが、生き残るためにはセミオートのライフルをお勧めする。
 あと、序盤はライフルいらない。

 マグナムは安心の威力を誇るので全力で改造するべき。

 手榴弾、焼痍手榴弾、閃光手榴弾の三種類については、あまり温存せず、チャンスと見たら使うほうがよい印象だった。所持に2マス消費する(ハーブ、弾薬も2マス)ので、溜め込むとインベントリを圧迫する。
 手榴弾と焼痍手榴弾は使いどころは同じだと思うのだが、焼痍手榴弾のほうが優秀だと思う。手榴弾は吹き飛ばし効果があるが、密集している敵をわざわざバラけさせるよりは、ショットガンで一網打尽にしたほうが何かとよいし、焼痍手榴弾を5人ばかり集まっているところに放り込むと全員同じ振り付けで踊り狂う苦しみつつ足止めできるので便利。
 特にチェーンソーのおっさんが相当なタフガイで正直対応に困るのだが、ダウン時間が長め(おそらくその間に逃げろということであろうが、倒すとお金がガッポリであるので殺戮するべきである)なのでダウンしたところを焼痍手榴弾がかなり効いたような感じがする。
 閃光手榴弾は、プレイヤーが操作に慣れた頃合を見計らって、村人の中の人が解禁されるのだが、どうも中の人は光に弱いらしく、中の人が同時に二人ぐらい出たときにはためらわず閃光手榴弾を投げつけるべきである。だいたいこの一撃で中の人は逝去するし、まだ中の人が出ていない連中も目がくらんで足止めになるので非常に便利である。
 ちなみに、武器商人は手榴弾を2000PTASで買ってくれるので、勇者的には手榴弾は換金アイテムという位置づけだった。もっといい使い道があるのかもしれないが。情報求む。

 これまでのバイオハザードシリーズでは、基本的に「頭を吹き飛ばせば安心」という暗黙の了解があった。そりゃお前、脳を破壊されたらさすがに無理だろ、という考え方であり、当然そう思ってギンダマは頭部に弾丸をブチ込んでいるわけである。しかし、これを覆すのが中の人の存在である。
 頭を撃った時と胸を撃った時でダメージに違いがあるのかどうかはわからないが、下手に頭を撃つと中の人が登場しちゃって逆にピンチ、みたいな場面も多々ある。
 終盤はむしろ頭を撃たないようになるが、明らかに胸を撃ったのに頭が吹き飛んで中の人が出てくるようになるとやるせない気持ちで閃光手榴弾を懐から取り出すような按配である。さらに進んでもう俺は脚を撃つよ、みたいな気持ちにもなったが、それによってある強敵が脚を撃てば楽勝であることが判明したり、世の中悪いことばかりではないと思わせてくれる。

 未使用の武器としてはライオットガン(ショットガンの上位版)、セミオートショットガン、マインスロアー、マグナム(キラー7)などがあるが、あまり食指が動かない。
 それから、バイオハザード4での致死率が最も高いのはこういった通常戦闘ではなく、イベント中のボタン押しであることは最後に付け加えておきたい。ミスるとだいたい即死する。
 まあやり直しが直前からなのでほとんど問題はないと言えるかもしれないが、悔しさはある。

 そういえば、FPSでは3D酔いした勇者がこちらはほとんどその症状が出なかった。
 不思議なものである。

日常 | 13:05:26 | Trackback(0) | Comments(0)
biohazard4 でかい村長
 なんと前回までの内容でChapter1-1でした。

 バイオハザード4 Wiiエディションは、Wiiコントローラの特性を生かし、自分で照準がつけられるようになっており、限りなくレオンの気持ちを味わえます。あと、これまでのシリーズでゾンビさんに拳銃弾撃ち込みながら「頭を狙え、頭を」とか「相手の『生』そのものを一瞬で断ち切らないと、こちらがやられる……。一瞬でな byジェイク・マローン」みたいに思っていた勇者にも朗報すぎる出来栄え。
 これPS2版とかだとまた操作性ぜんぜんちがったんだろうなぁ、と思います。

 バイオハザード0に引き続き、アイテムボックスはないのですが、その代わりに「アタッシュケース」を持っており、武装と回復アイテムとこれに入れるようになってます。マビのインベントリみたいなイメージ。
 お金と宝石や宝物、鍵類も出るのですが、こちらは所持制限がない模様。
 武器弾薬を多めに持つと、回復薬の場所がなくなり、かといって回復薬だけでは敵を倒せないというジレンマがまた緊張感を産んでいるのと、アタッシュケースの中で武器と弾薬を組み合わせることでリロードができなくなっている(?)のが、またシビれる。
 大勢の敵が来ても、リロードが隙にならなかったこれまでのシリーズとはちょっと違うぜ!

 ……ここまで書いてきて、思ったけど、これかなり別ゲーだな。まあアーマードコアも別ゲーだったし、変わらない良さもあれば変わったことで良くなった部分もあるということで。
 この操作性で5もやりたいが、Wiiで発売予定はないそうです。はいはい、カプコンカプコン。

続きを読む >>
傭兵 | 13:23:39 | Trackback(0) | Comments(0)
バイオハザード4 ハンサムなプー
 広場を避けて進んだギンダマは数秒もしないうちに、得体の知れない肥料のようなものをごそごそしている中年女性を発見し、足を止めた。どうするか、一瞬迷うが、彼女の背後を忍び足で抜けることにした。今回の村で最初に出会った(そして射殺した)男性は、かなりしつこく声をかけなければ振り返ってこなかった。彼女も同じであれば、作業に気をとられている今、こちらに勘付かない可能性もある。
(抜き足差し足忍び足……ちょっとネタ古いか)
「……ウゥアァァァオゥ!!」
 なんちゃって、と自分でツッコミを入れる寸前で、中年女性が奇声を上げてギンダマに向き直った。
「なに……ッ!?」
 腰の拳銃を抜き、中年女性に向ける。赤い目。彼女も同じだ。腰の鎌を大きく振り上げ、こちらににじり寄ってくる女性に、ギンダマは発砲した。肩に一発、鎌を取り落としたところで頭部へ、一発、二発、三発、グシャリと音がして、女性が仰向けにひっくり返った。
「よそ者だ!」
「やつはそこだ!」
 銃声を聞きつけたか、村人が数名、建物の影から姿を現した。
「オッパイのぺらぺらソース!」
「殺す!」
 翻訳こんにゃくのおかげでスペイン語はギンダマの耳から脳の言語野に達するまでに日本語へと変換されるが、今、明らかに何か違うことを口にした村人がいた。
「何を口走ってるんだ、オマエは」
 優先的に鉛玉を数発、お見舞いし、囲まれないように、村の入り口へ戻る。ここまでに数名の村人を排除してきた。入り口を背にすれば挟まれる心配はあるまい。
 殺気に満ちた村人たちに追われながら、村の入り口へ向かうと、予想に反して、数名の村人がやってくるのが見えた。農作業にでも出ていたのだろうか。
 舌打ちし、村の東の方角へ逃げる。すると、これまでに見てきた粗末な木製の建物ではなく、石造りの建物が見えてきた。うかつに踏み込めば追い詰められて万事休すという可能性もある。だが、ギンダマは建物のドアを蹴り開け、中に飛び込んだ。薄暗い部屋。人の姿(それが「人」であることを保証はしないようだが)はない。戸棚、農村には不似合いなスチール製の机、朽ちた木製の椅子。凝った調度品ではないようだ。奥にはさらに金属の扉が見える。
 手早くスチール製の机でドアをふさぎ、バリケードにして戸棚も机の上に覆いかぶさるように倒してしまう。それが終わると、奥のドアに向かう。ドアには南京錠がかかっていたが、ギンダマはためらいなく発砲して破壊する。おあつらえ向きに引き開きだ。
 その向こうには高いところにある小さな窓、粗末だが金属のパイプで作られたベッドがあった。
「よし……」
 ギンダマは通信機を取り出した。すぐさま才媛が応答する。
「どうしたの、ギンダマ?」
「村人に襲われている。どうやらまともな人間はこの村にはいないようだ。
 同行の警察官も殺害された」
「なんてこと……ギンダマ、北に村から抜けるルートがあるわ。そちらへ向かって」
「北だな、了解」
 通信を切る。建物の入り口に村人が到着したらしい。ドンドンと金属の扉を叩く音がする。ギンダマはベッドの向きを変えるべく、取り付いた。血のような染みのついたベッドで、いやなにおいもしたが、別にこのベッドで眠る気はなかったので、我慢した。今度はベッドを持ち上げ、高い窓への足がかりにすべく、壁へ立てかける。
「あ……ちくしょう、鉄格子か」
 ギンダマは逆光になってよく見えなかった鉄格子の存在に舌打ちをした。逃げられない。
「……虎の子なんだがなぁ」
 ギンダマはアタッシュケースから手榴弾を取り出す。部屋の入り口まで戻り、机と戸棚で塞いだ入り口が見える位置まで戻る。見守ること数分、村人はついに机と戸棚を力押しでずらし、ドアを開けることに成功した。
 そこへ、ギンダマが手榴弾を投げ込み、自分はドアを閉めてベッドのある部屋に引っ込んだ。

 爆音。

 間髪入れず、腰の拳銃を抜いてギンダマが部屋から飛び出す。戸棚は完全に砕け散り、スチールの机もずたずたにされている。それを飛び越し、蝶番を破壊されて建物の外に倒れたドアを踏みつけ、外に出る。数名の村人がひるんでいるところへ、銃撃を見舞い、倒す。
 建物に殺到しようとしていた村人は大半が手榴弾でほとんど原型をとどめない肉の塊になっていた。
 広場にはさらに数名の村人がいた。ギンダマはすばやく次の行動を考え始めたが、不意に、教会の鐘が鳴ったために、そちらへ視線をやってしまった。
「……まさか、さらに増援が来るってことは」
 しかし、その予想に反して、村人は呆けたような表情で教会へぞろぞろと歩き出し、ギンダマを残して誰一人いなくなってしまった。
「どういうことだ……」
 不審に思ったが、すぐに理屈で考えることはやめにした。常軌を逸した集団の思考など読めるはずもない。ハニガンの指示通り、村の北から逃げ出そう、と結論した。

 村の北の農場を抜け、隘路で村人に巨大な岩を転がされたりしながらも命からがら逃げ延びたギンダマは、コンクリートで造られてはいるが、すっかり苔むしたトンネルを抜け、半壊した民家に踏み込んだ。
 道を間違えでもしたのか、左右を壁に阻まれた落ち着かない場所にある民家に入る以外、道はなさそうだったのだ。民家の裏口か、いざとなれば壁を破壊して抜け出そう。そう考えた。
 半壊した民家に踏み込んだギンダマは、先程追い詰められた時のことを思い出すような音が、つまり金属の何かを叩くような音がしていることに気がついた。
(いやな予感……)
 それでも、音のするほうに向かうと、それはゴトゴトと動く金属のロッカーだった。
(先に射撃するべきか)
 迷う。しかし、村人が中に潜んでいて自分を襲うなら、わざわざ音は出さないような気がした。伸張に近寄り、観音開きのロッカーの半分に背中を合わせるようにして、静かに左手で取っ手を回した。
 ロッカーが開き、中から人(しつこいようだが、それが人間だとは(以下略)が転がり出てきた。
 拳銃を向けると、ガムテープで口をふさがれながらも、驚愕のまなざしでこちらを見、首を左右に振ってムグムグと何か主張した。目が赤くない。
 そんな判断基準でよいものかどうか、これから先はわからないが、とりあえず今はそれ以外に方法はないのだ。ギンダマはガムテープを勢いよくはがした。
「……ぷはっ おい、やさしくはがせよな」
「贅沢言うな」
 ギンダマは文句を言う男をうつぶせにし、後ろ手に縛られている縄を解いてやった。どことなくリアルチップを思わせるイケメンだった。キザなベストに白いワイシャツ、癖のある黒髪を長く伸ばしている。指には銀の指輪がいくつかあった。これがスペイン流なのか?
「あんたはほかの連中と違うようだな」
「あんたはどうなんだ、ハポネス?」
「どうだかな。俺はギンダマ。あんたは?」
「俺か、俺はルイス。ハンサムなプーさ」
 これがスペイン流らしい。

傭兵 | 12:54:17 | Trackback(0) | Comments(0)
バイオハザード4 村人ハザード
 小屋を後にしたギンダマは山道でさらに数名の猟奇殺人同好会のメンバーと遭遇したが、今度はためらいなく射殺して歩みを進めていた。
「猟奇殺人同好会であって、村人は普通ですよ~という期待はもう捨てよう。
 どう考えても全員村人だよ。村人ハザードだよ」
 独り言をつぶやきながら進むと、巨大なトラバサミに脚を挟まれてもがいている白い犬がいた。周囲に人影がないことを確認すると、ギンダマはトラバサミに手をかけ、これを広げてやる。白い犬は脚が自由になるや、トラバサミから抜け出した。
 慎重に、ギンダマが手を離すと、トラバサミは甲高い音を立てて凶悪なその口を再び閉じた。
「よう、命拾いしたな、お前」
 ギンダマが微笑むと、白い犬はそれがわかったのか、数度吠えると、森の中に姿を消した。
「キビダンゴ持ってくればよかった」
 なんとなくよいことをしたあとは気分がいい。ギンダマは再び山の中を歩き始めた。

 途中、いくつかの小屋を発見し、捜索して弾薬を失敬したギンダマが村の入り口と思しき両開きの金属扉を発見し、近寄ると、アタッシュケースの中の通信機がピピピと鳴った。
 レオンが到着したか、と思ったギンダマが受信スイッチを入れると、液晶の画面に見知らぬ女性が映った。眼鏡に黒髪を大きな三つ編みにした、絵に描いたような才媛だ。

才媛「……あなた、誰?」
勇者「俺はアンタのトコのエージェントに身代わりをさせられている、あわれな捨て駒だ」
才媛「それコナミさんのゲームにそっくりな台詞があるから、やめてくれない?」
勇者「スミマセン」
才媛「わかってくれればいいわ。レオンは?」
勇者「後から来るっていう言葉を信じてました」
才媛「いないのね。じゃあ任務についてはわかってる?」
勇者「大統領の娘が誘拐されたんですよね」
才媛「話が早いわ。じゃあよろしく」
勇者「待て、お前それでいいのか!?」
才媛「別に大統領の娘が救助できれば誰がそれを実行しても構わないの」
勇者「……そーですか」
才媛「そゆこと。あ、私はハニガン。あなたは?」
勇者「ギンダマ」
才媛「じゃ、よろしくね、ギンダマ」

 結果が大事なんだ、という考え方と、結果よりも過程が大事なんだという相反する考え方には、それぞれ一理あって、決着は永遠につかないものなのだと理解しているが、もう少し過程も大事にしたほうがいいんじゃないのかな、とギンダマは思うが、ともかくこのハニガンとかいう才媛の期待に応えて回収部隊を送ってもらわないことには、生きて戻ることは難しそうだ。
 ギンダマが村の中央にある広場へ向かうと、なにやら一筋の煙が立ち昇っている。火事というわけではなさそうだが、ギンダマの故郷の農村では時折、耕作地で籾殻や稲藁を焼いていたから、そのようなものかもしれないと考えたが、いざ、木陰に身を隠しながら様子を伺ったギンダマは、ちょっとやそっとの覚悟で生還できる気がしなくなった。
 村の中央の広場には大きな焚き火があり、その中央に突き立った柱には、大きな釣り針状のものと、その釣り針に胸を貫かれ、絶命した警官の姿があったのだ。
 その周囲を中年の女性が徘徊し、また別の中年男性が肥料ともつかないこげ茶色の物体を大八車に載せる作業をしていた。よく見れば、鶏も広場をうろついているが、これを攻撃するようなそぶりはなかった。
「……村人ハザード、だな。間違いない」
 ギンダマは村の広場を避け、左手にある建物の裏手へ回り込むことにした。村人に見つかればあの警官と同じ運命をたどらされることは明白だ。誰にも見つからず、大統領の娘の居場所を探るほかない。

傭兵 | 11:17:59 | Trackback(0) | Comments(0)
バイオハザード4 猟奇殺人同好会
 民家に近寄ると、高床式になったその建物の玄関の扉がやけに頑丈な金属製のものであることに気がついた。またもや自分の中のイメージを壊される思いがしたギンダマだったが、中から咳き込むような声がしたため、気を取り直して声をかける。
「ごめんください」
 返事はない。しかし、なかから水の流れる音と、食器がぶつかるときのカチャカチャした音がそれに混じっているような気がする。聞こえなかったのか。
「ごめんください……」
 ギンダマは恐る恐る踏み込み、音のするほうへ歩き出す。もしかして翻訳こんにゃくの効果が切れちゃったとか、そんなことないよな? 一抹の不安。
 廊下を抜けると、そこはダイニングルームらしく、木製のテーブルとイス、それに食器類と水差しと思われるポットがあり、壁際には食器棚も見えた。さらにその向こうには、食器を洗っているのだろう、男性の背中が見えた。ギンダマは緊張を少し緩め、懐から写真を取り出した。
「あの、すみません、ちょっとお聞きしたいことが」
 声をかけるが、男性はこちらに気がついていないのか、振り向いてこない。俺が強盗か何かだったらどうするつもりなんだ、などという妙な心配すらしてしまう。
「あの……」
 と、ギンダマがさらに一歩踏み出すと、男性が振り返った。その顔を見て、ギンダマは一瞬背筋が凍りついた。赤い双眸を皿のように見開き、男性がこちらを見ている。その肌はじっとりと脂染みており、何日も風呂に入っていないのか、すえた臭いが漂ってきた。
「いや……なんでもないです。お邪魔みたいなので帰りますね」
 一歩、後ずさりをするギンダマに、男性が奇声を上げて襲い掛かってきた。ほとんど体当たりといっていい勢いで飛び込んできた男性を間一髪、回避すると、玄関に向かって走り出すが、なんと玄関のドアが大きな音を立てて閉まった。
「まじかよ」
 窓から外を見ると、襲い掛かってきた男性と同じ雰囲気の人々が数名、見えた。挟まれたのだ。ギンダマは舌打ちをして、背後から迫る男性に向き直り、腰の拳銃を抜いた。
「止まれ、撃つぞ!」
 だが、男性は足を止めない。
「撃つぞ!?」
 二度目の警告。男性はもうあと3歩ぐらいの間合いに迫っていた。発砲。9mm拳銃弾が男性の眉間に命中する。男性はのけぞり、悲鳴を上げて撃たれた眉間を押さえた。
 ギンダマは驚愕した。眉間を撃たれて、痛がっている。それがどれほど異常なことか、拳銃というものがどんなものか理解している人間には説明するまでもないことだ。
「嘘だろ……」
 二発、三発、ギンダマの射撃は正確に男性の頭部へ命中する。それでも男性は絶命しない。少し考えを変えて、四発目を男性の胸に命中させると、男性はうめき声を上げながら膝を突き、床に崩れ落ちた。
 その身体がぐずぐずと音を立てて溶けるように崩壊するのを見て、ギンダマは吐き気を覚えたが、呑気に昼食と再開している場合ではない。おっかなびっくり、男性の残した大きなシミをまたぎ、ダイニングからその奥へ向かう。二階へ上がる階段と、細い廊下があった。
 トイレにでも通じていれば、そこに窓があるだろうから、そこから逃げるつもりで、狭い廊下に踏み込んみ、突き当りを左に曲がろうとしたギンダマが目にしたのは、戸棚に詰め込まれた頭蓋骨の群れだった。驚きと嫌悪感のあまり飛び退がって壁に背中をぶつけてしまう。
「な、なんてこった、何人も殺してやがったのか」
 すると、外の連中は何者だ? 男性の仲間だとしたら、猟奇殺人同好会かなにかだろうか。すっぱいものがこみ上げてきて、涙目になりながら、ギンダマは二階へ走る。二階に奥さん(もちろん常軌を逸した殺人同好会のメンバーだ)でもいたらどうしようかと思うが、それは杞憂だった。ベッドはひとつ、シングルサイズのものがあるだけだ。ちょっとずれた方向で安心すると、ギンダマはすばやく窓辺に駆け寄り、外の様子を見る。
 そこからは人影が見えなかったため、思い切って窓を開け、飛び降りる。頑丈なブーツとやわらかい土のおかげで、衝撃はさほどでもなかった。
 とにかく、まずは警察と合流すべきだと考えた。猟奇殺人の証拠があったのだ。うまくいけばさらに警察の応援を呼んで、指揮官を言いくるめて大統領の娘(そういえば、名前はアシュリーだった)の捜索にも協力させることが出来るかもしれない。
「災い転じて福となす、といきたいところだぜ」
 しかし、ギンダマの目論見は完全につぶされていた。つり橋は落とされ、そこにとめてあった車は無残に破壊され、そして警官二人の姿も見えなかった。
「おいおい……マジかよ……」
 呆然と立ち尽くすギンダマ。背後に気配を感じて振り返ると、そこには猟奇殺人同好会のメンバーと思われる二人組みがいた。射殺した男性と同じく、赤い双眸をギンダマに向けている。

 銃声。

 粗末な小屋の中、なぜか置いてあったタイプライターで簡単なメモを作成したギンダマは、一枚をその場に残し、もう一枚をアタッシュケースにしまいこんだ。溜息をついて、拳銃のマガジンを抜き、残弾数を確認した。再びマガジンを拳銃に押し込むと、小屋を出る。
 猟奇殺人同好会のメンバーは全員、射殺してしまった上に、死体はまた溶けるように消えてしまい、気味の悪い染みになってしまった。ギンダマは覚悟を決めていた。
「この状況で、村に行くとそこは純朴なスペインの農村だった……ってことはないよな。
 となると、大統領の娘も無事じゃないかも知れない……。しかし、アメリカ人が『かも知れない』で捜索をあきらめて俺を回収しに来てくれるとは思えない。生きていてくれるといいが……」
 生死を確認しよう、という言葉は飲み込んだ。

傭兵 | 10:45:59 | Trackback(0) | Comments(0)
バイオハザード4 ことのはじまり
 バイオハザード4 ギンダマエディション(勇者が飽きるまで実施予定)

 Panasonic製の据え置き型電話機が受信音を発する。

勇者「ハロー?」
男性「ギンダマか? 俺だ、レオンだ」
勇者「久しぶりだなぁ、大統領直属になってから忙しかったもんな。どうした、今日は?」
レオン「実は、大統領の娘が誘拐された。救出任務に行かなくちゃならない」
勇者「大変そうだな」
レオン「だが、今ちょっと手が離せなくてな。出発の飛行機に間に合いそうもない。
    後から追いかけるから、お前、ちょっと頼む」
勇者「レオン、お前ラクーン市警に就職したときも別れる別れないでちょっとした修羅場になってただろ。
    まさか……」
レオン「後から考えれば、むしろそれが命拾いのきっかけだということもあるのさ。
    (ちょっとレオン、電話、まだかかるの!? いい加減にしてよ!)
    おっと、すまん、ギンダマ。合流場所はメールする」
勇者「オイ……!!」

 秋の深まった山道を4WDの自動車が走る。その後部座席で、勇者は景色を眺めていた。
(……結局、来ちまった)
 車を運転しているのは協力を要請された地元の警察官だったが、どうにもやる気は感じられないな、と初対面のときから感じていた。翻訳こんにゃくがなかったらと思うと、ぞっとする。英語ですら覚束ないのに、スペイン語など未知の領域である。
 ため息のひとつも出ようというものだが、スペインのど田舎にある地元警察にアメリカ大統領の娘救出へのやる気など求めるだけ無駄であることは勇者にもわかっていた。
(要するに俺がレオン到着まではがんばらないといけないわけね)
 途中、警官の一人が尿意を催してトイレ休憩を挟み、頼りないつり橋(これを車で渡っても大丈夫なのかと内心不安でしょうがなかった)を渡ったところで、警官は車を止めた。

警官「駐車違反を取られるとイヤなんで、俺たちはここで車を見ているぜ」
勇者「……駐車違反?
    ああ、なるほど、そうだな……。ちょっくら、行ってくるぜ」

 反論するのも面倒だった。こんなど田舎の山道にちょっと車が止まってたって、駐車違反を取り締まる警官なんかいるもんか。だいたいお前らがその警官だろうが。これだからやる気のないやつらは困る、とそこまで考えたところで、そもそもレオンにもっと任務への責任感というか、出発までに彼女とのケンカにケリをつけるぐらいのスキルがあれば、自分が苦労することもなかったことに思い至る。
(泣けるぜ)
 腰のホルスターに収めた9mm拳銃と新品のアタッシュケースを手に、ギンダマが歩き出す。当初は勇者の初任給で購入した愛用のものを持ってくるつもりだったが、一応、ここに来ているのはレオンの身代わりであって、レオンの振りをしなければならない必要もあり、しぶしぶながらレオンに渡されるはずだったであろう、新品のアタッシュケース(武装入り)をぶら下げて来たのだった。
 懐から写真を取り出す。金髪のセミショート、碧眼の美少女が微笑んでいる。彼女が、誘拐された大統領の娘らしい。彼女の姿をこの近くにある村で見かけたという情報があったらしい。
 行く手に民家らしき木製の家屋が見えてきた。スペイン、田舎、木製の建物、という条件からは、素朴でこぎれいな農村のイメージ(もちろん住んでいるのは豊かな口ひげにパイプの似合うおじいさんと純朴で将来が楽しみな見目麗しい孫娘だ)が思い浮かぶギンダマだが、残念なことにその民家は半ば朽ちており、農村というよりも流行病で全滅した廃墟を思わせた。
「とっとと終わらせよう、こんな仕事は」
 ギンダマは聞き込みをするべく、民家に小走りで近寄った。レオンが来るまでの身代わりのはずが、厄介な事件に足首まではまり込んでいることに、まだ彼は気がついていなかった……。

傭兵 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)
ウォッカジンジャー
 度重なる残業と早朝出勤(こっちは通勤が楽だからだが)で体力がピンチのところへ持ってきて、以前職場が同じだった先輩がご結婚されるとのことで、仲間内で飲むぜ!! ってノリで拉致され、何故か帰宅の方角とは全く逆の恵比寿に連行。
 行った先はオサレなスペイン料理屋なのだが、とりあえず出てくるものが全部小ぢんまりしていて、おいしいだけにそれがまた悔しさを倍増させるという、不満が募りまくるお店。
 モスコミュールを注文すると店員さんが「お待たせしましたウォッカ ジンジャーです」と発言して、そりゃ成分であって、カクテルの名前じゃないだろ! とか内心思う。
 でもお酒のことは詳しくないので、そういう呼び方も正しいのかもしれない。サガフロンティアの連携みたいなもので。ウォッカウォッカウォッカジンジャーとか。

 そして午後11時になり、そろそろ電車がなくなるから、と帰宅したのだが……。

 次に目が覚めたら、午後5時だった。

 丸一日損したわけであり、疲れが溜まっているときの飲酒はこれほど恐ろしいものかと実感したしだいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 起きて洗濯とかをした後は、軽くモハフ。れなはのプーギーがヴォルさまを喰ってました。
090319_01.jpg

日常 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(4)
バイオハザード0 Wiiエディション
 アメリカ中西部にある、四方を山に囲まれた小さな町、ラクーンシティの郊外で猟奇殺人事件が頻発し、事態を重く見たラクーン市警は特殊部隊S.T.A.R.S.のブラヴォーチームを郊外の洋館へ派遣するが、途中、連絡が途絶えてしまう。
 残ったアルファチームが翌日、問題の洋館に向かうが……というストーリーのバイオハザードシリーズ第一作は、ホラーゲームの金字塔とも称されるほどの人気ゲームになったわけですが、今回の「0」は先発のブラヴォーチームの新人、レベッカを主人公に据えた前日譚である。
 当初は任天堂GameCubeにて発売され、以後のバイオハザードシリーズは全てGC独占供給だとファミ通にて報道され、当初よりバイオハザードシリーズのファンであった勇者はGCまで購入するほどの万全すぎる状況だったわけですが、まあこの有様ですわ。
 長らくこの恨みを抱いて生きてきましたが(大げさ)、チップのなかなか面白いよ情報に負け、Wii版買って来ました。

 オープニングはなんか夜のオリエント急行的雰囲気を醸し出す列車の中、突然、窓ガラスにキモいヒルの化け物が貼り付いたかと思うと、なだれをうって列車内に化け物が降り注ぎ、乗客も乗務員も食べられてしまうところからスタート。
 一方、洋館で猟奇殺人が頻発ということで、S.T.A.R.S.のブラヴォーチームが出動するのだが、途中、ヘリのエンジントラブルでラクーンフォレストに不時着。周囲を捜索すると、ひっくり返った事故車と憲兵の死体が発見される。
 残された書類を読むと、死刑囚のビリー・コーエン少尉を護送中だったことがわかるが、問題の少尉は行方不明。隊長のエンリコはビリー・コーエン少尉の捜索を命じる。
 アルファチームの新人、レベッカ・チェンバースはこの捜索の途中、森の中で停止している列車を発見し、その中に入る……。というのが発端。ここから操作可能になる。

 列車の中に入り、隣の車両に移動すると、ラジオからの音が聞こえるのだが、そのラジオの持ち主は死んでいた。思わず息を呑み、そっとラジオのスイッチを切るレベッカ。次の瞬間、絶命していたはずの乗客が呻き声とともに立ち上がり、襲い掛かってきた!!
 ……が、まあさすがにここでビビるほどバイオハザード歴は浅くない。操作法を確認しながら(またもや取扱説明書を読んでいない)乗客の死骸だったものを射殺。さらに次の車両に移動すると、そこはコンパートメント(個室の並んでる車両……だったはず。記憶は曖昧)で、食堂車へのドアがロックされていることがわかる。ドアのそばには無残な乗務員の死骸があり、手には列車の鍵が握られている。

 ……という感じで記事の数を水増ししようとか考えていたんですが、ぶっちゃけ、クリアしました。中盤の所長乱舞がキツかったですが、そこを抜けると普通のバイオハザードでした。
 弾薬、回復アイテム共に余裕を持って進めることができましたが、所要時間は6:59:32でありランクBの腕前とのこと。
 バイオハザード0のコツは
  ・こまめにセーブ
  ・基本的にジェノサイド進行が安全
  ・ダメージ喰らい過ぎたとか無駄に弾薬消耗した、と感じたらやり直す
 という三点に集約されるような気がします。

 アイテムボックスが存在しない関係からか、所長が来る直前とか直後にポリタンクと空き瓶が手に入る配置になっており、アイテムの出現から所長を先読みできるというとてもメタな戦いでした。
 ハンターさんにはマグナム。これ大事。やられる前にやる、が鉄則です。

 積年の恨みは晴らしたのですが、なんか追加要素のゲーム成績によっていろいろナニしちゃうみたいなので、そのあたりもちょっとつまみ食いしてから、バイオハザード4へ進むこととします。
 

傭兵 | 09:26:57 | Trackback(0) | Comments(1)
ゆいさんへ
 どこまでマジなのか図りかねますが、マジだという前提でお話します。
 最近、あなたのような家出娘を善意でかくまって、捜索願を受けた警察に誘拐あるいは監禁で逮捕・送検されたり、ご両親に訴追されたりする男があとを絶ちません。ついでにいうなれば、行くあてがないのを良いことにあなたのような家出娘をどこかに誘い込んで弄んだり売り飛ばしたりする男もまた、あとを絶ちません。
 事情が事情なのでしょうが、家庭内暴力などがあるならば(あなたが未成年という前提で話をしていますが)児童相談所や最寄の警察署に相談するのがまず一歩です。親戚関係だと連れ戻されそう、とのことですが、暴力があるなど、事情を相談しましたか? 確かに、相談した上で、そんな粗暴な親戚と関わりたくないよ、という本音が見えたのであれば、それこそ第三者機関の出番でしょう。
 家出などというのは下策で、家出中は誰もあなたを守ってくれませんし、最終的に連れ戻されれば暴力はエスカレートする傾向があります。相手を刺激せず、距離をとる方法を模索するのが第一です。

 今、あなたが安全な場所にいることを願います。携帯電話を持っている限り、ご両親と捜索願を受けた警察の本気からは逃げられない。それだけはお伝えしておきます。
 逃げれば追いかけられる。追われれば捕まる。捕まればまた殴られもするでしょう。悪循環ではありませんか? それよりは、あなたがあなたの身を守るために戦うことを願います。

-----

 以下、ゆいさんのコメントがネタで、どこかで「コイツキモwww 見て見てwww マジになっちゃってキモすぎるっしょwww」とか言われている場合の勇者対応:

ライナス「勇者…… あのコメント、ただの釣りだよ」
ギンダマ「そっか…… よかった、不幸な家出娘は、いないんだ」
 微笑むギンダマに苦笑するライナス
 二人、静かにウーロン茶のグラスを傾ける

日常 | 13:25:22 | Trackback(0) | Comments(5)
週末は
 だらだらしてましたが、ホワイトデーイベントの男の子向けクエストを1日3セットを目標に頑張りました。3日だけ。つまり文字通りの三日坊主であり誠に申し訳ない。
 本日帰宅後は5セット&ペアクエスト消化のためログイン予定。

 なお、むしゃくしゃしてバイオハザード0 Wii版とバイオハザード4 Wii版をダブル購入。さっそく0からはじめたわけですが、難しい件。GCの時に弾切れになって倒せなかったムカデ状のアレは無事倒せたんですが、その後の所長乱舞とかで何回かゲームオーバーの憂き目に。
 ビリー・コーエン少尉を勇者に置き換えたリプレイ小説もネタとしては準備中ですが、これ面白いか? という自問自答中。普通にプレイ報告したほうがいいような気がする。
 いや、それよりも、また途中で「クリアできねえ!」って投げ出さないか、そっちのほうが心配だ(笑

 とりあえず、バイオハザード0の所感。
  ・インベントリ6マス マジ狭い
  ・アイテムボックスがない
  ・その代わり、床にアイテムを置ける
  ・一応上限があるようで、全アイテムを一箇所に集めちゃうようなことはできない
  ・回復アイテムに余裕がない(ような気がする)
  ・弾薬に余裕がない(ような気がする)
  ・レベッカの体力がびっくりするぐらい少ない
  ・なので基本ビリーで探索おsusuめ
   (とはいえ、二人で行動すると荷物の余裕度がダンチなので二人行動もメリットがある)
  ・敵は排除して進んだほうがよいと思われる(弾薬よりも回復アイテムを温存したい)
  ・所長乱舞マジ自重(火炎瓶投げるので正解なんだよね? イマイチ自信がない)
  ・甲殻類っていうから期待したのに!

 そんな感じで、今週も頑張って行きましょう!!

日常 | 07:43:16 | Trackback(0) | Comments(7)
勇者組合の真の恐ろしさ
 通称押し付けさん及び押付けさんの上役さんは勇者組合の真の恐ろしさを無料体験中のようですが、その分なぜか勇者に負荷がかかり始めてちょっとキツイっす。

 昨日は勇者組合の事務所を23:30に撤収>帰宅してフランスパンをかじる>エイジオブエンパイア3で戦争>風呂>出勤という流れで、何か大事なプロセスを一個忘れているのではないか? という気がするのですが、たぶん気のせいです。
 ちなみに今は勇者組合の事務所にてこの文章を書いてます。

 俺は……何を忘れたのだろうか? ……思い出せない……。
 いや、まずはこの戦いを生き延びてから考えよう……。

日常 | 08:04:13 | Trackback(0) | Comments(6)
現実逃避ぱーと2
 先週の木曜日に問題発覚(押し付け野郎が出してきた後付情報により、288枚の呪文書進捗120のうち、65が最初からやり直しになった)わけですが、やり直しをするには、その後付情報の詳細が必要なわけですよ。
 ところが、表が二個に別れてて全部洗い出すのは時間がかかるとか意味不明な言い訳で作業をやろうとしない。が、こちらには「とりあえず」で作業をやらせようとする。

 ……いや、ついさっき、作業の半分を無駄にさせられたばっかりなんですけど。

勇者「そんな状態で仕事は受けられません。
    情報をきちんと揃えてからじゃないとダメです。
押付「そこはお願いするしかない。
勇者「ダメ
押付「じゃあ、部長にギンダが作業を引き受けないから仕事進まないって言っていいんだな!
勇者「どうぞwww なんなら今から一緒に行きましょうwwwwww
押付「……じゃあ、月曜日には……出します。
勇者「……(出せるならゴネずに出せよ)

 そして月曜日

押付の上役「今日、押付は10:50出社予定です。
勇者「……

 そして午後

勇者「あの……押付さんは、今日お休みでしょうか。
押付の上役「ハイ
勇者「……

 彼ら(押付+その上役)は、もうこのプロジェクトから抜けられればいいと思ってるみたいです。彼ら自身が手に負えなかったくせに、その後始末もせずに「私だって被害者なんだ」とか「もう派遣切りにあいたい」とか、ナメたことを抜かしているわけですが、そう簡単に逃げられるわけがないってことを、そろそろ理解させてあげたほうが良さそうです。
 っていうか、彼らは別に勇者組合での仕事を干されても失業するわけじゃないから、そんな台詞が吐けるんですよね。いやな仕事からはとにかく逃げて逃げて逃げまくればお金がもらえるんです。
 楽な商売だな、オイ。さすがの勇者もそろそろ怒るぞ。

 ちなみに火曜日現在、まだ押付野郎から情報は出てきてません。
 死ねばいい。

日常 | 10:45:04 | Trackback(0) | Comments(6)
アーマードコア4A総括と今後の展望
 そういえば、傭兵カテゴリで(主に)アーマードコア4 Answerをやっていたわけですが、なんか最後まで書ききっていなかったようなので、総括しておきたいと思います。
 話の流れは、まあここまでの記事を読んでいただくとして(手抜き)、簡単にまとめると、今回のエンディングは3つということです。

 1.ORCA旅団に手を貸さない(変わらない未来End)
 2.ORCA旅団に手を貸す(三週目の決断)場合で、かつ
  2-a.クレイドルを撃墜して1億人ほど殺しちゃう(虐殺者End)
  2-b.ORCA旅団の理念を何故か後から参加した旧世界の勇者(という設定で進めてきた)が
     貫き通して、人類は空の揺りかごからたたき出されるが、宇宙というフロンティアを手に入れる
     (フロンティアEnd)

 ……なんですが、まあORCA旅団に手を貸した場合の納得いかないことといったら……。虐殺者Endは何がやりたいのかイミフになるし(ツンデレのオペ子さんにも「お前とはもう一緒にやれん」とか言われて突き放される……当たり前だが)、ORCAの理念を汚した!!とかいいつつ2vs4の戦いを強いられるわで、ロクなことがない。まあ自業自得ということなんだろうが。
 虐殺をしない場合、ORCA旅団は次々撃破されて、もうお前(勇者)しかORCAの理念を継げる者はいない、とか勝手なこと言ってリーダー死亡するし、お前ら身勝手すぎるだろ、常識的に考えて、という連中ばかりな上に、衛星破壊砲を防衛して、アルテリア施設からのエネルギーをブチこんで破壊するのは衛星軌道上に存在する攻撃衛星群(なんか、ネクサスの虫エンドを髣髴とさせるほどの大群だった)を一掃することにより、クレイドルは飛べなくなるけど、その代わり今度は宇宙が人類を待ってるよ! イェーイみたいなノリ。
 おいおい、革命とかしないで、衛星破壊砲を使えるぐらいのエネルギー施設を新たに建設するだけでその目的は達成できたのではないか? クレイドルを地上に落とす意味は?

 なんかいろいろ納得いかない結末ばかりでした。

 というわけで、傭兵カテゴリのアーマードコア4Aの記事はこれにて終了。このカテゴリをどのように活用していくか、という問題ですが、先日、チップがどうもバイオハザード0と4のWii版を入手してプレイ中らしいという情報をキャッチしており、今後バイオハザードはGC独占供給です、というカプコンのブラフにまんまと引っかかった勇者としては未だに根に持っているわけですが、しかし、ゲームとして面白いことは認めざるを得ないトコロであり云々。

 実は、バイオハザード0はなんかでかいムカデが出てくるあたりで弾切れになってクリアしていないので、GC版バイオハザード0をWiiにてプレイする様子を記事にしようかと考え中。
 チャットで大佐が「ストーリー教えてくれよ」とか言ってたし。しかし話の流れ的には「STARSの新人レベッカ・チェンバースと魔王28人殺しの元勇者で死刑囚のギンダマがサバイバルホラーでバイオォハザァァド ゼェロゥみたいなノリになるかも知れず、それはそれで面白そうなどと妄想中。
 ビリー・コーエン少尉涙目。

 よし、早く仕事終わらせて帰ろう。

傭兵 | 08:19:05 | Trackback(0) | Comments(3)
勇者のほうれん草のソテーとパスタ合体させたやつ
 やけに長いタイトルになってしまったが、まあいいです。豚挽肉を買いにで掛けたら、300gオーバーのパックしかなかったため、急遽別メニューを考える必要が出て、あれこれ悩んだのですが、途中、思うところあって「ほうれん草をたんまり食おう」と思ったために、上記のメニューになったわけです。

 材料紹介。メインのほうれん草は、群馬県は利根郡昭和地区の高橋昇三さんのてになるもの。
090308_01.jpg
 ありがたくいただきます。

 下拵えは、まあ切るだけなんですが。
090308_02.jpg

 パスタを茹でながらバター、ベーコン、ほうれん草の順番でフライパンに投入。しばらくフタをして蒸し焼きにするとほうれん草の色が悪くならない(ような気がする)です。
090308_03.jpg
 このあたりはお好みなんですが、ベーコンの塩気だけでは味が薄そうなのでバターを使ってます。

 合体して完成。
090308_04.jpg

 いただきます& … ごちそうさまでした!

 食後はチップの真似してラム酒をコーラで割る。
090308_05.jpg
 ちょっとお酒比率高すぎました。げふんげふん。

日常 | 21:22:46 | Trackback(0) | Comments(0)
しょーざふらっぐ
 旗色を鮮明にするとタイトルを入力しようとして「きしょくをせんめいに」と入力したら、旗色が変換候補に無かった勇者です。こんにちは。もしかしたらそんな日本語ないのかもしれない。
 ちなみにIMEです。ATOK使用者からの情報求む。
 政治関係の話なので、不愉快になる向きもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

 民主党の党首、小沢氏の公設第一秘書が逮捕された件、陰謀だとか国策捜査だとかいろいろ朝っぱらのニュースで言ってましたが、ほんとみんな民主党大好きなんだな。
 いやさ、東京地検特捜部が政治家によって動かされるんだとしたらさ、かつてもっと自民党の支持が圧倒的だった時代に、田中角栄氏とか金丸信氏が逮捕されたのは何だったのよ、と思わない?
 しまいには「選挙が近いのになにをやっているんだ」と検察庁に抗議するやつまで現れたとか。頭大丈夫なのか。いや、ダメなんだろうな、多分。
 中学3年生が万引きかなにかしてさ、捕まったら「受験が近いのになにをやってるんだ」って警察に抗議するわけ? 「何をやってるんだ」は逮捕された当人に言うべき言葉だろ。
 というか、電話20件、ホームページへの書き込み100件とか記事に書いてあるけど、検察庁のホームページに掲示板とかないみたいなんですけど、どうやって100件だとわかったのか?

 まあね、小沢氏も普段は20分ほどで切り上げる記者会見を40分に延長して説明責任を果たしたらしいしね、いいんじゃないですかね、別に。漢字を読み間違えたり、カップめんの値段を400円ぐらいすかね?と答えた首相については何日も何日もネチネチやってたわりには、+20分って本当に説明責任果たしたって言えるわけ? というかさ、責任を果たしたかどうかを、何故、常に民主党が判断しているのか?
 誰もおかしいと思ってないわけ? 俺だけなの、このモヤモヤ感?

 とりあえず辞任は考えていないとのことらしいですけど、そういえば、あなたのところの鳩山さんがかつて「(政治資金の)出納責任者が逮捕された時点でお辞めになるべきだった」発言しているんですが、今回は「説明責任は果たしたし、これからも小沢さん一本で行きます」って仰ってますけど、いいんですか?
 首相に「ブレにブレた結果だ」とかエラそうに言ってる場合か、ボケが。その場その場で都合のいいように喋ってんじゃねぇ。

 どーなるんすかね、これから。

日常 | 15:37:12 | Trackback(0) | Comments(9)
キチガイに権利
 昔の人は「キチガイに刃物を持たせるようなもの」と言いました。最近はもはや「キチガイに権利を持たせるようなもの」と表現せざるを得ない現象が見受けられます。

-----
「消費者の責任でない」 こんにゃくゼリー事故提訴
 低カロリーや独特の食感で人気を呼ぶ一方、子どもや高齢者の死亡事故が相次いだこんにゃくゼリー。一歳だった息子を亡くし、三日、製造元の「マンナンライフ」などに損害賠償を求めて提訴した両親の代理人は「欠陥がある商品を販売した責任は重い」と、会社の姿勢を厳しく指摘した。

 姫路市内で会見した原告代理人の土居由佳弁護士は、こんにゃくゼリーの危険性として、形状やかみ切りにくい弾力性などを挙げた。亡くなった男児がゼリーをのどに詰まらせた時、周囲には祖父母をはじめ大人三人がいたが、一瞬の出来事でのどに詰まったゼリーを取り除くことができなかったという。

 商品の包装には、子どもや高齢者が食べないよう警告する表示があり、同社はこれを理由に、男児の両親の謝罪、賠償要求に応じてこなかったという。

 ただ、スーパーなどの菓子売り場に置かれているケースが多く、土居弁護士は「幼児が食べることを想定して販売されている」と指摘。「にもかかわらず、責任を消費者に転嫁する姿勢は許せない。安全な製品でない限り、販売はやめるべき」と語気を強めた。

 低カロリーのこんにゃく入りゼリーは一九九〇年代、健康ブームに乗って急成長。寒天や凝固剤で固めたゼリーに比べて溶けにくいため、のどに詰める事故が後を絶たず、消費者団体などが再三、メーカーに商品の根本的な改善を求めている。主婦連合会(東京都)の佐野真理子事務局長は「スプーンで食べる形状にしたり、弾力性を変えたりする必要がある」と話している。(山岸洋介)
-----引用終わり


 事実を確認しておきましょう。

 ①凍らせた(半解凍状態の)こんにゃくゼリーを一歳児に与えたのは祖母
 ②両親もそばにおり、一切の危険を感じなかった
 ③こんにゃくゼリーが喉に詰まったとき、大人三人が何もできないほどの
  短い時間(一瞬の出来事)のうちに、一歳児が窒息して死亡した

 今回の原告(代理人)の主張をまとめますと、

 ①噛み切りにくい形状や弾力が危険
 ②菓子売り場に置かれており、幼児が食べることを想定している
 ③安全な製品でない限り、販売はやめるべき

 ということでよろしいでしょうかね。

 では、勇者の主張。

 ①の主張について
  事故当時、こんにゃくゼリーは凍っていました。弾力や形状に関わらず、
  一歳児の喉の直径よりも大きいかどうか、大人なら判断できたのでは?
  確認しておきますが、ゼリーは祖母が与えたわけであって、一歳児が
  目を離したスキにフタをあけて食べたのではありません。
  また、両親もその場にいたんですよね?
  監督責任って知ってますか?

 ②の主張について
  まず、幼児や高齢者に食べさせないようにとの表示がありました。
  また、菓子売り場で販売したのは小売店であって、マンナンライフではない。
  原告はどこで売るべきものと想定しているのか?

 ③の主張について
  販売されている全ての商品が安全で事故を起こさないという保証を企業に
  求めることは事実上不可能です。原告代理人の要求は非現実的です。

 ④事故当時の状況から
  原告らには一歳児を故意にこんにゃくゼリーを与えて殺害した疑いがあるのでは?
  肺活量などの問題はもちろん大人と同等に考えることはできませんが、大人三人、
  一歳児に下を向かせて背中を叩く程度のことができないほどの時間で一歳児が窒息する
  というのは、ありうることなんでしょうか?

 クソいそがしい司法関係者をわずらわすんじゃねえよ、キチガイが。

日常 | 10:34:12 | Trackback(0) | Comments(5)
勇者の徹夜明け
先日の呪文書288枚の件ですが、絶賛テンパり中。しかも例の押し付け野郎は昨日時点で今週に入って3日休みであり(つまり月火水と休み)、しかも、現時点で出勤してないという神展開。なーにが神展開だwww(突然のノリツッコミ)
 こちとら、遅くまで仕事して、今日のために勇者ハウスに戻ってからも仕事して(それより前は軽くモハフったりチャットしてましたが)、なんとなく寝そびれて徹夜しちゃって眠い目こすりながら仕事継続してるってのに。

 ---現実逃避---

 エイジオブエンパイア3なんですが、だんだんインドが極まってきたので、考察でもしてみることにしました。

 1.インドの特徴
  ・町の人を材木100で作成する(通常は、食料100である)
  ・経験地による搬送を行うと、おまけで町の人がついてくる
  ・家畜(ヤギ、ウシなど)は食料にできないが、その代わりに経験値がもらえる

 2.インドの戦力
  ■歩兵
  ・ラジプート … 騎兵と建物に強い近接歩兵
  ・セポイ … 騎兵に強い遠隔歩兵(接近戦だとさらに強い)
  ・グルカ兵 … 歩兵に強い遠隔歩兵(射程距離が長い)

  ■騎兵
  ・ソワル … 射手、砲兵、スカーミッシャーに強い騎兵
  ・ザンブラーキ … 騎兵に強い遠隔騎兵

  ■ゾウ
  ・フレイルエレファント … 範囲攻撃を行う、建物に強いゾウ騎兵
  ・マハウト槍兵 … めっぽう強いゾウ騎兵 でも人口コストがゴツイ
  ・シージエレファント … 建物と砲兵に強い大砲搭載のゾウ騎兵

 3.基本戦略
  ・最初の進化(発見>植民)は食料800を使用するため、町の人を増やすと
    必然的に食料の備蓄が遅れるのだが、インドはそれがない。
    なぜなら、町の人が材木でできている(?)からだ。
   3,4人で近所のカモシカとかから食料を得つつ、ひたすら材木>町の人

  ・植民の時代になったら、戦士育成所を建て、グルカ兵とセポイ作成。
   騎兵メインでくるならセポイ多め、歩兵メインでくるなら、グルカ兵多め。
   余裕ができたら騎兵も作成したい。ソワルおsusuめ。
   基本的にこの三種類でだいたいどうにかなる。
   ※Lv25以上になると「グルカ兵、セポイ、ソワルの攻撃力とヒットポイントup」
    という神カードを入手できるので是非使用したい。

   上記の3ユニットは全て食料と金貨を消費するが、逆に考えると、町の人の
   作成にまったく影響を及ぼさないということである。

  ・引き続き、町の人は増やしても増やしても進化に必要な食料と金貨を消耗しない
   ので、ガンガン増やす。搬送におまけでついてくる町の人もかなり重要。
   植民の時代で攻め込んでくるCOMを撃退しつつ要塞の時代へ進化するのだが、
   進化が終わる頃には既に工業の時代へ進めるぐらいの資源が集まっているという
   のが理想である。さじ加減は身体で覚えて欲しい。

  ・頭数を揃えたら、進撃開始。ゾウ騎兵を織り交ぜてパオーンするもよし、大砲で
   ドゴーンするもよし、である。

 4.負けパターン
  ・町の人を増やして資源を増やすのはいいが、専念するあまり、むしろ材木しか
   資源が無い
という状態になっていると、だいたい負ける。

  ・苦手文明は多分イギリス、ロシア、ドイツあたりか。
   砲兵が大挙して押し寄せ始めると手に負えない。一応、ソワルが砲兵に強いが、
   戦争は数だよ、兄者!! って感じで、近づく前に吹き飛ばされる。
   あと、シージエレファント(大砲搭載ゾウ騎兵)も砲兵に強いが、いかんせん
   コストがきつい件。

 5.チーム
  ・チーム全体、ユニットの攻撃力を上げるカード(時代4)がある
  ・チーム全体、徐々に全ての資源が増える「倹約令」カードがある
   ……が、ちょっと効果は実感しにくい

 こんな感じで戦ってます。

日常 | 10:40:40 | Trackback(0) | Comments(3)
新型インフルエンザ
 本日、勇者組合において「新型インフルエンザへの対応について」との内容で警報が発令されました。例の鳥インフルエンザまたはH5N1型と称されるアレです。

 主な症状は
  ●38度以上の急激な体温上昇
  ●強い関節痛、倦怠感

 厚生労働省のシミュレーションでは
   人口1億2700万人 ⇒■罹患者数3200万人  
                  ■死者数17~64万人
    ※オーストラリア、ロウィ-研究所では日本の死者総数は最大210万人と試算

 という、想像を絶する被害予想になっておりますが、基本的にインフルエンザは死ぬ病気だという認識は持っておいてください。また、インフルエンザ罹患による免疫力の低下から、二次感染などを引き起こして死亡するケースのほうが多い(らしい)とのことです。
 春一番が吹いた直後から、順調に気温の低下が進んでいる(そして隣の席のヒトはまだ風邪をひいている)昨今、体調には充分ご注意ください。

 調子が悪いとか熱っぽいとなった場合には、体温を測り、38度以上である場合にはすぐに医療機関にて治療を受けること、飛沫感染が主ですので、手洗いとうがいが有効であること、マスクも感染防止に有用であるので、使用することを検討してください。
 せきやくしゃみをするときに口許に手をやらないヒトを電車の中でよく見かけるのですが、あれは是非ともやめていただきたい。ご両親に教わらなかったのでしょうかね?

 なお、インフルエンザの通常の潜伏期間は1-2日で、最大7日程度。ウィルスを他人に感染させる可能性がある期間は、前述の潜伏期間を含め、症状が快復してから約2日ですので、万が一感染した場合には、症状が快復しても2日程度は外出などを避けてください。

 勇者組合では皆様の健康と安全を願っております。

日常 | 17:04:46 | Trackback(0) | Comments(0)
音爆弾フィニッシュ
 ガーディアンRコイルへ向け、水竜殴打?にましあさんとゆひっこさんに付き合ってもらっていたわけですが、ついにやってしまいました、噂に聞く「音爆弾フィニッシュ」をwww
 なんでも、音爆弾でばいーんと飛び上がる時、ヤツにはダメージが入ってるらしいんですよ。で、そのダメージで止めをさしてしまうと……。

 こういうことに。
puka-

 剥ぎ取り不能www

 しかしながら、目的のギルドコインはしっかり確保。さすがの仕事ぶり。
しかし目標達成

 まあ……実はもう一枚必要だったんですが……。
 泣いてないよ。素材チェックまで完全にしておいて、1枚で満足した勇者の謙虚さが(ry

 その後は祖龍戦。フィニッシュ画面がエラいことになっていたので撮影。
対祖龍爆弾G

 なんすかこれ、対祖龍爆弾Gかなにかか!?

狩猟 | 09:45:12 | Trackback(0) | Comments(6)
勇者のオムレツ(たまねぎ仕様)
 たまねぎ仕様とかタイトルをつけてしまいましたが、去年の四月に書いた勇者のオムレツでもたまねぎがはいっており、どちらかというと、前回からじゃがいもを抜いただけになってしまいましたが、せっかく撮影をしたので記事にします。
 (記事を書き終わったら出勤。なんという朝食)

 豚の挽肉を2日熟成させるのは良くないのではないか、ということで……。
 あと2缶あるミートソースのアレをどうにかせねば。可及的速やかに。

 材料は……言うまでもないですね、はい。
090302_11.jpg

 下拵え。
090302_12.jpg

 挽肉に火を通しつつ、塩胡椒を少々振り、みじんぎりにしたたまねぎを投入。
090302_13.jpg

 いい感じになったら、といたタマゴを(写真は2個ですが、実際には3個)投入して、弱火でじっくり。
090302_14.jpg

 この弱火のとき、フライパンにふたをしておくと、水分が逃げないのでなんとなくふっくら仕上がるような気がしないでもないですが、気のせいかもしれない。

 ひっくり返すの失敗www
090302_15.jpg

 分量が多いので、半分は今夜の夕食に回すことにした。
 撮影は見栄えのいいほうで実施。
090302_16.jpg

 ……ごはん炊くの……忘れてたんだぜ……。
 いただきま~す!!!!

日常 | 05:48:12 | Trackback(0) | Comments(3)
キューピーパスタソース
 今日の夕食のために、昨日、挽肉とトマトの缶詰買っていた(ミートソース作るつもりだった)わけですが、勇者の食料庫にいざ缶詰を格納する段階になって、これを発見してしまったのです。
キューピー
 キューピーパスタソース(ミートソース)

 これさ……リアル勇者ハウスに引っ越したあたりで購入したような気がするんだよね……と、缶底に記載されているはずの賞味期限を確認する。
賞味期限は缶底に
 2009年03月30日、だと……!? テラ差し迫ってるじゃん。

 というわけで、挽肉は冷蔵庫で一日熟成させることとし、缶詰を開けたわけです。

 ゆでたパスタ100gを皿にあげて、すばやくオリーブオイルと塩胡椒を少々。全体になじませるわけですが、これ、以前はわざわざボウルでやってたので洗う手間が増えていたのが、今では皿の上で手早くできるようになったのです。
 人間、成長するものですわ。

 できあがり。
あがり

 いただきまーす。

日常 | 18:45:04 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad