■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
風邪をひきました
 魔王軍との小競り合いが頻発していた状況、ようやく優勢を保ったまま小康状態に持ってこれたのですが、気が抜けてしまったのか、不覚にも風邪をひきました。
 夏場は起動した瞬間熱風を吹き上げるデスクトップ機ですが、冬場は室温の上昇に一切寄与しません。
 ガッデム。

 そんなわけで、布団の中でモンスターハンタークロスぐらいしかできておりません。
 皆様におかれましては、体調に充分お気をつけください。

日常 | 12:00:00 | Trackback(0) | Comments(5)
DDON 勇者、寸暇に憩う
 例のエルフの命を吸収した器を奪取し、神殿に帰還した勇者一行。失った命に悔いる気持ちは変わらないが、その命が何かの役に立つのだとすれば、それを躊躇う理由はないとレオは語る。
151117_01.jpg
 たしかにその通りなんだが、この話の流れだとどんどん味方が死んで行きそうな予感がしていやだな。はからずも、ジジイが言ったように「犠牲を多く出した方が勝つ」ということになりかねない。が、何故、命の器にオークどもの命を吸い取って白竜様に捧げるぞ野郎ども!ウォアアァァー!という話にならないかのかがわからん。
 ガチホモゴックも、自軍に無駄な犠牲を出させて、それを吸い取るような行動を取ったことがあり、それは戦略としてどうなんだ? と首を傾げざるを得ない。ジジイ、お前がオークレベルの脳みそじゃ困るんだぜ。

 神官はそのあたりの葛藤とか苦悩とは無縁。
151117_02.jpg
 なにが「はい、どうぞ」だ。勇者の心臓もその軽いノリで捧げたんだろう。

チップ「何イラついてんだよ。ひと段落したんだから、力抜けよ。
    それよりこの魚を見てくれ。こいつをどう思う?
勇者「すごく… 大きいです…
151117_03.jpg
チップ「鮭かな?
勇者「鮭は海から来るので… ここらへん、川もないし…
チップ「じゃあ空から降ってきたんだな。

 謎は深まる。

 メインシナリオが落ち着いたので、Lv36リンドブルムをシバき倒してハチマキをふんだくる。
151117_04.jpg
 Lv40ハンターでソロはキビしかったけど、何とかなった。

 ついでに地下室制圧のクエストをクリアしたところで、ハンターレベルが41になり、敵からドロップしたLv41弓が使えるようになり、なかなかいい感じだ。
151117_05.jpg

戦徒「遂に私の武器がおさがりになりましたが」
勇者「君はまだLv40ハンターだからコレ装備できないのだ」
戦徒「Lv41になったらそれがもらえると理解」
勇者「うむ」

 次の戦いまで、英気を養う勇者であった。

冒険 | 12:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)
DDON 勇者、大将に挑む
 ファイターLv45 カンストしました。Lv45装備の覇者のつるぎと、拾ったLv45腕防具を装着。
151116_01.jpg 151116_02.jpg

 やはり潜入して暗殺する流れなので、ドラワンの村で情報収集しろということらしい。
151116_03.jpg
 が、バートランド平原の北にあるガルドノック砦がオークに占領された後、白竜側勢力の防衛線はグリッデン砦に後退し、ドラワンの村は、言わば見捨てられた形だったわけだ。なんだかひと悶着ありそうな予感…

 だったが、そんなことはなかった。

 村で得た情報通り、オークの溜まり場で鍵を奪うことに成功。
151116_04.jpg 151116_05.jpg
勇者「鍵を手に入れたはいいけど、これって正面玄関なのでは」
チップ「俺は下水とかより正面玄関が好きだ」

 潜入して暗殺の予定が、正面突破になったが、なんだか砦が手薄な感じ。オークの本隊はどこかに行っているようだ。あれ、それじゃあ、この遠征の目的である、ガチホモゴックに奪われた命の器の奪還(正確には、オークの持っていた命の器なので、そもそも白竜側勢力の所有する命の器は存在しない)はできないのでは?

 と、思ったら、大将は居残りしていたらしい。
151116_07.jpg
 人間とオークの価値観は相当なレベルで相容れない。そのことを明確にする「オークで良かった」という台詞はこれまでのRPG史上に残るかもしれない印象的なセリフであった。DDONシナリオ担当に敬意を表したい。
 なお、チップのセリフはLv43ぐらいでメインシナリオをクリアしたときにとても苦労した時点と比べ、攻撃力、防御力共に200は上がっているという意味であり、それは勇者自身も同様。見せてやろう、覇者のつるぎの切れ味をな!

 騎士団と覚者隊、みんな懸命に戦っている!
151116_06.jpg 151116_09.jpg 151116_10.jpg
 足元に毒の沼地エリアがあって、やりにくい戦場に、コロッサスとオークどもにガチホモゴック大将がいっぺんに出てくるという混戦必至の状況だが、勇者一行の連携プレイの前に各個撃破され、最後は大将をボコる展開。
 大将も一方的にボコられるのではなく、回線とゲーム仕様を利用して瞬間移動を繰り返し、随時即死コンボを決めてくる。

 そして遂に撃破!
151116_08.jpg
 例のエルフの命が吸収された、命の器を奪還(強奪?)したぞ!

チップ「(前回に比べて)楽だったな」
勇者「さすがはLv45武器… 圧倒的だ」

冒険 | 08:54:29 | Trackback(0) | Comments(0)
DDON 勇者、後輩を呼ぶ
 昨晩は、勇者養成学校の後輩Fizzyをテルの廃屋裏に呼び出してフレンド登録完了。その後、ミスリウ森林深部を半周(リンドブルム討伐)と、ドリード城制圧をやってきた。既に2職をカンストしているというさすがのゲーマーぶり、腕前も確かなものであった。
 グランドミッションは8名のパーティを編成しなければならないため、信頼できる仲間をリクルートするのも大切である。

 なお、今週はストーリーのアップデートはなく、ワールドクエスト関係のテコ入れが実施されているようだ。
 以下、勇者的に今週実施したい内容をまとめると、

  ①~11/19まで ハイデル平原、ボルド鉱山、バートランド平原 の3エリアで
   ワールドクエストを8種クリアすると、メンテ時に運営からのメールで追加報酬あり
      ハイデル平原=ハイデル印記章*1,1万G,コカトリスの毒腺*1
      ボルド鉱山=ボルド印記章*1,2万ゴールド,白獅子の毛皮*1
      バートランド平原=バートランド印記章*1,3万ゴールド,魔の水薬*1

   また、このテコ入れは来週、再来週にエリアを変えて継続されるため、これが終わるまではストーリー進展は
  ないものと予想される。レベル上限に来ても経験値がたまるならいいんだけど、0になるからなァ。

  ②ブリア海岸のLv36リンドブルム討伐でLv30頭防具(ストリートファイター リュウ鉢巻(青))入手
   最強強化でLv40装備相当に強まるとのこと
   まあ、これまでの流れから考えると、きっと強化に必要な素材がクソ仕様なのであろう

  ③4人以上のクランを設立または所属している場合、オマケあり。
   クラン設立するかな~ 俺もな~

  ④ファイターLv45武器を作成する
   現在、生産可能な最強武器は素材にグランドミッション報酬が含まれているので、見ない。
   コンクエラーブレード … 意味は「覇者のつるぎ」でいいのかな? 見た目もカッコイイのでこれを目指そう。
   属性は火で問題ないと思うが、ゆひたんが雷武器を持っていたような気もする。
   そこは相談かな。

 ましあさんにお知らせしたいことは、ダウ渓谷の民家で受注できるワールドクエストを受けてドリード城最深部まで行くと、ベヘモットが狩れるということです。なお、ドロップは竜革(バザー取引価格:300ゴールド程度)の模様。

冒険 | 12:12:24 | Trackback(0) | Comments(4)
DDON 勇者、大金を掴む
 ワールドクエストの報酬がおいしくなっているということで、いろいろ狩る。

 バートランド北部の教会に行くと、白キメラが、
151112_01.jpg

 グールが、
151112_02.jpg

 ユニークネームのグールが、
151112_03.jpg

 すべて1~2ターン(1ターン=怒りからのダウン、起き上がるとそこから2ターンという考え方)で撃破。パねえ。
 そして報酬もパねえ。何がパねえって、倉庫がパンパンで、もはや所持品の素材欄からボックスに入れることすらできない。カプコオオオオオオオンンンンン!!!! どうにかしてくれ!!!!

 仕方が無いので、手に入った素材はほぼ全てバザーで売り払った。
151112_04.jpg
 したっけ、所持金が100万超えた。パねえ。

チップ「さあLv45武器を作るのだ」
ゆひ「うむ。その過程で所持金が1万未満になる」
勇者「パねえ」

 本日のワールドクエスト更新でまた初回報酬が復活するので、大いに稼げるものと期待しています。期待していますが、もう倉庫パンパンなので10ページぐらい増やして欲しい。カプコンさんよろしくお願いしますよ。

冒険 | 12:12:12 | Trackback(0) | Comments(0)
DDON 勇者、古都に悔む
 禊の神殿でオークどもをひきつけてくれた例のエルフがエルテ・ディナンに隠れており、オークどもは彼を追っている、という情報を聞きつけたレオ、早速、エルテ・ディナンに遠征を決意。
151111_01.jpg

 新マップ、ディナン深層林の最南端に位置する、エルフの故郷。そして今は廃墟となっている。
151111_02.jpg

 エルテ・ディナンでオークの捜索部隊を次々に始末し、例のエルフを発見。救援に入ろうとするも、無情にもエルフ神回避ムービーからの致命傷くらっちゃう流れで例のエルフ倒れる。コカトリスとオーク部隊をぶちのめしたが、
151111_03.jpg 151111_04.jpg

 指揮官級オークの持っていた命の器を、ガチホモゴックが持ち去る。
151111_05.jpg

 レオが悔やんでいるが、勇者も気持ちは同じだ。
151111_06.jpg
 ただ、倒れたエルフを介抱するそぶりを見せていたレオが、次の瞬間には最前線で戦っていたことは忘れてはならない。救護班がいれば結果は違ったかもしれないが、不老不死の覚者に救護はいらないのか、そういうヒトは見かけない。
 覚者のジョブにプリーストはいるんだけどね。

 最近ジジイは幼女のことを何も言わないな。
151111_07.jpg
 今こそ剣になる、とか言っているが、剣になるには、相応の戦力があってこその話だ。防戦一方の白竜側勢力にそのようなことが可能なのだろうか? やはり潜入して暗殺とかになるのだろうか。

戦徒「暗殺」
勇者「いやあ、今まで散々、単独または少人数で敵の中枢に潜入して勝ってきたからなァ」

 現状の上限Lv45まで、あとわずかしかないぞ、急ぐのだ、勇者よ!

冒険 | 12:30:00 | Trackback(0) | Comments(0)
DDON 勇者、神殿を守る
 次なるメインクエスト「千の咆哮」だが… 何故かパーティを組んでいる状態で受注できない。
151110_01.jpg 151110_02.jpg

 仕方がないので、一旦、パーティを解散させて、受注してから、再度パーティを編成することで解決した。オークどもが神殿に向かって進撃中とのことだ。迎撃に出よう!
151110_03.jpg

 オーク突撃兵を倒し、指揮官クラスのオークを追い詰めたところで、大物が現れる。が、問題なくシバき倒される。
151110_07.jpg 151110_04.jpg
 軍竜ベヘモットとは、大層な名前だが、チップとゆひたんにしたらちょっと大きいトカゲぐらいの扱いだった。
 実際、どうかね、あの4倍ぐらいは大きくていいと思ったよ、ベヘモットの元ネタを考えたらね。あと、振り落とし動作のジャンプも着地も動作が軽すぎる。もう少し重厚な動作にしたほうが雰囲気が出るハズ。

 今回も“そっち系”オークのモゴックが命の器で命を集めていた。その後、初めて命の器を発見した時に出現した化け物が「エルフ野郎の居場所が分かった」と言い出し、あっさりと軍を引く。

 神殿に帰還すると、ヴァネッサ副隊長が後詰をしてくれていたようだ。どうもあの化け物が軍師的な立場で知恵を授けているのでオークの動きが変わっているらしい。なるほど。
151110_05.jpg
ヴァ「まあダウ渓谷が手薄なのを、オークが気が付くはずがないと、放置してた。メンゴメンゴ」
勇者「頼みますよ、ヴァネッサさん」

 あとはジジイが何か言っていたが、どうせ幼女のことだろう。
151110_06.jpg
ジジイ「実は命の器やアークを作った者に心当たりがある」
勇者「な、なんだってー」
ジジイ「だけど、そいつは300年前に死んだはずなのじゃ」
勇者「ボケてんのか? と、言いたいところだが、要するに金色の竜だよな。
    白い竜に敗れた金色の竜は異世界にいて、そこからアークを送り込んで来ている、ということか?」
ジジイ「Zzz」
勇者「オイ」

 正直なところ、オーク軍団は既に余裕で神殿を潰すだけの兵力があるように思える。オークが神殿を潰さないのは、それよりも優先して行うことがあるから、という状況だ。ただ… それが、エルフ(ロリコンストーカー)を探すこと、命の器に命を集めること、の二つのようだ。
 大局的にはエルフが戦力になっている様子はないのだが、何か秘密があるのだろうか。

冒険 | 23:58:53 | Trackback(0) | Comments(6)
DDON 勇者、様子を見る
 まずは応急処置で、ボードクエストによりLv7に上げ、防具を一揃い装着してパンツマン回避。これで問題ないだろう。
151108_01.jpg
 なお、アイテムボックスは大問題になった模様。
 早く拡張するなり、ボックス内スタック999だかにしてくれ。消耗品のスタックを99にするだけでも大分違うのだが。

 というか、モンスターハンターとかで散々やって来たはずなのになんで最初から倉庫スタックと所持品スタックの数字をあらかじめ別にしておくぐらいのことをしないのか? 腑に落ちない。

ましあ「召集です」
 前説とかはなしで賞金首シルバーロアとかに入っても問題ない。
151108_02.jpg

 白キメラを探していたら肉団子しかいなかったり、
151108_03.jpg

 エレメンタルアーチャー解放のための修練したりしたわけですが、
151108_04.jpg

 着々とカンストに向かっているので、大至急レベル上限を50まで解放してほしいところである。DDONのゲーム寿命とかは考慮しないで言うけど。
 ましあさんの冒険パスポートがちょうど切れたりしているし、この先、DDONの記事が続くかどうかの分岐点がそろそろ迫ってきている気配だ。何らかのテコ入れがあるかどうか、慎重に見守る必要があるだろう。

冒険 | 19:39:30 | Trackback(0) | Comments(3)
DDON 勇者、全裸になる
 またしても勇者らしからぬ装備と言われてしまったハンター用覆面装備。しかも外套の肩に狼の頭があることが判明。ましあさんの慧眼なめたらあかんぜよ。
151107_01.jpg
チップ「動物愛護に怒られるやつ」
勇者「はじめて気がついた」

ましあ「ちっぷんの盾もカッコイイですね。狼盾」
151107_02.jpg
チップ「動物愛護に怒られるやつ」
ましあ「それは金属だから大丈夫なのではw」

 サバイバルケープは許されなかったのでファイターに戻って鉱山のエリアポイントを稼いでいたらLv44に到達してしまった。カンストしてしまう危険が。
151107_03.jpg

ゆひ「カンストしたらセージやればいいよ」
チップ「勇者は器用貧乏なのでカンストは許されない」
勇者「即時セージか…」
151107_04.jpg
ましあ「うわぁ、パンツマンだ」
チップ「HENTAI」
勇者「ですよね」

 Lv1で装備できる装備が一切なかった勇者。自称がとれる前に余計な称号を背負い込む予感。早急に対処するのだ、勇者よ‼

冒険 | 19:48:56 | Trackback(0) | Comments(3)
DDON 勇者、他人に任す
 本日は待ちに待ったメインクエスト。白竜側勢力と魔物側勢力の戦いの行く末は…!?

ジジイ「幼女探して」
勇者「オイ、またかよ」
151103_01.jpg
 はやくこのジジイ更迭しろ。

 散々走り回って、ようやくミスリウ森深部のちいさな島にたどり着くが、そこには謎の人物と、彼(彼女?)に従う魔物の群れ… だが、何かおかしい。そうだ、あの魔物の群れ… すべて、背中に魚の背びれのような金属が埋まっている。
 そうだ、アークの中で見た異形のゴブリンたちと同じアレが…

チップ「関係ない。来るなら倒すだけだ」
勇者「頼りになる!」
 あっというまに異形の群れを蹴散らした勇者一行、燐光虫の洞窟で急に出てきてすぐにいなくなった謎の人物と再開。
ゆひ「例のロリコン」
151103_02.jpg
 あんまりな言われようだが、勇者は勇者で「あっ、ムービーにパーティーメンバーがちゃんと反映してる!」というトコロに注意が向いてしまい、あまり話が頭に入ってこなかった。とりあえず、例のロリコンに任せておけばいいらしい。

ジジイ「ざけんな」
勇者「さすがにこれには反論できない」
151103_03.jpg
 探し当てられなかった上に他人に任せて帰ってきたわけだからな。これ任務放棄じゃない? と、内心不安に思ったのだが、とりあえずクエスト報酬は満額もらえたようなので、安心した。
 ついでに、レオやクラウスの話を聞くと「勇者が信じる人物なら、任せても大丈夫かな」などという呑気な返答。

 呑気に今週のエリアポイントを晒す。
151103_04.jpg
 バートランド平原のポイントがすごすぎる。解禁→様子見→チップ無双の流れがあったためだろう。

クラウス「ねえ、この前のことなんだけど」
勇者「アークの中で見た異形が出てきたことか?」
クラウス「いや、その異形を従えていた人物のこと。あれは…」
 クラウスの予想は結局語られなかったが、察しはついた。そしてその人物から手紙が届く。禊の神殿で待つ、と。

 神殿になだれ込む勇者一行、と思ったらレオ達も来ていた。誘拐犯を主に天蓋斬りで撃破する勇者。
151103_06.jpg 151103_05.jpg
 全てのファイターにとって、天蓋斬りは必要な技だといえるだろう。

 誘拐犯を倒したと思ったら、今度はオーク軍団が出現。先頭はあの大将級“そっち系”オーク、モゴックだ。
151103_07.jpg
オークども「エルフ!エルフ!」
ゆひ「エルフ!エルフ!」

 下の写真では、レオが「俺たちがやる」みたいに言っているが、直後に例のロリコンが「ぼくもエルフです」とカミングアウトすると、急に「よし、まかせた。エルフならうまくやるだろう。撤収!」などと前言撤回。帰還する。
151103_08.jpg

勇者「あれ、また他人に任せて帰ってきちゃったぞ」
戦徒「これが自称勇者の悲しさですね」
勇者「クッ… 反論できない…」

 実際、他人に任せた勇者。反論できない状況だが、自称勇者の先頭二文字を外せる活躍を見せることができるか? それは勇者の次の戦いにかかっている。

冒険 | 08:59:59 | Trackback(0) | Comments(3)
DDON 勇者、深部を征く
 ボードクエスト報酬2倍期間ということで、重点的にクエスト消化していたわけですが、キノザ温泉郷の南で急にサイクロプスと遭遇した勇者、こんなところにサイクロプスいたっけ? と首をかしげながら撃破。
151102_01.jpg
 修練のターゲットだったので…

 その後、ミスリウ森林深部のランク5昇格クエストを無謀にも単独で挑戦し、ぼこぼこにされるも、なんとか勝利。
151102_02.jpg 151102_03.jpg

戦徒「Lv36グリフィンがいけたからって調子に乗りすぎでは」
勇者「サーセン」

 報告すると、なんとLv43に昇格。新マップにも行けるようになった模様。
151102_04.jpg 151102_05.jpg
 ゆひたんに連れて行ってもらったけどね、そこ。
 ただ、その時は例の拠点が解放できなかったので、これで拠点解放できるようになった、ということだろう。あと、行ったことがある、というのは「Lv41エントを狩りに行ったことがある」という意味で、この「エルフの故郷」とやらは初耳だ。
 楽しみにしておこう。

 Lv43グリプスアーマーを装着し、防御+59 体力+236 の大幅強化。
151102_06.jpg

勇者「フフフ… これでそう簡単には戦闘不能にはならないぞ」
戦徒「(これはフラグですね)」

冒険 | 08:59:59 | Trackback(0) | Comments(2)
DDON 勇者、平原へ進む
 ダウ渓谷のボードクエストをこなしたところで、エリアランク昇格があり、エリアマスターのおっさんが「バートランド平原」に進めるようにしてくれるという。てっきりメインクエストを進めないといけないのかとおもったけど、そうでもないんだな。

 早速、バートランド平原のクエストをいくつかこなして様子を見る勇者。
151101_01.jpg

 突然、グリフィンに襲われるも、堂々の返り討ち。
151101_02.jpg 151101_03.jpg

 その後、お酒を飲んで狩りたい熱がMAXになったゆひたんと、既にバートランド平原のランク5昇格試練が出ているチップが合流し、並み居るオークも大型モンスターも次々にシバき倒す。
151101_04.jpg 151101_05.jpg

 すさまじい勢いの戦いを続け、気が付くと勇者のバートランド平原エリアランクは7になっていた。

勇者「パねえ」
ゆひ「おつかれw すごかったわ」
チップ「勇者打たれ弱くね? 防御いくつ?」
勇者「727です」
チップ「俺は750か。そんなに変わらないな」
ゆひ「こっちは707だ」
 この状況で一番戦闘不能になっているのは勇者。

チップ「欲張りすぎると死ぬ。これMHFと一緒ね」
勇者「気を付けます」
 なお、モハフでも一番戦闘不能になっていたのは勇者。

ゆひ「それにしてもダウ渓谷のエリアポイント稼ぎが難しい」
勇者「クエストがバラけてるからかな?」
チップ「山頂はグリフィンだっけ? 全部狩ればいいよ。
    渓谷もだけど、森林深部もぜんぜんやってないな」
ゆひ「じゃあ次回はそのあたりで」
勇者「おk」

戦徒「新たなる戦いはどうなったんでしょうか」
 炎のつるぎの試し斬りはほどほどに、メインクエストにも挑むのだ、勇者よ!

冒険 | 12:09:04 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad