■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
勇者の火力があがった?
 普段、Tree of Saverではスクリーンショットあまり取らないんですけど、ボス戦でいつも与ダメージランクが万年ビリけつの勇者、ギンダマ ユーシャスであったが、大幅バランス改変の影響か、バンバン1位がとれるようになりました。
20170625_01.jpg

 今までいろんなゲームやってきたけど、高火力勇者ってのは初めての経験。界隈のおかげもあって、一気にレベルがあがり、天麩羅転職も見えてきました。

冒険 | 18:06:17 | Trackback(0) | Comments(0)
勇者のエールポート往復便
 そういうわけで、ウォルナットブレッドをいい感じに処理するため、まずはアップルタルトを焼く。
20170623_01.jpg
 アップルタルトは、
  パイ生地 ← 小麦粉と食塩で作れて、HQ品を用意しやすい
  フェアリーアップル ← 園芸師で集める(ナインアイビーLv20良木)
  鶏卵 ← リムサ・ロミンサの調理師ギルドで店売り
  メイプルシュガー ← メイプル樹脂から作れてHQを用意しやすい(樹脂は調理師ギルドで店売り)
  バター ← 店売りの水牛乳から作れて、HQ品を用意しやすい
 という、HQ素材で品質底上げしてアップルタルトHQをつくりやすい良レシピなのである。

 リムサ・ロミンサの冒険者ギルドで、エールポートのハ・ランボロ船長にウォルナットブレッドを納品するギルドリーヴを受注する。
20170623_02.jpg
 昔は、ギルドリーヴが1日8回しか受注できなかったのだが、現在は仕様が変わって、12時間毎に3回分リーヴ受注権がもらえて、最大99回分まで蓄積できるのだそうだ。画像を見ると、残り受注権が96回ある。超えた分は消滅なので、これも活用するに越したことはない。

 エールポートのエーテライトをお気に入りポイントに指定しておくと、リムサ・ロミンサの冒険者ギルドからは81ギルでワープできる。ので、ワープ後、すぐそばにいるハ・ランボロ船長に納品。
20170623_03.jpg
 HQボーナスも含めて26000の調理師経験値と260ギル前後のお金がもらえる。

 これを繰り返す… といいたいところだが、実はエールポートにもギルドリーヴを受注できるポイントがあり、そこで「リムサ・ロミンサのバンゴ・ザンゴにアップルタルトを納品」というギルドリーヴを受注できる。さらに、そのギルドリーヴポイントから船着場に向かうと、リムサ・ロミンサへ40ギルで輸送してくれる船頭さんがいるので、これを利用する。
 すると、漁師ギルドの前に移動するので、小さなエーテライトを使って八分儀広場に移動し、そこにいるバンゴ・ザンゴ氏にアップルタルトを納品する。
20170623_04.jpg
 こちらもHQボーナスを含めて調理師経験値26000と、260ギル前後のお金がもらえる。
 この八分儀広場から、リムサ・ロミンサの冒険者ギルドは目と鼻の先である。

 つまり、このエールポート往復便により、ウォルナットブレッドx3とアップルタルトx3を81ギル+40ギルで輸送して経験値52000と520ギル前後の収入が得られる。差し引き400ギル程度の収入が見込める。ウォルナットブレッドのみの場合に比べ、アップルタルトを組み入れることで効率は2倍近い。

 これをぐるぐる回して、調理師がLv37に到達。圧倒的レベルアップである。
20170623_05.jpg
 まあ、今度は調理師Lv37に見合った料理の素材を集める必要が出てくるのであるが、まあ、それはゲーム的に正しい。どんどん旨いメシを作っていこう。

FF14 | 12:29:54 | Trackback(0) | Comments(0)
ハウスの畑でシャードを栽培
 グランドカンパニーすげえ、みたいなことを書いたので、フリーカンパニーの利点も書いておこう。もちろん利点は一つではないのだが、完全にソロだった勇者的には、草刈りの途中で手に入る、火晶草の種、みたいな収穫物が完全に死にアイテムだった。
20170622_01.jpg
 何故なら、この「種」系アイテムは、フリーカンパニーのハウジング機能で手に入るカンパニーハウスの庭にある畑に植えて収穫するためのアイテムだからだ。たまにしか出てこないチョイレアアイテム感のせいで、つい優先して刈り取ってしまうのだが、勇者のインベントリを埋めるだけの存在だったわけだ。

 それがついに芽を出す時が来たのだ。文字通り、このカンパニーハウスの畑で。
20170622_02.jpg
 夜だからちょっと良く見えないが、3x3サイズの畑で、中心にカカシがついている。このため、8箇所に種を植えることができるというわけだ。実は、種だけではなくて土も手に入れないといけないらしいのだが、いい土は種よりも数倍レアで、入手が難しいらしい。

 今回は初回なので、奮発してシュラウドソイルG3というのを購入し、火晶草の種を16個植えた。
 肥料やり、手入れ、などもできるのだが、火晶草の種を植えたのに、直後のコマンドでは「ファイアシャードが順調に育っている」という表記が出て、ちょっと戸惑う。いや、そんな気はしていたけど、急な話だったので。

 リアル18時間後にはこの通り、キラキラに育っている。
20170622_03.jpg

 収穫すると、1株あたりファイアシャード100個獲れた。
20170622_04.jpg
 これは、シュラウドソイルG3を使ったからで、NPC売りのガーデニングソイルだと、50個なんだそうだ。倍とはすごい差だが、ガーデニングソイル1個120ギルに対し、シュラウドソイルG3は数千ギルで取引されているので、コスパはガーデニングソイルが圧倒的に良いと言わざるを得ない。次回からガーデニングソイルを使おう…。

 鯖にもよるだろうが、ここの相場を調べてみるとシャードはどの属性も概ね35~50ギル/個で取引されているようだ。
 もし、ガーデニングソイルで16個植えたら、収穫はシャード800個。これを売るだけで毎日3万ギル程度は稼げる計算であり、ウォルナットブレッド27個を1万ギルで売っている場合ではないと感じた。

 しかしアレやな、畑は庭の広さに応じて設置できる個数が決まっているらしいので、大きなフリーカンパニーだと毎日畑を使わせてもらえるということはないだろう。収穫したシャードは1割をフリーカンパニーの共用インベントリに上納しておいた。
 上納しろなどとは言われていないが、せめてもの感謝の気持ちである。

 次回はウォルナットブレッドをどう捌くか考えることにしよう。

FF14 | 12:27:30 | Trackback(0) | Comments(2)
二階級昇進
 グランドカンパニーに所属すると、まず、マイチョコボを配属してもらえる。もらえるといっても、グランドカンパニーが独自に発行する軍票ってやつで、マイチョコボ許可証を交換し、チョコボ屋に持っていく必要はある。
20170621_01.jpg
 このあと、マイチョコボに名前をつけて、チョコボ笛を所持品の中から使用すると、マウント呼び出しコマンドを覚えるので、今後はそこからマイチョコボを呼び出して、乗れるというわけ。

 軍票は、グランドカンパニーに貢献するともらえる、ということだったが、フィールド上の強敵イベントFATEに参加すると、今までは報酬が経験値とギルだったのが、経験値、ギル、軍票、に増える。また、コンテンツファインダーでダンジョンへ野良パーティで出かけた際のクリア報酬にも軍票が追加され、実にいい感じだ。

 また、調達任務というのがあり、毎日1回、毎朝5時にリセットされるものがあるが、これは各クラフター別に装備品等をグランドカンパニーに納品することで経験値と軍票がもらえるし、各ギャザラー別に素材などを納品するものも同様に用意してある。
 これがウマイのなんのって、HQ品だと1.5倍、さらに★つきの納品は報酬が2倍で、
20170621_02.jpg 20170621_03.jpg
 こんなことになる。鍛冶師経験値約12万ってアナタ。

 もちろん、低レベル時からこんなにもらえるということはなく、レベルが高くなれば、相応の納品を求められ、相応の報酬がもらえるというわけだが、クラフターのレベル上げはこれを絡めない手はないだろう。グランドカンパニーすげえな。

 なお、軍票は所持上限があり、無限に持てるわけではない。上限を超えると消滅するっぽい?ので、所持上限を上げるため、グランドカンパニー内での階級を上げることにする。なお、階級は軍票で買う。
 買うというと聞こえが少し悪いかもしれないが、まあ、貢献度が軍票で示される以上、階級も軍票を消費して交換することが、明快な評価基準になっているということだろう。ガンパレードマーチで「発言力」を消費して階級を上げていたようなものだ。 
20170621_04.jpg 20170621_05.jpg
 二等闘兵 → 一等闘兵 → 上等闘兵

 次の昇進には、なにやら別の条件があるようなことを人事担当官が言っていたので、それはまた別の機会に頑張ろう。

FF14 | 12:32:45 | Trackback(0) | Comments(0)
絵面がダークソウル
 メインストーリーを進めていったら、剣術士ギルドの受付が耳寄り情報を持ってきてくれた。
20170620_01.jpg
 本来的には、ナイトになると、王家への忠誠と貢献が求められ、冒険者稼業は認められないらしかったんだけど、第七霊災からの復興は冒険者稼業の隆盛を呼び、俸禄よりも儲かるようになったため、ナイトの志願者が激減してしまったらしい。ナイトを束ねる組織としては、テコ入れを必要とする状況、というわけだ。
 そこで、ナイトの戦技を公開することによって、ナイトのすばらしさを感じさせ、ナイトを束ねる組織、銀冑団のシンパを増やそう、ということらしい。この組織の指導者はなかなか世事に長けているな。

 この人。
20170620_02.jpg
 しかし、このフルフェイス鎧を着込んでいると、だんだん絵面がダークソウルに見えてくるな。

 完全にダークソウル。
20170620_03.jpg

 甲冑のおっさんが出現して「こんなところで亡者退治」などと言い出す。
20170620_04.jpg
 ますます濃厚になるダークソウルの雰囲気。

 それはともかく、無事、ナイトになることができた。
20170620_05.jpg
 早くファイナルファンタジーっぽい装備を手に入れよう。

FF14 | 12:14:14 | Trackback(0) | Comments(0)
GC及びFCに加入
 剣術士Lv30、幻術士Lv15になると、剣術士ギルドの受付から、ナイトへジョブチェンジするクエストが出るという前情報を得ていたので、せっせと幻術士を上げていたわけであるが、剣術士のクラスクエストを全部(「ナルザルの双剣」まで)クリアしたのだが、どうも剣術士ギルドの受付は知らん顔だ。
20170619_01.jpg 20170619_02.jpg
 儲かることはいいことだが。

 仕方がないので、ストーリーのほうを進めて、ウルダハスタートなので不滅隊の面々と協力しつつ、ある事件を追い、なんとか解決にこぎつけた結果、各都市のグランドカンパニー(GC)が勇者をヘッドハントしに来たわけであるが、ある知人が不滅隊だというコトもあり、不滅隊に加入することにした。
20170619_03.jpg

 もう一騒ぎあるにはあるが、ヤバイ話でもないので軽くいなしてから、正式に加入。
20170619_04.jpg 20170619_05.jpg

 その後、その知人の所属するフリーカンパニー(FC)にも入れてもらうことができた。
 フリーカンパニーは、グランドカンパニーの下部組織的な扱いらしく、フリーカンパニーとグランドカンパニーの友好度が存在し、これが高いと、グランドカンパニーからの依頼を達成した時にボーナスがつくらしい。このフリーカンパニーは不滅隊との友好度が最大値だったので、報酬にボーナスがつくようだ。わーお。
 エオルゼアの平和のため、不滅隊及びフリーカンパニーに貢献していこう。

FF14 | 19:56:36 | Trackback(0) | Comments(0)
勇者、ガチタンになる
 とりあえず、装備可能な最高レベルのものを製作して、ガチタンにしてみました。ロールがタンクだから。
20170616_01.jpg
 めっちゃ強そうやんけ。

 ためしに傭兵稼業に出てみたら、体感できるレベルで硬くなったので、こいつぁいいや、と思ったのも束の間。せっかく強くなったんだし、随時バトルの入る、メインのスートリーを進めて行こう、と思ったら…
20170616_02.jpg
 受付のララフェル、タタルさんとの対比がエグい。こんなん来たら通報されるだろ。

勇者「それはあなたの役割ではないのですか」
20170616_03.jpg
 表情が見えないせいで棒読み感がすごい。

 ファー(昇天
20170616_04.jpg
 だめだ、爆笑してしまった。違和感がすごい。
 早くレベルを上げて、次の装備を整えよう。鋼の錬金術師のアルフォンス(鎧)ですら、もう少し表情があったぞ。

 おまけでダンジョンクリア時の画面も撮っておいた。今回の記事は鎧しか写ってないので、癒し要素として銀髪ミコッテ族を紛れ込ませて好感度アップを図る。
20170616_05.jpg
 中身は勇弟だが。

FF14 | 12:24:16 | Trackback(0) | Comments(2)
戦いの勘を取り戻す
 そういえば、弟者に「無料トライアル期間っていつまでなん?」と聞いたら「無限」って返事が返ってきてびびった。いつのまにやら無料トライアル期間は無限になっていたらしい。
 基本無料ってやつ?
 そんなわけで、ちょいちょいダンジョン攻略など勇弟コラボをやったわけですが、やはり協力プレイは楽しい。

 レベルシンク(どんなにレベルが離れていても、同レベルに同期してくれる)機能があるので、はじめたばかりのプレイヤーでも全クラスLv60です、みたいな熟練者と全く違和感なくパーティが組める。レベルシンク機能は神だと思う。

 弟者に遅れをとらぬよう、少し戦いの勘所を思い出そうと、ちょっと武者修行の旅へ。
20170615_01.jpg 20170615_02.jpg 20170615_03.jpg

 まあ、実際は、タンク(前衛で敵を引き付ける)、DPS(火力で敵を殲滅する)、ヒーラー(回復、補助を行う)のロールに分かれているので、剣術士のソロ修行はあまり意味ないと思う。弟者は槍(分類はDPS)だったのは流石のコンビネーションだったと思う。

 なお、剣術士Lv30を超えると、ナイトに進化できるが、条件として幻術士Lv15という噂を聞いているので、幻術士も少し修行。
20170615_04.jpg

 キャンプ・ドライボーンのあたりのサブクエストをあらかた片付けたところで、気になる人を見かけた。
20170615_05.jpg
 墓からよみがえりかねないほどの遺産… 5000兆円ぐらいだろうか。

 次回は剣術士の装備を整えようと思う。

FF14 | 12:25:21 | Trackback(0) | Comments(0)
FF14 ほうれん草のソテー
 低地ラノシアはモラビー湾のほとり、スピナッチ(ほうれん草)を刈る勇者の姿があった。園芸師のレベルを上げて、ウォルナット原木を伐採したい狙いからだ。何しろ、ウォルナット原木は獲得率69%。これでも3回に1回はスカるわけで、
20170614_01.jpg 20170614_02.jpg
 せめて75%、できれば80%ぐらいの獲得率で、スキルを使って+15%するか、もしくは時々獲得率+10%ボーナスの採取ポイント発生によって、90~95%まで底上げして、ストレスなく刈りたいところである。

 はー、ほうれん草300個達成した。
 残りの材料はどこだろな… と。

 ボタンマッシュルーム 獲得率67%
20170614_03.jpg
 悪化してるじゃねーか!

 スキルを使って獲得率を底上げし、GPが切れたときは我慢して素の獲得率で頑張り、ボタンマッシュルーム99個を獲得。
 こんなことならウォルナット原木を伐採しても良かったんでは… いや、考えないようにしよう。
 リムサ・ロミンサでほうれん草のソテー(スピナッチソテー)を作る。
20170614_04.jpg
 これはいいデキのほうれん草のソテーだ。

 調理師のレベルが30になったので、調理師のクラスクエストをクリアしておいた。
20170614_05.jpg
 報酬にいいフライパンがあったのでラッキー。
 スピナッチソテーは売れるのかどうか、ちょっと気になったが、ウォルナットブレッドが売れなかったわけで、望みは薄いだろうということで、自分で食べることに。食べると獲得率が上がる、ギャザラー向けのお食事らしい。
 …いい感じじゃないか。これは運が向いてきたな?

FF14 | 12:23:38 | Trackback(0) | Comments(0)
FF14 おいしいクルミパン
 中央ラノシアはサマーフォード庄で野生の小麦を刈る勇者の姿があった。
20170613_01.jpg
 ギャザラーのひとつ、園芸師は、さまざまな木や草を刈って資源を得ることができるクラスであるが、資源それぞれにもレベルがあり、園芸師レベルと資源レベルが同じぐらいだと、概ね60%ぐらいの獲得率である。スカると資源も経験値ももらえないし、まったくの無駄になるので、若干のストレスはあるが、そこはまあ、ゲーム的な都合もある。

 とはいえ、画像のように、獲得率100%だとサクサク集まるので気分がいい。

 たとえば、獲得率60%のモノだった場合、採取ポイントひとつあたり4回チャレンジできるのだが、確率的には40回に1回ぐらいの割合で、採取ポイントからの収穫0ということがあるのだ。これは精神的にクるものがある。一応、獲得率を上げるスキルもあるのだが、ギャザラー用のスキルポイント(GP)との兼ね合いもあり、常時発動はできない。

 それはともかく、高品質な小麦粉(小麦粉HQ)をたくさん作って、
20170613_02.jpg

 そのほかの素材も上質なモノを厳選したウォルナットブレッドを焼きまくる。
20170613_03.jpg 20170613_04.jpg
 高品質なウォルナットブレッド273個、普通のウォルナットブレッド12個、焼き上がり。

 マーケットを見ると、500ギルとか1000ギルで出品されているようなのだが…
20170613_05.jpg
 ウォルナットブレッドHQを750ギルx99個で出品してみたのだが、売れなかった。
 商売は難しいものである(普通のウォルナットブレッドを食べながら)。

FF14 | 12:25:43 | Trackback(0) | Comments(2)
FF14 こだわりの肩ロース
 食塩を作成した!
20170608_01.jpg

 急に何の話だ、と思うでしょうが、調理師Lv25クエストで、大山羊ステーキを作ることになり、その材料を自分で用意する必要があることから、材料にこだわりの食塩(高品質)を用意したわけですな。
20170608_02.jpg 20170608_03.jpg
 肩ロースは以前の狩りで入手していた肉の高品質なものを厳選。

 上手に焼けましたァ!!!!
20170608_04.jpg

 あとは試食してもらい、クエストクリア。
20170608_05.jpg
 このひとはウルダハ出身で調理師になるためにリムサ=ロミンサに引っ越してきたルガディンの女性。ウルダハの料理は焼いただけとかのテキトー料理ばっかりで、しかも(砂漠の国なので)野菜もなくて健康状態があまりほめられたものではないと感じていたらしい。
 そこで、調理師になって、身体に良くて旨いものをウルダハに広めたい!と考えているのだそうだ。めっちゃ立派。
 どんどん山羊肉を焼こうな。

 調理師Lv25→Lv27

FF14 | 12:33:14 | Trackback(0) | Comments(0)
戦いに疲れた勇者 堆肥を集める
 しばらくTree of Saverで戦ってきたわけですが、ひたすら魔族を狩り続け、世界を救うためと女神の啓示に従って戦い続けた結果、むしろ魔族の将軍ホーバーク以外誰も信じられないという鬱シナリオ、新しい村は7割がた「村人が行方不明」→「人体実験の材料」というどうしようもない状況、そして「魔物を退治しろ」→「お前がアレを退治したせいで他の魔物が暴れだしたぞ。お前の責任だ」という話の展開が数回。

 滅びろwww

 というわけで、少し戦いに疲れたので、堆肥でも集めようかな、と、ふらりとエオルゼア(FinalFantasyXIV)に来ました。
20170607_01.jpg
 いや、堆肥目的ではなくて、最初に引き受けたギルドリーヴが堆肥を集めるやつだっただけでした。

 が、帰り道、でかいさそりがわんさか出るフィールド上の強敵イベントF.A.T.E.に遭遇、辻ケアルとかしはじめる勇者。
20170607_02.jpg 20170607_03.jpg

 勇者の弟者が何故か突然PS4を購入し、FF14無料トライアルをやるという噂もあり、しばらくエオルゼアでケアルしたりパン焼いたりしようかな、と思っています。このブログに画像を掲載するなんて一年以上ぶり。
 どうもTree of SaverではSS撮る動きにならなかったので、なんだか懐かしい気分にもなっている。
 鯖はManaデータセンター、Hadesです。

FF14 | 12:33:18 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad