■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
さすがの俺もそれはひくわ
 先行パッケージを探してみたけど予約してないと売ってくれないようだったので、あきらめてamazonで通常パッケージ(09/30発売)を予約購入しておいたわけですが、さすがにキャンセルした。

 騒ぎになっているので詳細は省くけど、要するに
  ・PTを組む
  ・ギルドリーヴを受注、開始する
   (この際、12時間で10ポイント付与される経験値アップポイントを消費)
  ・お互いにケアルや補助魔法を掛け合う
  ・すごい速度でレベルが上がる
 というのがあったらしい。
 装備によって変化するクラスと、その状態での行動が修練値を経験値を生み出す仕組みだから、程度の問題はあれ、そういうのがないと後衛は育てるの大変だろうという気分でいた。レベルキャップ(運営によって設定された成長上限)まで行くかもという話はあったけど、そこまで行くのが早かろうが遅かろうが、プレイしてるヤツがそれでよければいいんじゃないの、とも思った。
 もうやりつくしたな、と感じるのが早いか遅いかであって、そもそもMMOってレベル最大にして終わりじゃないはずなんだが。

 で、今回のコレ、ベータテストで既に報告されており、その時点ではスクエニは何も発表せず、先行(とはいっても有料の正式)サービス開始五日目にして

スクエニ「これはバグの不正利用にあたるのでBANです。
      自首したヤツはBANしないけど修練値と経験値は修正させてもらう。

 という対応だそうだ。言いたいことは二つ。

 ①不具合を修正して、全ゲームをロールバックしろ馬鹿
 ②俺たちは楽しく遊びたくて金を払うんであって、運営会社にいいがかりをつけられるために金払うんじゃない

 以上、FF14は終了。
 正式サービスは五日目、俺は六日目。

FF14 | 08:15:30 | Trackback(0) | Comments(3)
最新勇者事情
 レスニックさんへ

 マビ
100925_01.jpg

 FF14
100916_02.jpg 100911_01.jpg

続きを読む >>
日常 | 09:07:38 | Trackback(0) | Comments(2)
モアイvsレッドドラゴン
 昨晩遅く、チップが「今日ヤマトから荷物届かなかった?」と発言。先日はグラフィックカードなどを注文したが、今現在到着待ちをしている荷物はないはずだったので届いてないよと返事。でも待てよ?

勇者「何かウチに送った?
チップ「送った。
勇者「まじすか。不在票チェックしておきます。
チップ「よろ。

 ……で、届いたんですが。なんかでかい。そして大きさの割には軽い。
なんかデカい
 お酒かなにかで、今度は勇者ハウスで酒盛りかと思ったんですけど、違うようだ。可能性としては、チップ的に勇者ハウスには座椅子がないので腰がつらいから遊びに行きづらいって言っていたことを思い出し、ついに座椅子来ちゃうかとも思ったが。一体何が……?

 レゴでした!!!! 何この素敵ドラゴン!
まさかのレゴ

 組み立てました。
100924_03.jpg
 本当は翼の部分に布のパーツを張るみたいなんだけど、勇者のレゴ美学的に布はNGだったので割愛。というかこれで十分迫力あるよ。大きさ比較の携帯電話N906uを見てくれ。コイツをどう思う?
 今、SONYのえくすぺりあに変更しようかどうか迷ってますけど、ちょっと今月はお金使いすぎね。

 ぱぎゃーん。クルメナさんなにしてはるんですかwww
100924_04.jpg

 カメラは詳しくないし腕前なんか無きに等しいけど、ピントをモアイに合わせるかドラゴンに合わせるかで結構印象が違うもんだな。カメラ関係は後輩にプロがいるのでいざというときはそいつを頼ることにしているのだ。
100924_05.jpg 100924_06.jpg

 久しぶりに童心に帰った。しかも最新のレゴ技術を目の当たりにして朝から脳が活性化しまくり。
 ありがとうチップ!! 大事にします!

日常 | 11:53:10 | Trackback(0) | Comments(3)
高気圧ガチバトル
 突然10度以上最高気温が変動するといろいろ大変ですが、涼しいほうに向かうなら細かいことは言わない気持ちの勇者です。おはようございます。

 この季節、要するに南の太平洋高気圧と北の大陸性高気圧のせめぎあいでして、北が強くなれば北風が吹いて涼しくなり、南が強くなれば南風なので暑くなる。そして二つの風がぶつかり合うところでは前線が形成されて雨が降る。これが秋雨前線ですね。中学校の理科(二分野)で習ったぜ。

 そんなこととはまったく関係なく特攻野郎Aチームの映画を見に行きました。ネタバレ含むので詳細は「続きを読む」からお願いします。二日目。

続きを読む >>
日常 | 08:58:15 | Trackback(0) | Comments(0)
十年は戦った
 十年は戦えるとかいう台詞は有名ですが、その後十年戦えたかというと、実際は戦えてない。残念な限りでありますが、だからこそ、十年は戦えたという実績には重みがある。(挨拶)こんにちは、勇者です。
 ちょっと早めですが午前中の討伐ノルマは達成したので記事でも。

 昨日はFF14のパッケージでもひやかすか~ と某ビックカメラに出かけたのですが、実際には電気かみそりに吸い寄せられていました。ヒゲを剃ると濃くなるという説を信じこみ、無精髭を生やし、時折ハサミでチョキチョキしていた勇者も社会人になるとなればぐだぐだいっていられなくなるのが悲しいサダメ。電気かみそりでヒゲを剃る生活に突入し、はや十年が経過したんだかしようとしているんだですね。
 つまり、今使っているやつは十年は戦ったわけです。しかし、最近は剃り残しも目立ち、充電池のパワーも下降気味。新型の導入を考えていた矢先でした。

 しかし、売り場には現行機と同じようなカタチのものがない。しかもお値段がかなり違う。どういうことなんだろうといろいろ眺めているうちに、ようやく理解しました。旅行とかの持ち運び用電気かみそりをガチで使ってた

 まじすか……。

 というわけで今朝、初出撃。もう動作音からして別次元。なにこれ。
 そして反り具合がはんぱない。剃り残しでチョロ長になったやつも一撃で殲滅された。やばい。ひげそりの技術もここまで来たか、などと感慨にふけって出勤したわけですが、「ギンダさんおヒゲがすっきりしましたね。ステキ///」みたいなイベントは一切なかったのでご安心いただきたい。

 FF14のパッケージはすっかり忘れてたけど、チップはプレイする気なさそうだし、スルーでいいかのう。
 とりあえずコイツでまた十年は戦えそうである。すーべすべ。

日常 | 11:41:40 | Trackback(0) | Comments(0)
隔日出勤
 引き続きFF14ベータテスト所感など。でも今日でもう終わりだっけか? 評判が良くないとか過疎ってる(評判が良くないから過疎るのだろうが)とかいろいろ耳にするが、総評として原石過ぎてどうにもわからんというのが正直なところ。楽しそうなところはチラホラあるのだが、どうにも生かしきれていない感じがする。
 ベータテストだから? そうかなぁ。

 さてさて、ギルドリーヴの件を書いていなかったので表題に関係する内容を。
 いわゆるクエスト的なものに「ギルドリーヴ」があるわけだが、分類として「リージョナルリーヴ」と「ローカルリーヴ」がある。「ファクションリーヴ」なるものもあるらしいが、受注できるものがなかったので割愛。
 それぞれのリーヴを8個まで受注可能。成功しようが失敗しようが、それぞれ8個づつ、合計16個のリーヴを受注すると、48時間(?)は新規にリーヴを受注できない。リージョナルリーヴは傭兵稼業(主にモンスター狩り)、採集稼業(採掘、伐採、釣りのいずれかで素材を集める)、ファクションリーヴ(謎)があり、特に採集稼業がウマイ件は既に記事にしたのでよろしいでしょう。傭兵家業は一瞬で征伐が終わるか完全な無理ゲーの二択なので特に言うことはない。
 ローカルリーヴがクラフターと呼ばれる製造系クラス別にお仕事を斡旋してもらえるステキリーヴだ。材料は向こう持ちで失敗してもペナルティはなし(マビの場合は「これだからお前はダメなんだ」ぐらいのことは言われる)、隔日で近所のキャンプに行って作業するだけの簡単なお仕事ですというわけ。
 そこで今日はこのローカルリーヴがどのぐらい経験値的にウマイかを検証した。報酬とかもあるけど、なんか流動的なので割愛した。手抜きである。

★駆け出し裁縫師向け
 経験値 1394,1387,1390

★輸出用インゴット生産
 経験値 1081,1087,1083,1077

★船員用ウォーアクス
 経験値 1388,1383,1384

★駆け出し鍛冶師向け
 経験値 1390,1388,1391,1383

★船員用チェインメイル
 経験値 0,1680,1690

★駆け出し甲冑師向け
 経験値 1533,1556,0,0
  ※リーヴ遂行失敗

★駆け出し革細工師向け
 経験値 2013,1989,2011,1926,1934

★駆け出し錬金術師向け
 経験値 1159,1174,1160,1148,1147

 以上、合計 40,326経験値をゲットである。
 おそらく疲労度とやらの関係もあるのだろうが、ラット一匹70経験値を考えると圧倒的なパフォーマンスを誇ることがお分かりいただけるだろう。現状のFF14は選択肢としての生産職ではなく、普通にモンスター相手に暴れまわりたいヒトですら生産職を経由しないとラットを数万匹狩るハメになると言わざるを得ない。
 操作性はひどすぎるが、錬金術で蒸留水作るだけでも数百の経験値がもらえる以上、序盤は隔日出勤で経験値をお金、それに素材を集めて過ごすのがメインになりそうではあるが、じゃあもう一段強い敵にチャレンジできるのがいつごろかというと、皆目見当がつかないのも困りモノである。
 疲労度の関係上、後からはじめたヒトは先行者に追いつくことは(ログイン頻度に絶妙な差異がない場合)ほぼありえないようだし、開始時期が違う知り合いとからむのが難しそうな気配?
 お互い気を使わずに済む間柄ならいいんだけどな、その辺。気にしちゃうのが日本人気質だよね。
 まあローカルリーヴはソロ前提なので、パーティでの楽しみ方はまた別にあるかも知れない。まだ見つけてないだけでね。そう思いたい。

 とりあえずローカルリーヴは可能な限りこなす。これが勝利の鍵だ。

FF14 | 08:54:01 | Trackback(0) | Comments(3)
はっぴーばーすモアイ
 本日はひょんなことからましあ夫妻が勇者ハウスにいらっしゃるとのこと。先日、大佐を含めた古くからの付き合いのある連中が来て会合を持ったために部屋が片付いており、ゆったりとお迎えできた。CPUの話などをしていると、ルドがなにやら紙袋を取り出して、勇者にくださるとのこと。

 モアイ像でした。(写真は組み立て後、完成品です)
モアイ像来た、これで勝つる
 このミニブロックでサグラダ・ファミリアとか出てるシリーズ、前からほしかったんだけどなんだか踏ん切りがつかなくて見るたびに保留にしてたんだよ。心でも読まれたのかと思った。実は明日9月20日は勇者の誕生日なので、そのプレゼントとのこと。お二方、本当にありがとうございます!

 さっそく組み立てて写真を取り、あまりパーツをいじったり(結構予備が多め。好感度アップです)しているうちにムズムズしてきて、

 モアイ覚醒
モアイ、覚醒
 とか、脳内で「我等の眠りを妨げるのは誰だ」とかを再生したりした。
 赤いパーツは本来、見物客の女の子(の、スカート部分?)のパーツ。まさかこんな活用法があるとはメーカーも思っていまい。見物客の男の子向けに青いパーツもあるのだが、まあそれは放置した。

 シューティングゲームにありがちなこと
シューティングゲームにありがちなこと
 などなど、堪能させていただきました。レゴとか、何かブロック欲しくなってきたなぁ。幼少のころを思い出すわ。

日常 | 23:03:39 | Trackback(0) | Comments(2)
バルビュート兄弟
 ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…ファ-(挨拶)。こんにちは、勇者です。諸事情により画像は後ほど追加しますが、昨日夜、ついに勇者謹製バルビュートをチップに進呈し、防御力の底上げをすることができました。

勇者「……やっぱりチップだとちっこい関係もあって許される感じだな。
   俺の分も頑張って作ろう。
チップ「君の頑張りを見つめることにするよ。
    でもできあがったものを装備した君を、僕は直視できないかも知れない。
勇者「ですよねー。
れなは「オイオイ、どこに行けばいいんですか? 酒場誰もいないよ。
チップ「鍛冶屋ヨロ。
れなは「ヘイ。

 勇者がせっせとバルビュート作成中

チップ「まずもってその金床の上で作業しているときに横から叩くのが理解出来ない。
勇者「モーションは固定なんですよ。大目に見てください。

 無事完成

勇者「できた。装着!
チップ「……うん、これはやっちゃった系だな。
勇者「やっちゃったなコレ……。

 ここでれなは到着。

れなは「……君はいったい何をしているのかな?
100916_11.jpg
勇者「防御力をだな…… 底上げ……
れなは「……
勇者「一応、聞いておくけど、れなはもコレかぶる?
れなは「それはいらない。
勇者「ですよねー。
チップ「さらなる精進に期待する。
勇者「みんな製造関係やった? これ操作性ひどいよ?
れなは「そういうのは勇者がやってくれるから、やってないよ。
勇者「ですよねー。

 そして結論から言うと、バルビュートかぶったぐらいじゃランク10~のギルドリーヴはクリアできませんでした。敵強すぎワロタ。あと、敵の強さの確認方法をチップに教わった。
 敵をターゲットした時に、名前とHPのゲージが出るのだけど、その時に名前の左に●がある。この色が青とか黄色ならなんとか戦えるレベルらしい。赤いと戦闘を挑むのは考え直したほうがいいらしい。

 その後はドードーを三人でボコッて大鳩の粗皮とか羽根とかをむしりとった。初めて見るドロップアイテムに勇者のテンションが上がりまくり。これを利用してさらなる武器防具を製造してみたいと思います。

 ベータテストは9月20日までだから無理かもしれないけどな!
100916_12.jpg
このセンスはないわ。

FF14 | 11:32:25 | Trackback(0) | Comments(0)
何故分けたし
 鍛冶屋の話でしたっけ。採掘士としてピッケルを担いで草原を駆けまわり、岩場で様々な鉱石を掘り起こしてレッツ精錬と思ったらクリスタルがないという状態でしたっけ。
 モンスターの属性によって落とすクリスタルが違うんでしたっけ。シャードはモンスターの属性と同じヤツ多め、ほかの少なめって感じで出る。ラットを鬼のように狩りまくった結果から考察すると、正反対の属性のシャードは出ないっぽい?

 ●ラットからドロップしたもの
   ・溝鼠の粗皮、同+1、同+2、同+3
   ・骨片、+1、+2、+3
   ・アースクリスタル
   ・その他シャード多数

 アイテム欄が最大80行なのによォォォ、なんで8種類もドロップがあるんだよォォォ!!
 クリスタルとシャードは別腹なのが唯一の救いか。本当にこのゲームはいい意味で原石である。クソゲー状態なのはシステムが荒削りすぎて洗練されてないから。
 よく言えば原石状態。悪く言えば発売会議で承認降りないレベル。有料ベータテスト状態を2,3年は覚悟しましょう。ずっとかも知れないが。

 まあそんなわけで、ラットからファイアクリスタルは出ないことがわかった。地属性なんだな。そう理解しようじゃないか。

 ●ウィーブル(甲虫っぽいやつ)からドロップしたもの
   ・蛍の翅鞘、+1、+2、+3
   ・モコ草?
   ・ファイアクリスタル
   ・その他シャード多数

 ●バンプルビートルからドロップしたもの
   ・蛍の翅鞘、+1、+2、+3
   ・クローヴ?
   ・ファイアクリスタル
   ・その他シャード多数

 甲虫が火属性ね。

 シャードはたくさん出るけどクリスタルはなかなか出ない。数個のクリスタルを入手したところで鍛冶スキルで銅鉱からブロンズナゲットを作る。銅鉱*3に錫鉱*1を混ぜるとブロンズナゲットになる。

 チップと一緒に二人でキャンプ・スカルバレーのギルドリーヴにチャレンジしたら敵強すぎワロタ状態でリーヴ放棄するはめになったので、武器か防具をどうにかしたいよね~という話をしていた。
 ふたりとも頭に何もかぶっていないので、ここが強化ポイントと思い、バルビュートを作ることにした。古代ギリシャとかの兵士がかぶっているような兜だ。

 ▼バルビュートのレシピ
   ・ブロンズプレート*1 … =ブロンズインゴット*1 =ブロンズナゲット*5
   ・カッパープレート*1 … =カッパーインゴット*1 =カッパーナゲット*5
   ・カッパーリベット*1 … =カッパーナゲットから32個作れる
   ・シープレザー*1 … 革細工スタンドで1,200ギル

  なお、甲冑師ギルドで
   ・ブロンズプレート 3,300ギル
   ・カッパープレート 1,100ギル

  甲冑製作スキルに5,600ギルで1回チャレンジできるのであるが、そんなに経済的な余裕はないので、地道にナゲットからインゴットを作成することにする。
 しかし…… 鉱石>ナゲットは鍛冶スキルで、ナゲットからインゴットは甲冑スキルなのは本当に解せない。そもそも鍛冶と甲冑を何故分けたしというのが正直なところだ。
 結局2万ギルほど散財してようやくバルビュート1個製作成功。全然作業成功しなくてまじ涙目だったわ……。許すまじ。
 これをチップに進呈して防御アップを図る予定。今夜よろしく。>チップ

 これでドードーぐらいは倒せるようになりたいところである。

FF14 | 12:45:00 | Trackback(0) | Comments(2)
鍛冶屋はロマン
 某ラグナロクオンラインで製造BSをやって以来、鍛冶屋には妙なあこがれというか、ロマンを感じている勇者です。もちろんマビでも鍛冶に手を出して挫折するなど、案の定な展開が待っておりましたが、FF14でも例外ではないというわけです。

 ▼銅鉱*4 + ファイアクリスタル*1 = ブロンズナゲット*12
 ▼黄銅鉱*4 + ファイアクリスタル*1 = ブロンズナゲット*12

 銅鉱と黄銅鉱を混ぜてブロンズナゲットを作ることはできないので注意。また、銅鉱+2などの補正付き鉱石は混ぜて使用可能。どのクラフトにも言えることだけど、どうやら補正付き素材を使用すると、素材耐久度と初期目標品質度にボーナスがあるっぽいですね。
 でも、そのかわり、作業成功の確率が減っているような気がする。銅鉱*4と銅鉱+1*4だと明らかに成功率違うと思う。乱数の偏りかなぁ。

 おっと、クラフトの流れについて説明しておかないと、この文章意味不明だな。FF14には木工、革細工、鍛冶、甲冑、彫金、錬金、裁縫の製作スキルが存在する。それぞれのクラスになる(製作スキル向けの装備を身につける)ことで製作可能。
 たとえば鍛冶をするなら、

  ・ウェザードクロスペインハンマーを装備する
  ・メニュー画面を開く
  ・!製作 を選択する
  ・製作メニューが開く
  ・材料欄の空白(8マスある)をクリックする
  ・アイテム欄が表示されるので、材料を選択する
   (例:銅鉱)
  ・個数指定ウィンドウが開くので、個数を指定する
  ・材料欄にアイテムが表示される
  ・「主器」ボタンを押す
  ・製作目標物のリストが表示されるので、目標物をクリックする
  ・製作目標物の詳細が表示される
  ・レシピを見る ボタンを押す
  ・レシピが表示される
  ・「製作する」ボタンを押す

 という流れ。
 しかもこれ、材料が4種類ある場合には、材料欄の空白をクリックから個数を指定までを毎回やらねばならない。錬金で材料4種類とかあると血管がキレそうになる。アイテムの並び替えか整頓コマンドでもあればいいのだが、それが一切無いので、最大80行になるアイテム欄をあくびを噛み殺しながらマウスホイールでスクロールさせて、これまた反応の悪いマウスポインタを目標のセンターに入れてスイッチである。

 マジでこのゲームの操作性はイケてない。あえて言おうカスであると。
 俺がスクエニのえらい人なら、これ設計したヤツはクビ。そのぐらいひどい。そしてこのステップ全てがのったらくったら時間かかってウィンドウが切り替わるのだ。
 これと比べればマビノギの糸車なんてかわいいもんである。

  ・糸車クリック
  ・製作ウィンドウが開く
  ・材料を選択
  ・数量を決定してドラッグ&ドロップ
  ・「スタート」ボタンを押す

 だもの。

 なお、この後、クラフト作業ウィンドウが開き、
  ・標準作業
  ・突貫作業
  ・入魂作業
  ・経過観察
 のいずれかを選択し、成功、失敗、大失敗によって、作業進捗率、素材耐久度、目標品質度が変化する。基本的に作業をすると素材耐久度が減少し、作業進捗率と目標品質度がが増加する。素材耐久度が0になる前に作業進捗率が100になれば製作は成功。
 この製作システムを理解するまでが大変だった(俺が読み落としているのだろうが、ゲームの中で説明が全く無い)が、理解するとなかなか面白い仕組み。
 それだけが唯一の救いである。

 なお、目標品質度は目標製作物の品質度という意味らしい。成果物品質度って表記のほうがまだ分かりやすいと思うのは気のせいか? 最初なんのことか全く理解できなかったからな。
 最近感じているのは、例の修練値のバラつきは、基本修練値に目標品質度が加算されているからではないのか、ということだが、まあ細かいことである。

 ……製作の流れを説明しただけですごい長文になった。鍛冶屋のロマンについてはまたの機会にお話することにしよう。
 とりあえずFF14は操作性だけで見ると明確にクソゲー。今更どうにもならんだろう、コレ。

FF14 | 12:30:33 | Trackback(0) | Comments(0)
ここが俺のトゥガルドアイルだ
 伐採伐採また伐採。光る木立を見つけては伐採用斧を振り下ろし、光る草むらをみつけては草刈鎌を振り回す。ここが俺のトゥガルドアイルだ!!(挨拶) こんにちは、勇者です。
 微妙にマビノギ引きずってますけど、まあこのブログはじめたのがマビきっかけだからそのあたりは納得して頂くほかありませんな。錬金術のアレを調べた結果があのザマだったので悔しく思って園芸師でも調査。

 ★ビアデッドロック周辺の調査
  このギルドリーヴはキャンプ・ビアデッドロック周辺の伐採ポイントを3つまわり、
  各5回ずつ、合計15回の伐採ができるウハウハギルドリーヴだ。まじおsusuめ。
   園芸修練値   経験値
    722       380
    693       380
     41        0(何も得られなかった)
    669       360
    659       360
     49        0(何も得られなかった)
    696       380
    732       380
    694       380
    712       360
    670       360
    690       360
    675       360
    702       360
    680       360
 以上。
 なんだか経験値がバラつく。中間で少し高まっているということは、例の疲労度とかいうやつはある時間単位で減少する(=経験値が増える)のだろうか? ある時間が経過すると、どーんとまとまった量の疲労が減少し、また伐採により疲労度がたまったと考えることができそうだが、断定は難しい。

 今のところ伐採で得られたものはアッシュ、メープル、エルム、ウォルナットの枝、原木なのだが、木工師の材料で使えるのは原木だけっぽい? 枝の使い道がさっぱりわからない。ただ、装備を見ると補修材料に「メープルの枝」という表記が時折あるので、ためておくと将来いいことがあるかも知れない。
  ▼メープル原木*1 > メープル材*4
  ▼メープル材*1 > ダガーグリップ(メープル)*1
 シャード消費は割愛。伐採していればシャードは問題なく手に入るはず。

 アイテム欄が80枠まで(アイテムによって1枠で持てる個数は決まっており、これを超えると別枠を消費する)なので、そろそろなんらかのカタチで消費しないとあふれてしまう。もっとも、これは伐採によって得られたものに限らず、ここが俺のバリダンジョンだとばかりに採掘しまくった結果、
  黄銅鉱 12
  黄銅鉱 9
  黄銅鉱+1 1
  銅鉱 12
  銅鉱 9
  銅鉱+2 4
  銅鉱+3 2
  錫鉱 12
  黄鉄鉱 9
  鉄鉱 2
  褐鉄鉱 2
 みたいな在庫状況になってしまっているのが悩みの種だ。
 ちなみにこれ、テキストファイルに書き出して並べたからスッキリしてるけども、現状アイテム欄の並べ替え方法とかが不明であるため、非常に把握しづらい状態である。
 で、これも鍛冶師の修練で消費すればいいじゃなーいと考えたのだが、どうもシャードじゃなくてクリスタルを消費するみたいなんだよ。持ってないよクリスタル。そりゃあファイナルファンタジーだからクリスタルは基本中の基本かもしれないけどね、持ってないものは持ってないの。
 うかつに質問するとググれカスとか言われそうで怖いし。ググってもよーわからんし。鍛冶師ギルドに行ったら「ギルドクーポンと引き換えでクリスタルをやらんこともない」というNPCを発見したのはいいが、ギルドクーポンの入手法が不明という、もうこのゲームまじで至れり尽くせりだな、オイ

 やり場のない怒りを胸に秘めて草原を走り回ること2時間、ふとしたことから出会ったヒトに勇気を出して聞いてみた。

勇者「ついでにご存知でしたら教えていただきたいのですが、
   クリスタルはどのように手に入れるのがよいでしょうか。
??「ああ、モンスターを倒すと、モンスターの属性と同じ
   属性のシャードかクリスタルをドロップ
しますよ。

 結局MMOなんて戦闘とレベル上げだけじゃんという批判に応え、生活関係のスキルやクエストで潤沢な経験値を得られるようにしたゲームは昨今、多い。だが、あらゆることをやらねばならないゲームは初めてだ
 ファイナルファンタジー14… ここもまた戦場だったのだ……。
 (俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!)

FF14 | 12:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
銀の錬金術士
 鉄鉱石5個 → インゴット1個 の常識が打ち破られた記念すべき日です(挨拶)。こんばんは、勇者です。例の経験値減少傾向についてがんばって撮影しましたので、以下、研究用に。
 ベータテストだし気にするなという気持ちもわかりますがね。

 錬金術のギルドリーヴを受注して、材料をもらって練成練成。
100912_13.jpg 100912_14.jpg 100912_15.jpg
 三回の練成が可能な材料をもらえて、うち2回成功すればクリア可能。かといって余った分も納品時に回収されるのか、またはアイテム欄にははいらないかで、チョロまかすことはできません。修練値がもらえるだけで満足しておきましょう。
 画像をいちいち見るのも面倒でしょうから書いておきますと、
  ・「練成」修練値 419  経験値 1772
  ・「練成」修練値 464  経験値 1692
  ・「練成」修練値 418  経験値 1697
 となっております。ね、時間経過と共に減少……してねえ。なんだこれ。

 次は先程の「にかわ量産」のギルドリーヴをクリアした時にメモをゲットした結果、水銀の練成を4回できるだけの材料を所持していることが判明したのでレッツ練成。そんな毒性のある金属作ってどうするという意見もあるが、説明には「火薬などの材料になる」とあったので、いずれ拳銃を手に入れたときに役立つであろう。
100912_21.jpg
 早速失敗。まじ泣ける。失敗すると修練値も少ないし、経験値はもらえないようだ。

 ふんどしを締めなおして再挑戦。
100912_22.jpg 100912_23.jpg 100912_24.jpg
 ・1回目 … 修練値 316  経験値 1184
 ・2回目 … 修練値 249  経験値 1130
 ・3回目 … 修練値 288  経験値 1131

 ……うん、OK、繰り返しやっても関係ないんじゃない?
 とりあえず、冒頭の話がココ。なんとか砂3個を練成すると水銀12個ができるんですよ。なんか属性関係のシャードってやつも消費するけど、いろんなところでもらえるから、シャードについては不自由しない印象だ。今まで鉄鉱石5個からインゴット1個を作っていた勇者的には好感度うなぎのぼり。なんか得した気分だ!
 まあ水銀36個で火薬1個とかになる可能性もなきにしもあらずなので油断は禁物か。

 このあと、キャンプ・ビアデッドロックまで走ってさらに「駆け出し錬金術師向けギルドリーヴ」のスクリーンショットも撮ったけど、あまり意味なさそうなので捨てた。
 わからないことだらけだぜ…。もうすこしまじめにギルドリーヴクリア時のメモについて気を配っていればまた違ったのかもしれないけど。

 そろそろカニに挑むか。

FF14 | 23:51:48 | Trackback(0) | Comments(2)
残念な撮影技術
 スクリーンショットを撮るのに「ScrollLock + PrintScreen」では物足りない(挨拶)。こんにちは、勇者です。なんでこんなこと確認しているかというと、マニュアルにある方法でスクリーンショットを撮ると、ほとんどの画面表示内容が消えた状態になるので、なんか物足りなくなるわけですよ。
 (先日のサラマンダーで戦闘不能スクリーンショット参照)

 こんな感じで、
100912_02.jpg
 ログを撮影しつつ、料理とかを連続でやってるとこんな感じで経験値が減るよ、とかの記事も書けるじゃない? 昨今の記事数低迷にテコ入れができるかと期待していたのに……。

 ちなみに、PrintScreenキーのみを押すことでWindowsのクリップボードにスクリーンショットが得られるので、勇者ブログ始めて以来ずっとお世話になっている画像編集ソフトPictBearの「クリップボードを貼り付け」ボタンで画像を保持させ、あとで切り取って保存とかしているわけですわ。
 PrintScreenキーが押されたとき、マウスカーソルがFF14クライアントの上にないと、他のウィンドウがFF14の画面の上に出現して撮影失敗するので注意して欲しい。勇者の残念な撮影技術が露呈した瞬間である。

 マビでは基本的に画面そのものが撮影されてスクリーンショットフォルダに行く。Ctrl+Nで、名前表示を消すことができるので、神経質なプレイヤーが多い場合はそれを使う。FFも基本はそのまま撮影してくれればいいのになぁとは思うが、ここは慣れの問題なのであまり文句を言うのははばかられる感じだ。

 あと、キャンプ・スカルバレーをようやく見つけたのでマップの写真を出しておく。
100912_01.jpg
 キャンプ・ビアデッドロックから北へ向かう街道沿いに進み、狭い峠の道を抜けた先にある。直線的に言えば北西ということになるだろうか。マップ左下にある街(?)には入れそうになかった。船で行くのだろうか。

 なお、その街を眺望できる岬にはカニがひしめいている。
100912_03.jpg
 FF14もカニゲー認定か。

FF14 | 13:18:58 | Trackback(0) | Comments(2)
リンクシェルが日本代表
 ようやく操作にも慣れてきた感じがあるので、これまで別々にやっていた界隈のメンバーを招集。チップはバリバリに暴れまわっているかと思ったらまだ街から出たことなかったりと、意外性もあった、なによりそのかわいさにびびったわけである。
 こうなるともっとも普通な外見を選んだのが逆に……。

 いや、いいだろう。勇者は地味なものと相場が決まっているのだ。

 ひとまず、リンクシェルというものを作って配ってみた。
100911_01.jpg
 なんかマークが日本代表だけど気にするな。
 これを装着すると、名前の横にマーク(リンクシェル作成時にデザインはテンプレートから選択して作成する)が出現し、リンクシェル装着者にのみ聞こえるチャットを使うことができる。……が、Skype使ってたのであまり恩恵は感じなかった。
 見ず知らずのヒトとゲームやるときは便利になるのかもしれない。

 なお、リンクシェルとパーティは別物。パーティを組むと、ギルドリーヴを一緒に実施することができるのだが、メイン報酬は受注者のみで、任務報酬とかのおまけ的なものが同行者に支払われる。難しい任務を手伝ってもらうのはいいが、ギルドリーヴは繰り返し受けられるんだか受けられないんだかよくわからないので、これを通じて得られるはずの経験値が若干同行者のほうに持っていかれるような計算になるので、荒れるかもしれない。
 こういうの、結構効率がどうこうとかで余計な気を使う原因になるので注意深く設計して欲しい。

 経験値はジョブに相当する「クラス」と基本レベルに相当する「フィジカル」の二つがある。剣士クラスで経験値を稼ぐには、当然剣を振り回してねずみとかこうもりとかを倒すことになるわけだが、同時にフィジカルの経験値ももらえる仕様。
 しかしいいことばかりではなく、しばらくゲームをやっているとだんだんフィジカルの経験値が少なくなっていくのがわかる。これがレベルアップに伴う現象なのか、うわさに聞く疲労度による現象なのかはまだよくわからないのだが、ともかく時間と共に経験値が得られにくくなることは事実だ。
 そこで、クラスを変更する。

 ウェザードピッケル(ツルハシのようなものか)を装備すると、クラスが「採掘士」に変わる。この状態で崖などに時々存在する光るポイントに行くと、採掘が行える。マビの場合は「バリダンジョンで鉱石にツルハシをたたきつけるだけの簡単なお仕事です」だったのが、なんと掘る力加減のようなものをマウスクリックのタイミングで設定し、これがジャストフィットすると掘り出せる、という仕様だ。
 掘り出しに失敗すると経験値はしょんぼりになる。成功するとウハウハなのでがんばって欲しい。
 ただし、このウハウハ経験値もやはり時間と共に減少する。そうなったら、またクラスを変えるのだ。

 ウェザードハチェット(伐採用斧のようなもの)を装備するとクラスが園芸士になる。この状態で光る木立に接近すると、伐採を行うことができる。マビではどの木からも大抵薪を得ることができたが、ここではそう簡単にはいかないようだ。
 伐採は斧をたたきつける角度を変化させ、ジャストミートさせるといい感じに伐採できる。斧をたたきつけて伐採して、ゲットしたのが「蜂蜜+1」とかだと、なんか複雑な気分だが、まあ仕方あるまい。

 伐採や採掘でもフィジカルの経験値がもらえるので、せっせと採集。もちろん採集を目的としたギルドリーヴもあるので、これを受注してこなすわけだが、前述のようにギルドリーヴは一度こなすと復活しない(?)。なので、あとはフィールドを走り回って天然に存在するピカピカポイントを探すことになる。
 まあギルドリーヴこなしたその日はもう経験値の入り具合が微妙になっていると思うので、そこまでがんばらなくてもいいという説もある。

 遠出しすぎてサラマンダーに3300ダメージとかも食らわずに済むしな。
100911_02.jpg

FF14 | 11:08:54 | Trackback(0) | Comments(0)
考えるのが面倒
 仕事で頭を使いすぎた(すごく久しぶりにJavaでプログラムを書いた)反動か、帰宅してからモノを考える能力が恐ろしく低下していたのか、Amazonで注文したGeForce GTX460 Cyclone 1GBとコングを換装してFF14のベンチマークソフトでLowの4800だかを記録してゲーム開始したあと、料理を作れというクエストでどうやったら料理ができるのか全く理解できず、2時間ほど草原を走り回るはめに陥ったりした勇者です。おはようございます。(ここまで挨拶)

 FF14は映像が綺麗なのは文句ないんだけど、なーんかメニュー画面とか開くのがもっさりしてない? NPCに話しかけるのも近づいてからターゲットに選択するのに1回、会話するメニューを出すのに1回、話題の選択に1回クリックしないといけない。話題の選択がない場合でも2回はクリックが必要だ。
 近づいてAボタン(PS2パッドなら○ボタン)という操作には出来なかったのだろうか? 複数のNPCが接近しているなら「今ボタンを押すと会話できるNPCの名前」を表示すればいいんだし。

 エレベータやエーテライトといった施設も画面上部に「!」マークが出て、これをクリックするとメニュー画面が表示され、もう一度そこに表示される「!エーテライト」をクリックすると、ようやくエーテライトのメニューになる。
 接近したら「!エーテライト」という表示を出して、それでボタンを押したらエーテライトのメニューが出る、という操作にできなかったのか? 頻繁に使用する施設だからこそ単純な操作にするべきだろうに。

 お金や経験値を稼ぐクエストとかミッションとか呼ばれるものが「ギルドリーヴ」なのかな? これの受注も組織から受けるものとクラス向けに受けるやつとでいろいろあるようで、そこは面白そうなのだが、いかんせんわかりにくい。
 3つのギルドリーヴが表示され、その中から1つを選択するとギルドリーヴを受注したことになるのだが、次の表示されるのは「残り二つのギルドリーヴ」なのだ。たくさん受注しても問題ないのかな? ということで全部受注しちゃうのだが、受注した次に「野良羊を5匹倒せ」と書いてあったら、野良羊を探しに行くよね、普通。
 野良羊を発見するまで1時間草原を走りまわり、ようやく見つけた野良羊は他の人が攻撃中だったときのイライラ感といったらないよね。
 正解は、ギルドリーヴを受注したら、エーテライトに行って、ギルドリーヴメニューを開き、ギルドリーヴを開始する、というもの。そうすると、他の人には見えない(ように思える)野良羊が生成されるので問題なくギルドリーヴをクリアできるという寸法だ。わかんねーよ。
 いや、最終的には(エーテライトのメニューいじってたらピンときて)わかったけど、わかんねーよ。

 マビにおけるメインストリーム的なシナリオも用意されているようで、酒場のマスターが街の施設を教えてくれるという割とオーソドックスな展開があるのだが「地図にマークつけといてやるから」という台詞のあと、地図をひらくと、表示される範囲が狭すぎてマークが画面に出ない。
 地図メニューで表示範囲を変更するとむしろ街が一個のアイコンで表示される始末。ゲーム画面に自分の周囲の地図は出るので、その範囲を広げたり狭めたり、表示縮尺を拡大したり縮小したりできればもっと助かるんだが。

 やっとの思いで騎士団? に行ったら入隊試験やるぞー>銃を撃ってみろ>銃持ってません>マジかよ、しかたない、貸してやれ>銃を構えるギンダマ>大男が乱入して「俺の銃を貸すとかマジふざけんな」>銃を取り上げられるギンダマ>なんか海賊がどうこうという話>いつのまにやら入隊試験は不合格になっていた。
 何を言ってるかわからねーと思うが本当だ。シナリオの都合なんてチャチなもんじゃねえ。

 昨日は21時から午前1時前まで、約4時間ほど遊んでいたけども、そのうち3時間は草原を当てもなく走っていたことになる事実にちょっと愕然。手探りしながらもうちょっと頑張ってみようと思うが……。

FF14 | 10:54:51 | Trackback(0) | Comments(0)
提灯記事 Intel SSD 160GB編
 新型機(ガワは変わっていない)についてですが、快適過ぎワロタ。提灯記事を書くのでIntelは大至急勇者の口座に報酬を振りこんでください。待ってます。

 今回の新型機で採用したのはIntel SSD 160GBだ。お値段は驚きの49,800円。最近はハードディスクのお値段がすばらしく安くなっている。容量も大事だが信頼性も大事にして欲しいとは常々思っていたのだが、すみません、読み書き速度も大事でした
 そもそもハードディスクは回転してヘッダを該当部分に当てることでデータを読み書きする。なので、回転速度とキャッシュのサイズが読み書き速度に影響する。5600rpmとか7200rpmとかが回転速度だ。
 Rotation per Minuteの略で、一分間に回転する回数の意味。見えないところでかなり回転しているのである。回転させるにはモーターが必要で、動作音も当然する。流体軸受けとかにして動作音を抑えようという努力は各社一生懸命に取り組んでいたものである。
 それで今回のSSDは、SDカードに代表されるような半導体素子を利用して記憶を行うもので、機械的な可動箇所を必要としない。平たく言うと回転しない。だから高速で読み書きができるし、省電力だし、衝撃や振動にも強い。勇者は何度もSDカードを洋服ごと洗濯してしまっているが、陰干しすることで不死鳥のように蘇っている。データの破損もない。(だからといってメーカーは保証しないし、真似して損害を被っても勇者は完全にスルーする)

 問題は、スゲー高いってこと。

 今では500GBのハードディスクが10,000円前後のこのご時世に、160GBで約50,000円となると、コストパフォーマンス的にはあまり魅力を感じないのも無理はない。しかし、考えてみて欲しい。
 いったいどれほどの数のヒトが「Windowsの起動が遅い」と不満をこぼしていただろうか
 (スリープモードでOFFになっている)PCの電源スイッチを押す、椅子に座る、キーボードに手を置く、この5~7秒で、Windows 7のパスワード入力画面が表示されていると言ったら、信じるだろうか。正直言って革命的ですらある速さだ。
 Windows XPで動作していた先代では、休止モードから「Windowsを再開しています。カリカリカリカリ…」で30から45秒かかっていたのである。もちろんこれだってそんなにストレスのある時間ではない。電源を入れたらスーツを脱いで部屋着に着替え、それからPCのトコロに戻ってくればそれでいい時間だ。
 しかし、今後は先に電源を入れたら、スーツを脱ぐタイミングを失うだろう。HDDからSSDへの変更は帰宅後の行動パターンを変化させるほどの違いがあるのだ。

 ちなみにシャットダウン状態からWindows 7が起動するのにかかる時間は現在12~15秒だ。スリープモードに比べ、ヘッドセットを装着してSkypeなどの音声通話に備えるぐらいの余裕が生まれる。
 今までは機械に待たされていたかも知れない。だがこれからはこっちの準備が間に合わないような時代がやってきたのである。
 ただし、ハードディスクを窓から投げ捨てるのはまだ速い。SSDをシステムパーティションに使うから上記のような利点が生まれるのであって、安価な大容量の記憶媒体としてのハードディスクのニーズはまだまだある。それは間違いのないことなのだが、それでも感慨深く思い出されること、それは……

 十数年前、ハードディスクの説明には「大容量だが非常に高価なのであまり用いられない」とあったことだ。

 このような提灯記事を読んで、多くの人が使い分けによる利点を実感することを願う。おそらくそのぐらいの利用頻度になったあたりで、一気に値段がさがると予想している。安くて省エネ、動作も快適となれば、我々の生活に寄与する度合いは益々増える。よっ、さすがIntel、シリコンバレーイチだぜ!!
 ということで提灯記事を終わる。

 なお、SSD採用にあたってはれなはの先行導入が大きかったことは特に記しておく。あの人物の先見の明は相当なもので、その口車には乗る価値が(意外なほどに)ある。無条件に乗ることはおsusuめしないが、それでも大損はしないだろう。

日常 | 10:30:20 | Trackback(0) | Comments(3)
ばーにんぐすとーん計画 進行中
 様々な議論があったが、最終的に以下のようなハードウェア構成になった。
  Windows 7 Proffessional Edition 64bit版
   マザボ ASUS P6T58X-D マザーボード
   CPU Intel Core i7 930
   メモリ 6G (DDR3-1333) 2GB*3 トリプルチャネル
   SSD Intel 160GB(システムパーティション)
   HDD たくさんGB(現行のもの流用)
   グラボ NVIDIA GeForce 7900GTX

 グラボがコングじゃねーかwww というツッコミがあるだろうが、まだあわてるような時間じゃない。FF14のベンチマークソフトが動かなかったのはCPUのスペック的なトコロが問題だったかも知れないじゃないか?
 ここは技術屋としてしっかり検証していくべきところであると思う。

  結果 → コングではFF14でこの先生きのこれない

 クッ…(涙

 その他のエピソードとしては、最初の起動時に「CPU熱すぎワロタ」エラーが出てビビる。BIOS設定から温度を確認したら余裕の摂氏85℃。表示も赤くなってた。
 すばやく電源を落とし、解体してCPUクーラーを組み付け直したら安心の摂氏33℃。
 バーニングストーン計画でCPUがバーニングするところであった。笑えない。

 ひとまずアプリ関係をインストールして環境を整えたりしていたのだが、とりあえず新型機快適過ぎワロタ状態。FireFoxにプラグインいれて動かしたりしていると妙に重くなったりしていたのがなくなったのが一番大きいだろうか。
 それが原因でGoogleChromeを使ってみたりしていたわけだし。ただ、IMEのGoogle日本語入力は今回導入見送り。Age of Empire IIIで日本語使えなくなるのは痛い。

 などなど。

 ひとまずは作業系に必要なアプリを揃えているのだが、まだ足りていない感じなので、ぱはーんなどは今週末再開って感じで考えている。ゲーム系はシムシティ4とかシヴィライゼーション4とか、かなりやりこんだけど今はやってない方面をインストールするかどうか迷っているところである。
 やりたくなったらでいいかなぁ。

 あ、マビも…。

 グラボはもう少し検討して採用を決める予定。

日常 | 14:36:45 | Trackback(0) | Comments(5)
ばーにんぐすとーん計画
 勇者の脳内予算委員会をばーにんぐすとーん計画が審議中である。役得で手に入れたWindows7機に続き、本気で使用する本格的Windows7機導入計画である。九月に入り、残暑が厳しいながらも徐々に気温が低下傾向にあることから、現状は排熱の関係で使用頻度が低下しているデスクトップ機のテコ入れをする気になったのである。
 というか数年ぶりのでかい買い物になりそうで不安と期待が入り交じっている。アドレナリンきてますね。

 構想としては、
  Windows 7 Proffessional Edition 64bit版
   Intel Core i7 xxx(数字未定)
   メモリ 6G (DDR3-1333 or DDR3-1600) 2GBのを3枚セットで売っているのだ
   SSD 80GB(システムパーティション)
   HDD たくさんGB(現行のもの流用)
 まではいいとして、問題はグラフィック関係のところをどうするか、なのだが…。

 RadeonかGeForceか、今現在も迷っているのだが、
  案1:GeForce GTX460
  案2:Radeon 5770
  案3:GeForce GTX460 SLI構成
  案4:Radeon 5970
 の中から、ひとまず案1、冒険して案3、安牌(?)の案2という順番だ。しかしチップがRadeonで組んでいるので、比較のためにはGeForceを購入して現状を把握するというのが勇者として正しいだろうか。
 次に考えなければならないのは、案1を採用した上で、さらに案3夢の二枚差しまで踏み込むかどうかだ。ここをどうするかでマザーボードの選択が決まるのである。
 microATXの案1限定モノなら二万円未満、案3視野であれば三万円弱のお値段だ。それに加えてGeForce GTX460をさらに一枚だから、約三万円の予算的差異が見込まれる。

 目下のところ、予算委員会は慎重な議論が交わされている。

日常 | 10:37:00 | Trackback(0) | Comments(1)
うおーたーとぅばーにんぐすとーん
 最近、PCがうまく動かない系の相談が増えてきている。工業製品であれば最初は重厚長大にはじまって短小軽薄へ移行しているモノなのだが、情報機器は際限なくスペックが上がってきている。ソフトの高機能化とハードウェア性能の向上のハザマで、リッチクライアントとシンクライアントの志向はいったりきたりしている。
 そういう流行を追うのはあまり意味がないし、今日の最新型は明日の旧型なのがこの業界なので、買い時というものはなく、欲しい時が買い時、というのが至言であろう。

 そんで、業務の必要からちょっと古いノートPCを出してきたのだが、
  Windows XP Proffessional Version 2002 SP3
   Intel Pentium M processor 900MHz
   504 MB RAM
 というスペック。
 当時はデスクトップ向けCPUの周波数が1GHzを超えてマジかよとか思っていた時期だ。
 ……そう考えると、すげー古いと実感した。

 道理で、Windwos Updateが既に40分「更新プログラムを検索しています」状態なわけだ。

 PCの起動が遅いとか、起動してから10分放置してから動かさないとフリーズするとか、俺の遭遇したこと無いような現象が世の中には溢れているらしい。アプリケーション毎にメモリ空間を別々に割り当てるようになってからというもの、バックグラウンド処理のせいでユーザーの任意で起動するアプリケーションがフリーズするとかって理屈上ありえないんじゃないのかなとも思うのだが、そこまでM$を信用するのも危ない気もするんだよね。
 これが自分の直面した問題であれば新型機導入のきっかけになるんだが、予算が自分のものではないからそれは解決策として提示できない。困ったものである。

 ……で、なんでこんな話をしているかというと、新型機欲しくなってきて心が揺れているのである。チップはFF14のベータテスト参加の意気込みがあるようだし、ちょっと疎遠なマビも気になるけど、さすがにやりつくした感があるから、なんか新しいのをやってみたいんだけど、じゃあFF14はどうかって、先日ベンチマークソフトがまともに動作しなかったという屈辱を味わったばかりなのだ。
 コングの現役伝説もここまでなのかと枕を濡らしたあの日。GeForce7900GTXというハイエンドグラフィックカードを購入して以来、数年を余裕で闘い抜いた歴戦のツワモノである、コング。彼にも引退の時がやってきたということだろうか。
 現状のゲーム環境には満足している。動かないゲームとかないしな。しかし、新しいものを求めるならば新しい装備が必要なのもまた真実なのだ。OS、CPU、メモリ量、ストレージ(OSの動作パーティションはSSDを試したい)などはほとんど鉄板なので迷う余地はあまりないのだが、問題はやはりグラフィックカードであろうか。
 4亀のこの記事とかを読むと「Radeon 5970 ≒ GeForce 460GTX 2枚差し」のように読める。だったらRadeon 5970一枚のほうがいいんじゃないのかなとも思うのだが、どうなんだろうか。
 こればっかりは主観もあるだろうし、どうにも判断がつかない。迷いがあるうちは新型機は遠いな。

 ……まだWindows Update終わらねえ。


日常 | 10:31:25 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad