■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
新生FF14 あのハンマーはいいものだ
 真心こめたアイアンインゴットで、高品質なアイアン・クロスペインハンマーを作成。鍛冶仕事が捗るぜ。
130913_01.jpg

 高品質のアイアン・クロスペインハンマーと普通の品質のものを比較。
130913_02.jpg 130913_03.jpg
 やはり高品質のほうが、性能は高いようだ。どのぐらい違うのか? という疑問には答えられないが。

 ただ、問題は、このアイアン・クロスペインハンマー、そこそこいいモノのはずなのだが、画像を見てもわかるように、NPC買取額が驚きの15ギル。安っ!!
 旧FF14では彫金でブラスリストレットか何かを作って売りさばいていたが、そういうお金稼ぎは新生FF14では不可能な模様。ギャザラーで素材を集めれば元手はタダだけど、苦労してNPC売りして15ギルはないだろ。

 しかし、そこで新生になってから実装されたマテリアシステムが光るのだ。
130913_04.jpg
 装備には練成度だかなんだかがあり、使い込むとこれが100%になる。練成度が100%になると、その装備をマテリアに変えることができるのだ。ワーオ。えっ 魔晄? 知らんがな。

 アイアン・クロスペインハンマーから巨匠のマテリアを作成。
130913_05.jpg
 加工精度+1 という効果があるらしい。

 装着は、装着する装備を作成できるクラスでないとダメ。
130913_06.jpg
 コットン・クラフターダブレットベストは裁縫士で作ったので、裁縫士へクラスチェンジ。

 装着は100%成功する模様。
130913_07.jpg
 加工精度が上がるとどんないいことがあるのか。それは知らない。

 しかし、巨匠のマテリアがITEM Lv15~と書かれていたのに、アッシュパッテン(ITEM Lv15の靴)がグレイアウトしていて装着できない風味なのは何故だろうか? アッシュパッテンは木工士が作るから、木工士にクラスチェンジしたら装着できるのかも知れない。

FF14 | 20:56:40 | Trackback(0) | Comments(0)
新生FF14 真心こめてインゴット
 ようやくリムサ=ロミンサとグリダニアへ行くことができ、飛空挺乗り放題(ギルは支払うので有料)になったのだが、エーテイライト・プラザを回ったのでテレポできるんだよね。こっちもギル消費するけど、どうせ有料なら数秒のキャストタイムで移動できるテレポを使うようなァ。

 リムサ=ロミンサで鍛冶ギルドと甲冑ギルドに入門したので、せっせと鉄鉱を掘って、
130912_01.jpg

 無心でアイアンインゴットを生産。鉄鉱3個でアイアンインゴット1個。経験値464と唱えながら。
130912_02.jpg

 裁縫でクラフトに有利な装備を作れたので、作業一回でインゴットが完成するわけですが、ちょっとした好奇心で品質を上げる作業を入れてみたところ、なんと獲得経験値が +178% に。
130912_03.jpg
 +78%だと、1.78倍だけど、+178%ですからね。2.78倍です。何コレすげえ!
 惰性でダラダラ数作るアイアンインゴットよりも、真心こめて作ったもののほうが価値があるということか!

 品質が高い状態で完成すると、高品質(HQ=High Quality)のものが出来るんだそうだ。
 しかし、品質上げ作業では完成に近づかないので、品質上げ作業回数には限界がある。
130912_04.jpg
 画像の通り、せいぜい11%とか、そのへん。

 そこで、高品質な鉄鉱を材料に投入して調査したところ、驚きのHQ率78% という結果に。
130912_05.jpg
  339/866 = 11%
  724/866 = 78%
 ということなので、品質は最高値に近づくに従ってHQ率が急上昇する模様。
 ただし、高品質材料で品質を上げ、品質を上げる作業をせずにアイアンインゴットを完成させた場合、最初に紹介した品質ボーナス(勝手に命名)を得ることはできなかった。

 真心こめてインゴット、が合言葉だ。

FF14 | 19:41:14 | Trackback(0) | Comments(0)
新生FF14 ウルダハでお針子
 ちょっと中途半端な時間しかゲームで遊べないので、ROとかまとまった時間の必要な(パーティプレイで楽しむメインの)ゲームができない感じです。仕方ないのでソロ前提の新生FF14(旧パッケージ購入者は無料プレイ期間中)でちょいとどんなものか見てみた。

 以前のプレイで得た経験値とかは据え置きだが、クエスト関係はまったくイチからやり直しというか、同じイベントはほぼない。旧版が大災害でブチ壊された5年後設定なんだそうだ。
 メインの戦闘クラスを剣術士にしたらウルダハスタートになり、今まではギルドに行けば速攻でどこにでも入門できた製作職や採集職からは門前払いを食らう。剣術士10になるまでは剣術に専念しろということらしい。
 より具体的には、剣術士10以上で解放されるクエストをクリアすると、クラスチェンジが解放され、ウルダハにある裁縫ギルドなどに入門できるようになる。
 鍛冶ギルドに行きたかったのでマップも完全に刷新された砂漠を走ってリムサ=ロミンサ行きの定期船が出る港に行ったのだが「しばらく船は出ません」と言われる始末。
 ウルダハから飛空挺でリムサ=ロミンサに行くクエストが出るまでは、行くことができないんだそうだ。グリダニアには行けるのか? 確かめていないけど、まあ、関所で追い返されても悲しいので、おとなしく飛空挺解放まで我慢しよう。

 裁縫ギルドのクエストをこなしていると、ギルドリーヴを受注できるようになる。
 旧版で裁縫士は17ぐらいまでレベルを上げていたのだが、このギルドリーヴの大口依頼「コットンクラフターブリーチx3」の納品が大変においしい。
 コットンクラフターブリーチは 綿布x2、綿糸、レザー で作成することができる。
 レザーは柔らかい荒皮から作成するのだが、ぶっちゃけ8ギルでNPCが売ってる。綿糸は草綿(10ギル)x2、綿布は綿糸x2で作れるので、合計すると、108ギルでコットンクラフターブリーチが作れる。
 裁縫士Lv21でも600Expぐらいはもらえる。報酬は下の画像の通りなので、
130909_01.jpg
 324ギルで経験値が 600x3 + 5427 もらえる計算である。これを利用しない手はない。
 しかも、報酬にさりげなく入っている謎のボール4個は、綿布のひとつ上のランクの裁縫をするために必要な糸の材料になるのである。
 Lv25ぐらいまではこのギルドリーヴをひたすらこなすことにする。

 なお、製作の操作性は格段に向上した。
 製作手帳システムの導入により、素材をちまちまドラッグ&ドロップしていた時代はようやく終わったのだ!
 気が向いたら戦闘周りも報告します。アッチもかなり改善されています。

 普通のネトゲぐらいには。

FF14 | 23:30:27 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad