FC2ブログ
 
■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
モニター買い替え ASUS VP28UQG
 初めて一人暮らしをしたすぐあとぐらいのタイミングで購入した三菱電機23インチ液晶が、起動時に「ジジジジジジジ」という異音を出すようになり、ついに買い替え検討せねばならぬ時が来たか… と思い、Amazonで液晶モニターを選定、家電量販店のゲーミングデバイスコーナーで現物を見比べるなどしていたら、1週間ほどで画面が映らなくなり、退役となりました。
 正確には、表示はされているのだが、バックライトが死んでいるので、何が映っているかを実用的に視認することは不可能であるという状況でした。

 ついでなのでモニター関連の思い出でも書くか。チラシの裏だしな。
 初めての勇者PCは富士通FMVの何か(型番までは覚えていない)で、15インチのブラウン管モニターでした。当時は液晶ディスプレイも存在はしていましたが、非常に高価かつ応答性がブラウン管モニターに比べて劣るということで、まだ広く普及するには至らず、むしろゲーマーならブラウン管以外ありえないぐらいの言い方をされていました。
 当時コンピュータ関連の技術が一番進んでいたのはミコトで、ちっぷのパソコン購入とかのために秋葉原に出かけるときにはついて行って、様々な知識を吸収させてもらったものです。
 ちっぷのパソコン(FMV)モニターが17インチの大きいやつだった時には感動したものです。勇者PCのモニターの解像度は1024x768だったけど、当時はまだMS-DOS時代の名残で800x600のディスプレイも豊富に存在していた時代、1280x1024の17インチディスプレイはあこがれの領域だったわけですな。エイジオブエンパイア(無印)の時代ですよ。
 その辺りでミコトのモニターが19インチだか21インチのブラウン管モニターになり、それを見て、思いました。

「俺の机には置けない」

 その後、液晶ディスプレイの技術が進み、勇者組合に加入して金銭的な余裕が発生したこともあって、パソコンのパーツを毎週のように買っては組み立て、余ったパーツでサブPCを組み立て… などとしていて、パソコン3台、ノートパソコン2台が存在した自作パソコン全盛期が訪れるわけですな。しかしモニターとグラフィックボードは比較的後回しでした。
 ちっぷに大きく遅れて17インチ液晶を導入した時には大変満足したのですが、その直後ぐらいから大型化が進み、価格がお安くなり、グラボも進化して19インチ+17インチのマルチモニタ体制へ進化しました。
 このマルチモニタ体制への進化は、マビノギで白ヘビが白い直方体になっていることをちっぷに話したら「いい加減にしろ」と言われて、勢いでGeForce 7900GTX、通称コングを購入したことがきっかけでした。
 初代勇者ハウス(※アパートの賃貸)へ引っ越し、型遅れとなったパーツや蔵書の大半を勇者実家に残した結果、大きな机を購入して大型液晶モニターを設置できる広さを手に入れ、23インチ液晶(三菱電機)2枚体制へ。たしか2万円ぐらいだった記憶がある(セラスさんに教えてもらったNTT-Xとかいうサイトで購入)な。

 初代勇者ハウスから名古屋への転勤を経て、ずっと戦い抜いてきた三菱電機23インチモニタ… それがついに壊れてしまい、一抹の寂しさ、そして感謝の念、さらにはいつかくると覚悟していた時がついに訪れた諦めに似た気持ち、それらが一度に去来し、複雑な心境でありましたが、それはそうとして画面表示領域が半分になったという不便さが強かったのでちっぷに相談して後継モニターを決定。Amazonで日曜日の夜にポチって火曜日に届いたのですぐ設置しました。
 ASUS VP28UQG 28インチ4Kディスプレイ、最大解像度3840x2160 です。
 大変満足。

 ただ、思ったよりも解像度4倍(縦2倍、横2倍)はでかかった。でもこれが4万円なら、表示可能領域あたりのコスパは2倍になっているわけで、素晴らしい技術の進歩だと思うわけですな。
 唯一の難点は、

  今まで:□□ (□=1920x1080)

  今:□□□
    □□

 という構成になっているので、左の新型メインモニタから右のモニタにマウスポインタが移動する際にちょっとコツがいる、ということですな。まあそのうち慣れるでしょう。

日常 | 08:38:10 | Trackback(0) | Comments(3)