■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
愚痴記事を沈める
 愚痴記事がトップに居座っているとみなさんの精神衛生上もよろしくないと思うので、適当な記事を書くことにした。

-----
 企業内の不正コピーってのが問題になって以来、通勤電車の中の液晶画面に時々宣伝を見るようになったのが「不正コピーを退治してあなたも勇者に!」という煽り文句。
 最低な煽り文句でうんざりする。

 あれ、また愚痴だよ!

----
 今年も北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のサンタクロース追跡作戦が展開されてます。サンタクロース追跡作戦の詳細については http://www.noradsanta.org/ を参照のこと。日本語版もあるようだ。
 ナイトメア・ビフォア・クリスマスというアニメ作品を見たとき、主人公であるハロウィンタウンのヒーロー、ジャックがサンタクロースを拉致監禁してトナカイのそりを乗っ取り、ハロウィン系クリスマスプレゼントを街中にバラ撒くシーンがある。
 その結果、街は悲鳴と号泣の渦に飲み込まれるのだが、対抗策として出てくるのが軍隊の高射砲なのがさすが欧米である。国民の平和なクリスマスを守るために身体を張って戦う軍人像であるなと、妙に感心しながら見ていた。
 日本で言うなら、ゴジラが暴れだしたときに陸上自衛隊が出撃するようなものなので、このあたりは欧米に限った話ではないかな、などと思い直しもしたが、実際にジャックが高射砲に撃墜されたときはさすがは欧米だなと思い直したことを思い出す。
 あくまでも自衛隊を税金無駄使いの役立たず(やられ役)として表現しちゃう日本とはひと味違う。

 もっとも、子供たちに夢と希望とプレゼントを配って回るサンタクロースを米軍が撃墜する心配は、今のところないだろうけども。サンタクロースの実在については様々な意見があることだし、深くは語れないけど、中には「軍隊が追跡しているんだからサンタクロースは実在する」って考える子供もいるんじゃないだろうか。
 最近近所で耳にしたのは、小学校の先生が「クリスマスプレゼントをご家族が用意して待ってます」みたいな発言したら「ウチの子はサンタクロースがいるって信じてるんだから変なことを言うな」とマジ切れして怒鳴りこんだ母親がいるって話なんだが、そもそも本来のクリスマスは家族や親戚同士でプレゼントを贈り合うらしいので、その発言でサンタクロースの実在を否定しているってことにはならないんじゃないのかとか、いろいろ

 また愚痴だよ!

-----
 先日から話題に出ていたFPSでヒャッハーしようぜ計画で我々に採用されたのは「Call of Duty -Black Ops.-」のPC版なのだが、Amazonで「輸入版 北米」を注文していたら、なんか日本語字幕すらなくて大半のミッションが消化試合。敵が出た、撃った、死んだ、制圧した、という流れ。
 ミニガン(チェインガン?)を拾ったときは存分にヒャッハーさせてもらった。トリガーハッピーである。
 が、ブラックバードからなんか部隊に指示を出す面になったらさすがに意味不明すぎて先に進めなくなった。

 もっとも、ゾンビモードでヒャッハーするぶんには何も問題ないので別段困ったということには鳴っていないけども。実績解除とかにもあまり興味がないしな。
 あ、キャンペーンをクリアしないとゾンビモードのマップが一個しか出てこない件は困ったと言えるかな…。大佐がクリアしてペンタゴンマップを使えるようにしてくれれば問題ないけど、俺が参加するとそのマップが使えなくなるって場合には困るか。

 なにはともあれ、建物の中に閉じ込められて、ゾンビが無尽蔵に襲ってくるシチュエーションでも炭酸飲料飲んでゲップする欧米のノリは嫌いじゃないぜ。部屋の隅でがたがた震えながら命乞いをするよりはな。

勇者「すまん、ちょっと押され気味
大佐「了解、援護に行く

 銃声とか手榴弾が爆発する音

勇者「すまん、やられた
大佐「無理だったwww
れなは「ちょっ これ多すぎ
ちっぷ「地獄あふれてんじゃねーよwww

 モルヒネとか

勇者「助かったぜ
大佐「さんきゅー

 周囲に白いモヤがかかる

全員「犬キタァァァァァァ!!(一目散に前打ち合わせしていた場所に走りだす

 今年のクリスマスはこんな感じに過ごそうと思います。

日常 | 13:08:24 | Trackback(0) | Comments(4)
愚痴第二弾
 まさかの愚痴第二弾。最近仕事の話はFF14の話題であえて避けていたので今日は敢えてぶちまける。
 先日から、すっとこ組合のWさんと連携しないと仕事が進まないのに、俺から依頼した内容が2週間も3週間も放置されるという事態に業を煮やし、もうそこ俺がやるから、どけということにした。
 すっとこ組合の元締さんも「これでボトルネックがなくなったという理解でいい?」とか言い出す始末で、アナタその台詞になんか思うところはないんですかとも思うが、とりあえず俺の仕事が不当に滞ることはなくなるかな、などと楽観的な気分でいた。

 しかし、甘かったのだ。

 なんとこのWさん、俺に仕事を引き継いだその次の日に「ギンダさん、コレコレお願いします」と、つい先日俺が依頼していた内容をそのまま言ってきたのである。コレコレの部分は、Wさんしかできないからってことで俺は依頼していたのだが、それをWさんから引き継いだ以上、Wさんだってその作業は出来るはずなのだ。
 この時点でブチ切れるかと思ったが、先日「ちょっとお前そこに座れよ」から始まるブチ切れをやってしまったので、ひとまず我慢して了承した。この作業を行う手順の再確認になるかと思ったからだ。

 しかし、効率を考えると、他の作業をこなした上で、例のコレコレをやったほうがよろしいと思ったので、他の作業を優先してやっていたのだが……。
 Wさんが近寄って来た。

W「ギンダさん、急かすようで申し訳ないんですが、いつごろ……
勇者「今日中にはやりますよ。22時だか23時だかわかりませんがね。
W「そうですか、明日アレを持って行きますので、今日中で……
勇者「帰れ。

 俺が甘かったよ。すっとこ組合の連中は馬鹿ばっかりとか低能ばっかりとか言って悪かった。俺が間違っていたよ。すっとこ組合はキチガイ揃いです。今度は間違ってないだろう。

日常 | 18:48:29 | Trackback(0) | Comments(4)
言えなくなったなら、黙れ
 勇者組合にも派遣社員でお手伝いに来てくださっている方がいる。その方にはすっとこ組合から来ている人員も好き勝手にお仕事を出してくるので、悪名高い上役さんとかも、最近は減ったが、手順書とか称するものの「この部分、句点を追加してください」とか書いた修正依頼を出しているのをよく見かける。

 「。」ぐらい自分で追記して「最新版は例の共有鯖にはいってますから」って言えば済む話なのにね。

 そんで、その派遣の方に俺から作業依頼をしている。すっとこ組合主体でやっていたらまたぞろカツカツになったので俺ら勇者組合がフォローしているわけだが、いつになったら勉強させてもらえるのかね? 反面教師ってことでいいなら、もうそれでいいですけど。
 とりあえず、進捗会議で「未着手です」ってイバるのやめてくれないかな。さらには「課題管理票に記載したのに上の人がなにもフォローしてくれない」ってドヤ顔するのもやめてくれないかな。
 すっとこ組合の中ですらこんななのに、どこに見習う点があるのかね?

 (^o^)ノ<つぶしあえー とでも言っておけばいいのか?

 すっとこ組合の新顔さんが「手順書関係の作業をあの方に依頼したいんですが、ギンダさんからの依頼による作業負荷が高いそうなので、許可をいただきたいのですが」とか言い出した。
 何の許可?

勇者「何の許可?
新顔「ギンダさんの作業の合間に、何時間かだけでも手順書関係のですね…
勇者「ダメ
新顔「えっ
勇者「あの方が『ギンダの依頼が作業負荷高いから、今は無理』って話されたんですよね?
新顔「はい
勇者「年内リミットと言われているコッチの作業が遅れても良いって言うなら、どうぞ、依頼しなさい。
   俺はそれについて良いとか悪いとか言いませんから。
新顔「そう言われれると何も言えなくなるんですが…
   そんなに大変な作業なんでしょうか(不満顔
勇者「アンタ、代わりにやる?
新顔「いいえ…

 「そう言われると何も言えない」の直後に、唐突にてめえらが投げ出した作業を「そんなに大変なんですか」とか言ってしまうあたりにもうどうしようもない低能さ加減がにじみ出ている。あと、自分の仕事を他人に押し付けるためには「そんなに大変なんですか?」とかサボってるんじゃねーかぐらいの態度を取るくせに、他人の仕事をフォローしようとは決してしない。ああ、遅れてるんですか、頑張ってくださいって態度。
 この短い会話にエッセンスが凝縮されている、とてもクオリティの高い時間であったと言えるだろう。
 だいたいさ、手順書とか説明書って、分かっている人が分かっていない人のことも考えながら書くもんでしょ? それを全くの素人の派遣の方にやらせるって話がおかしくないのかね? すっとこ組合は専門家なので勇者組合に手本を示してやんよ、って来てるって自覚はないですか? ないですね?

 この件のフォローに俺が入ることは今年の春から想定されていて、フォローに入れる状態にこのプロジェクトがなったのが今月ってのもおかしい話なんだけどさ。フォローにすら入れない状況ってどんなのよ。
 春から想定して、俺と派遣の方のタッグで作業をこなすって計画を立てていて、今、必死こいてやってる最中に「何時間か別の作業をさせる許可をください」とか、首を縦に振ると思っているのかね。

 次回の進捗会議で「ギンダがゴネたから手順書作成は遅れてます」って報告に今からwktkしちゃうわ。

日常 | 14:19:20 | Trackback(0) | Comments(0)
魚介のトマト煮込み
 先日、大佐のお宅で忘年会を開いて飲んだくれていたんですが、終盤戦に差し掛かったあたりで「チューボーですよ!」という番組で魚介のトマト煮込みって料理を作っていたんですよ。時々見かける番組で、だいたいは星みっつですーってきれいにまとまるんですが、なんか失敗して散々な味になっていたらしいことが番組進行から読み取れました。
 途中で歌を挟む暇があるならもっとしっかり料理しろって話ですよ。

ましあ「というわけで勇者さまコレ作ってください。
勇者「えっ これ、とても残念な結果に終わってないですか?
ましあ「おいしく作ってください!
勇者「えっ
ちっぷ「ところで勇者、マグロまだなの?
勇者「えっ
ちっぷ「えっ

-----

 というわけで今週もやってまいりました、お料理番組「勇者式ですよ!」です。みなさんこんばんは。
 本日挑戦しますのは、魚介の煮込み。ほたて、えび、おさかなをトマトソースで煮込んでほっこりおいしい夕ご飯。時にはスパークリングワインを添えて、ちょっとオトナな夜を演出しませんか?

 用意したのは、以下のとおり。
101218_21.jpg
 生たら(宮城県産)、むきえび(冷凍)、ほたて(生食用)、にんにく(青森県産)=みじん切り、オリーブオイル、カゴメ 基本のトマトソース、塩、胡椒、スイートバジル といったところ。
 本当はホールトマト缶詰を使おうと思ったんですが、ストックがなかった。在庫管理の重要性を痛感。

 生たらはお皿の上で塩を振って、水抜き中。
 にんにくをみじん切りにしたものを、オリーブオイルをひいた鍋に投入して軽く炒めたら、カゴメ 基本のトマトソースを投入して弱火でコトコト。塩を少々入れます。
 この基本のトマトソースで既においしさは約束されたようなものであるという意見が専門家の間から出ております。カゴメさんありがとう。
101218_22.jpg

 トマトソースを弱火モードにしたら、こちらもオリーブオイルをひいたフライパンにほたてとむきえびを投入して蒸し焼きにします。軽く塩胡椒を振っておきます。
101218_23.jpg

 いい感じになったら、ふあいぱんの真ん中あたりに、塩をふき取った生たらを設置。弱火でちょっと蒸し焼き。
 たらに火が通ったら、こんな感じになるので、
101218_24.jpg

 トマトソースをかぶせ、しばらく弱火で煮込みます。
101218_25.jpg

 できあがり。スパークリングワインはないので三ツ矢サイダー「冬が旬の瀬戸内レモン」を添えます。
101218_26.jpg
 いただきまーす!!

 うまかった。炭水化物用意するの忘れたけど、それを差し引いてもうまかった。冬なんで、コーンポタージュスープに薄味傾向のパスタなんか一緒にあってもいいかな?

 それでは本日の「勇者式ですよ!」はここまで。また次回、お会いしましょう~。

日常 | 22:38:48 | Trackback(0) | Comments(5)
錬金術師ギンダマ
 マルムケルプと海砂から食塩を抽出したり、クリスタルをすりこぎでつぶしてシャードを取り出したりしていたおかげで錬金術のレベルも20になっていた。剣術に続き、錬金術師のギルドもウルダハになるので、早速訪ねてみると、どうやら錬金術師ギルドにも入れるらしい。
 掛け持ちできるんだな……。

 全スキルのギルドに入ったりしたら、会合に参加するだけで予定イッパイになりませんかね?

 ま、そんなことを心配する必要はないんですがね。大抵は未実装だろうしね。
 それはともかく、錬金術師ギルドの入って最初のお仕事は会長へのご挨拶なのだが、問題の会長のご子息が謎の病気でずっと寝たきりなんだそうだ。というか、文字通りずっと眠っているだそうだ。
 身体が弱いのかと思ったけど……そうきたか。

 そして、その症状を一時的に緩和する薬を持って来いと言われたのだが、その薬がどうやら目薬らしいのだ。目薬の材料はなんだか妙なものらしいけど……
101217_11.jpg

 無事に薬を調合することができて、眠っているダエミリオさんに垂らしたら、ちょっと目を覚まして、そんでまた眠ってしまった。これ、薬効とかじゃなくて眠っているときに液体垂らされたら誰でもびっくりして目を覚ますんじゃないかとも思ったけどね……。

 報酬がもらえればいいかな、と割り切る勇者であった。
101217_12.jpg
 錬金術ギルドトークンが2000ももらえてうれしかったが、ギルドトークンで交換できるアイテムはクリスタル1個あたり300ギルドトークンとか、なんたらの手引き(書物)が1冊5000ギルドトークンとかだった。
 目薬もう一回持ってきていいですか?

 ダメらしい。

 ギルドトークンは、どうやらローカルギルドリーヴの難易度20~ とかの報酬でもらえるらしい。報酬欄にはトークンのことは書いてないのだが、まあ難易度の低いやつでも、報酬欄に記載のないギルがいくらかもらえるし、そういうものなのかも知れない。時々、難易度15~ のリーヴでもトークンがもらえるようなので頑張りたい。
 本報酬のラテックスとかは投げ捨てるけどね。

FF14 | 12:25:36 | Trackback(0) | Comments(0)
剣闘士ギンダマ
 剣術はメイン戦闘スキルであるので、Lv20を達成していたのは結構前なのだが、剣術ギルドがあるということに気がついたのは最近のことだった。どうやらどのスキルについてもどこかにギルドが用意されていて、Lv20になるとおまけシナリオが遊べるらしい。
 スキルは戦闘スキル、製作スキルのみならず、漁師ギルド(リムサ・ロミンサ)、園芸ギルド(グリダニア)、採掘ギルド(ウルダハ)も存在するようだ。ただ、採集スキルをLv20にするのは結構骨が折れそうだ。
 コツコツやろうとは思うけども。無料期間が無期延期になったしね。

 ウルダハにある剣闘士ギルドに行くと、なにやら誘われた。
101217_01.jpg
 コロシアムに参加して試合をするんだそうだ。なかなか面白そうじゃないか~。

 とか思っていたら、ギルドに入って最初のお仕事は「コロシアムに出場したいと考えている素人さんの試験をしる」ことだそうだ。勇者は試験なしですんなりギルドに入ったのに、他の人の試験をすぐに任されるってのは妙な感じがするけども、きっとこれ自体が勇者への試験なんじゃないかな、などと勘繰っているうちに順番が来た。
101217_02.jpg

 アラミゴ地方からきたらしいヤツと勝負。装備がすごい充実している。勇者の比ではない。勇者のは全部お手製の布製とか皮製だぜ。まあこのゲームはランクに見合った装備をするのがもっとも有効なので、装備それ自体が勝負を左右することはない……と、思いたいね。

 一生懸命戦う勇者とアラミゴの挑戦者。
101217_03.jpg
 使っているスキルは槍のものだけど。

 なにやら試験官にほめられた。
101217_04.jpg
 しかし、試験官よりも例の挑戦者と親交を深めたいなぁと感じるのだが。彼は試験の常連らしいので、いずれまた会うことができるかもしれない。とりあえずこのシナリオを通じて感じたことは、剣闘士ギルドの受付嬢はあまり好きになれないということだ。見た目はかわいいんだけどね。
 世の中イロイロである。

 よーし、じゃあコロシアムでかるく稼ぐか! ……と、思ったら、どうにも出場できる気配がない。
 未実装ですね、わかります。

FF14 | 13:56:01 | Trackback(0) | Comments(0)
Apple社の態度が気に食わない
 iPodとかiPadとか、もちろん製品でいいものがあるのは認めます。しかし、マニュアルはねえからネットを見ろとか、iPod nanoを使うにはiTunes必須なのにインスコディスクは同梱されてないからネットからダウンロードしろとか、そもそも直感的に使えるから説明はしない(わかんねーの? ダサっ)みたいな態度は気に食わない。

 しかしながら、iPod nanoを使う以上は、iTunesをダウンロードしてインストールし、ある程度はApple社に歩調を合わせてやっていく必要があることもまた事実だ。
 FF14始まるよ事件を通じてWindows 7へ環境を移行したのだが、iTunesをナチュラルにスルーした上に何も不自由がなかったという不思議な事情があり、いまさらながらiTunesをダウンロードしなおしたわけですわ。
 鼻歌交じりにインストールしようとしたら、

  これ32bitアプリだからインストールさせねえ。64bitのやつ持って来いよ。

 みたいな表示が出た。
 軽くイラッとしながら、Apple社のサイトを丹念に眺めてiTunes 64bit版を発見し、ダウンロード。
 今度は問題ないだろうと、インストールしたら、

101215_01.jpg

 Program Files(x86) ってさ、32bitアプリケーションをインストールする場所なんじゃないの。
 64bit版って書いてあったのをダウンロードしてきたのにさ、なんなの。というか、さっきはここまで進まなかったから、確実にこれは64bit版であると言えるのだが、じゃあなんで(x86)って場所にインストールされようとするのか、今の僕には理解できない。

 とりあえずインストールはできたので、何枚か音楽CDを読み込ませている途中、ふと思いついてタスクマネージャを起動し、プロセスを確認すると、ちゃーんと iTunes *32 と表示されていた。

 32bitアプリじゃねーか!!

 Apple社のこういうところがキライ。

日常 | 00:00:01 | Trackback(0) | Comments(2)
フジカラーのお店
 先日、というか先月、日光へちょっとした旅行に出かけていたのだが、料理写真などの撮影で大活躍のデジタルカメラを持っていったので、隙あらば撮影、という勢いで運用していた。で、先日、撮影した写真を写真にする……って、なんかおかしいな。まあ、デジタルカメラ内部に搭載されたSDカード上の画像データをアルバムに挟める状態に具体化する作業を……これも現像でいいのかな? 依頼したわけだ。
 フジカラーのお店で。

 SDカードの中身はあらかじめ今回の旅行の画像のみにしていたので、お店にカードを渡して現像しておいてねって依頼したら終わり……だと思っていたら、カウンターで応対してくれたお姉さんが「少々お待ち下さい」とおっしゃる。
 見れば若いねーちゃんがコンピュータの前であーでもないこーでもないしている。
 どうやら、店頭で現像する画像を選んでいるらしいのだ。
 まあそういう事になるかな、と、店の中でフィルムや使い捨てカメラ(まだあるんだね)などを見ていると、例のねーちゃんがチラチラこちらを見ている気配がする。俺を見ている暇があったら写真見てくれよ。

 フジカラーのお店に行ったのは昼休みだったので、店員さんに「私はこの中身全部現像してもらいたいんで、SDカードごと預かっていただくわけにはいきませんかね?」と尋ねてみた。
 最近は情報セキュリティがどうこうとか、顧客のデータを預かる時には手続がどうこうとうるさいので、もしかするとお店で預かるのは無理かも、と予想はしていたのだが、すんなり預かってもらえた。
 仕上がりは午後三時頃になっちゃいますけど、と言われたが、受け取りに来るのは早くても午後五時半以降だから焦らないでいいよ、と伝える。せっかちな客が多いのだろうか。

 それで、夕方、仕事を適当に切り上げて受け取りに行くと、カウンターの上にやけに分厚い写真の束があり、すげー枚数現像するヤツもいるんだなオイ、などと思っていたら、俺のだったというオチ。
 何と200枚ぴったり。使い捨てカメラって大抵24枚だったと思うので、下手すれば10個ぐらい消費している計算になる。デジタルカメラという「プレビューして消せる」機能を持ったカメラが、どれだけ撮影に対するハードルを下げたか、大変よく理解できた。
 なお、現像はL版(一般的な写真サイズ)で1枚あたり35円。今回は合計7000円だ。

 ところで、写真じゃない画像を紛れ込ませていても普通に現像されちゃうんだろうか、というのが気になっている。たとえばゲームのスクリーンショットとかを紛れ込ませちゃうとか。
 それが写真って感じの質感で手に入るとなると……。いや、使い道はなさそうだけども。

 たまには写真を現像するのもいいもんですな。

日常 | 08:29:25 | Trackback(0) | Comments(2)
仮面の勇者ギンダマ
 マビノギにおけるメインストリームのようなシナリオも(ボリューム感にかけるが)用意されている。何がしかのクラスのランクが5,10,15,20と上がるにつれて、話が進むらしい。現状、錬金術師ランクが20なので次に進むこともできるはずなのだが、ひとまずランク15のシナリオが途中でほったらかしになっていたので片付けるべく、草原を駆け抜けた。

 その結果、
101205_01.jpg
 グリダニア訪問時に「これがこの街の正装です」という言葉を真に受けて装着して以来勇者にはりついたままのウィローハーフマスクのおかげでいろいろと深い映像になった。これがリアルタイムレンダリングというやつですね、わかります(違

シシプ「(その仮面)どうしたの?」
勇者「……いろいろありまして、外れなくなりました」

 というのを期待したのだが、仮面についての話題ではなかった。気にならないんですかこの仮面!!

 おまけに、背後に現れたヤ・シュトラに追い払われそうになる。
101205_02.jpg
 なんか勇者は薄ら笑いを浮かべているように見えなくもない。

 これねー、相手が勇者だから(紳士だから)いいようなものの、仮面の悪役相手にこんなことしたらふりむきざまに斬られるとか、背後にテレポートされて

ヤ・シュトラ「!!
仮面の悪役「ばーかーめー(殴

 ぐらいの展開は確定してもいいぐらい、やっちゃいけない行為ですよ。ホント。
 相手が勇者だから(紳士だかr(ry

-----

 なお、調理師ランクも20を達成したのですが、調理師ギルド(レストラン『ビスマルク』)でなんかクラスクエスト?というかおまけシナリオみたいなのが出ました。その流れの中で、看板娘のプルデンシアさんと知り合ったのですが、
101205_03.jpg
 私も誰かにこの仮面のことを相談するべきでしょうか。プルデンシアさんはどう思います?

FF14 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(0)
不人気装備
 こまめにスクリーンショットを取るんだけど、逆に多すぎて記事にしないまま捨てちゃう画像も多い。なるべくFF14の楽しさなのかダメさなのかを伝えるために頑張りたい。評価はお任せする。

 こんだけやっておいてクソゲーのヒトコトで切り捨てるのもなんか整合性がないような気がするしね。

 まあそんなことはおいておいて、リムサ・ロミンサの武器屋「サンダースコール」ですが、勇者がアクセサリっぽいものを押し売りに行きます。修練で山ほどできるけど、そんな売れないよ、ブラスリストレット。他の装備だって売れなくて苦労しているのに。
101203_21.jpg
 そのうち「杖とかも扱ってましてよ」じゃなくて「またアクセですか」とかに台詞変わりそう。

 甲冑の修練がてら、ブロンズバルビュートとミトンガントレットを製作。
101203_23.jpg 101203_24.jpg

 ついでに、バザーのマヌカンシステムをオンにしたら、リテイナのメ・ナーゴさんが早速例の装備を装着してくれた。
101203_22.jpg
 ……ミコッテの耳を考慮して、バルビュートのカタチは変化するんだな。
 エオルゼアの七不思議(たった今作り始めた)のひとつであろう。

 なお、これは数日前のスクリーンショット。例の装備は不人気なのか値段設定がまずいのかわからんが、とりあえず絶賛売れ残り中である。もうしばらく粘ってだめならサンダースコールに売る。

FF14 | 22:11:05 | Trackback(0) | Comments(2)
新鍛冶装備を目指す
 鍛冶をやるとき、最初の鉱石から各種金属のナゲットを作る段階でファイアクリスタルが要求されたせいでなかなか敷居が高かったのですが、11/25のアップデートでファイアクリスタル1個からファイアシャード14個とかに緩和されました。
 14個というと多いように感じるけど、ドロップ率やファイアクリスタル1個から(錬金術ランク17ぐらいが必要だが)ファイアシャード16個が生成できるので、計算上緩和と言える。

 それで、裁縫のほうではモコ草から草糸を作るのが第一段階で、綿草から綿糸を作るのが第二段階なのだが、ここでライトニングクリスタル1個が必要になる。これがちょっとつらかったのでライトニングシャード14個とかになってないかな~、と期待した。

 堂々のライトニングクリスタル1個要求。

 仕方が無いので、綿糸3個 > 綿布3枚 の工程に挑戦。情報サイトによると、推奨裁縫ランク19の作業であり、現在の裁縫ランク16から考えるとかなり頑張っている感じだ。
 しかし、ウルダハの裁縫師ギルドで高級設備(簡易、標準、高級の三種類がある)の使用認可を受けてやってみると、思ったより成功したので調子に乗って綿布を作っていたら、あっというまにランク17になり、18目前というところまで来た。
 綿糸の在庫はまだまだフンダンにあるのだが、アースシャードがなくなったのでアースクリスタル48個を全部シャードに分解した。

 この過程で錬金術ランク20、フィジカルレベル40を達成。

 たしか、現在のフィジカルレベル上限が50だから、俺みたいな製作メインプレイですら経験値カンストしてしまう勢いだ。とはいえ、フィジカルレベルよりもスキルランクのほうが重視されるので、戦って強いかというとそんなことないのが泣けるところである。

 さてさて、綿布が自作できるようになったので、新規装備を探す。

 まずは バードビークハンマー (鍛冶 ランク12~)
  ・ブロンズインゴット
  ・綿布
  ・BBハンマーヘッド(ブロンズ)
    (ブロンズインゴット1個 + ブロンズナゲット2個 から製作:鍛冶15)
  ・ハンマーグリップ(アッシュ)
    (アッシュ材 から製作:木工6)
       (アッシュ原木から製作:木工13)

 新規鍛冶装備でありながら、材料に鍛冶ランク15の部品があり、鍛冶ランク15の勇者としては修行にもなり、新しい装備の入手にもつながる理想的なレシピ。
 12セット用意して、余剰分はバザーで売ることにする。

 ブロンズバルビュートとミトンガントレットDXはサッパリ売れないからNPC売りか。

FF14 | 12:51:32 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad