FC2ブログ
 
■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
暗黒騎士のメモ③ (~Lv60)
 次はLv60までに修得するスキルについて。
DarkKnight_03.png

 蒼天のイシュガルドで実装されたこのあたりのスキルは、基本的にジョブクエストのクリアが修得条件になっているので、レベルを上げるだけでは修得できない。

①ソルトアース
 ダメージエリアを生成するはいいが、スキル発動後の、場所指定が結構大変。カメラの位置によって範囲指定の初期位置が決まる?のか、スゲー遠いところに初期位置が出ちゃうと、場所指定までほかのスキルが使えないので、大きな隙を生んでしまう可能性がある。
 道中の雑魚相手なら出し得なのでどんどん使うが、ボス戦では、動きの少ない相手なら効果が大きいが、場所を頻繁に変える、広めの範囲攻撃を使う、などの相手には(効果範囲から相手が出てしまって)効果が望めない場合もある。

②プランジカット
 飛び掛かり攻撃で、コンボ条件もないのに威力200なので、アンメンドがわりにジャンプ斬りを叩き込みたくなるところだが、少なくともパーティに近接DPS(モンク、侍、竜騎士、忍者)がいる場合はやめたほうがいいとされる。
 アンメンドでは、敵がこちらによって来るが、プランジカットの場合はこちらが飛び込んでいくので、戦場が敵の初期位置に寄ってしまう。そうなると、近接DPSはそこに走っていくまで時間差が生じる。ヒーラーからも距離が開いてしまうので、暗黒騎士としてもリスクのある行動なのである。ノックバック攻撃などで距離が開いてしまった時のカバーに使うのが一番だと思われる。
 なお、別に対象との距離が開いている必要はないので、その場でジャンプ斬りできる。

③アビサルドレイン
 普通に使用すると、対象中心の範囲攻撃であるが、ダークアーツを乗せることで、与えたダメージの一部をHPとして吸収することができるので、大勢の雑魚に囲まれた(細かいダメージをボコボコ食らう)時に使えば、ヒーラーの負担が軽減できる。
 ブラッドプライスでMP回復を行えば、ダークアーツ乗せアビサルドレインを連打することもできるだろう。

④ソウルサバイバー
 ソウルサバイバーを付与した対象が効果時間以内に倒された場合は30%、倒す前に効果時間が終了した場合は20%、HPMPが回復するので基本的に使えば使うだけ得するスキルである。

⑤カーヴ・アンド・スピット
 普通に使うと威力100だがMP回復効果あり、ダークアーツを乗せると威力450だがMP回復効果なし。
 MPに余裕があれば威力の高いダークアーツ乗せ、余裕がないときはMP回復攻撃として使用できる。

 メモ③はここまで。

FF14 | 12:37:47 | Trackback(0) | Comments(0)
暗黒騎士のメモ② (~Lv50)
 引き続き暗黒騎士のメモ。
DarkKnight_02.png

①Lv35でブラッドプライスを覚えたら、攻撃を受けた時にMPが回復できるようになるので、どんどん使っていく。
 このスキルはグリットスタンス中のみ使用可能なので、ブラッドウェポンとは両立しない。
 おあつらえ向きに、いずれのスキルも効果時間15秒、リキャスト40秒なので、次のような流れになる。
  グリットスタンス解除⇒ブラッドウェポン(15秒)⇒グリットスタンス発動⇒ブラッドプライス(15秒)⇒リキャスト待ち

②Lv38でソウルイーターを習得すると、コンボルートの2つ目が完成する
 ハードスラッシュ(150)⇒サイフォンストライク(250)⇒ソウルイーター(300) 合計威力700 + HPMP回復
 ハードスラッシュ(150)⇒スピンスラッシュ(220)⇒パワースラッシュ(300) 合計威力670 + 敵視アップ

 個人的には、敵視アップコンボを1セット回して、それ以降はHPMP回復コンボを繰り返す感じでやってます。
 最初に敵視を稼いでおかないと、タゲが跳ねるとやっかいだからね。

③Lv40でダークパッセンジャーを覚える。
 敵の位置にもよるが、アンリューシュよりも強い範囲攻撃なので、敵視を稼ぐもよし、大量の雑魚がいる場合に使うもよし。
 パッとは思いつかないが、これを使えば効率よくダメージを稼げる場面もあるだろう。

④Lv45でダークアーツを修得する。ダークアーツはMPを消費して、次に使用する一部のアクションの効果を上昇したり、追加効果を付与したりする。暗黒騎士の戦いのカギになるスキルと言っていいだろう。
 暗黒が発動していないと使えないので、MPが自動回復しない分、ほかのスキルで回復しないと、好き放題に使うことはできない。ブラッドプライスはリキャストがあるし、敵の攻撃を受けないと回復しないので、能動的にMPが回復するのはサイフォンストライクのみであるため、ダークアーツ修得から、②で説明した敵視コンボとHPMP回復コンボの比重がさらにHPMP回復コンボへ偏る。
 ハードスラッシュ(150)⇒サイフォンストライク(250)⇒ダークアーツ⇒ソウルイーター(440) 合計威力840 + HPMP回復
 ハードスラッシュ(150)⇒スピンスラッシュ(220)⇒ダークアーツ⇒パワースラッシュ(440) 合計威力810 + 敵視アップ

 だと、敵視コンボにダークアーツを乗せ続けることは、MPの制限があるので、できないし、ダメージ面でも不利だ。
 しかし、そもそも暗黒騎士の役割がタンクである以上、敵視を稼ぐことはダメージを与えることよりも重要な役割なので、そこを勘違いしてしまうと、よろしくない。
 敵視コンボにダークアーツを乗せて、その分のMPを次のHPMP回復コンボで取り戻すことを基本としたい。

④ダークマインド、シャドウウォール
 防御スキルなので、ボス戦なら痛い攻撃に合わせて、雑魚戦なら数が多いときに発動し、ヒーラーの負担を減らそう。

⑤Lv50のリビングデッドは、非常に難しい無敵スキルである。
 ナイトのインビンシブル「10秒間無敵」と比べ、難しすぎて俺には扱いきれないし、それゆえに解説はやめておく。
 ひどい勘違い解説をしてしまう可能性があるからな。
 無敵スキルがなくても大丈夫なように、しっかりソウルイーターでHPを吸収しよう。

 メモ②はここまで。

FF14 | 12:33:28 | Trackback(0) | Comments(0)
暗黒騎士のメモ① ジョブ修得(Lv30)
 FF14はロール制が採用されており、タンク、ヒーラー、DPSの三つに分類される。
 タンクは敵の攻撃を引き受け、ヒーラーはパーティ全員の回復を行い、この間にDPSが敵を攻撃して倒すのが基本である。ただし、タンク、ヒーラーも攻撃できるので、いずれのロールでも、ソロで戦うことは問題なくできる。
 (すべての場面においてソロで攻略できるということではない)

 タンクは「ナイト」「戦士」「暗黒騎士」の3ジョブが存在する。

①ナイトは主に俺が使用しているジョブ(メインジョブとかいうときもある)で、豊富な防御力アップスキルに10秒間無敵になるスキル、パーティ全体を守るバリアを展開するスキル、挙句には回復魔法(ただし魔法の詠唱は筋肉で行う)もあるので最強である。

②戦士はタンクロールにも関わらず、豊富な攻撃スキルを持ち、防御バフを全解除する代わりにパーティー全体にバリアを張る(しかし解除されたバフはすぐに自分で張りなおせる)など、タンクとして優秀かつ攻撃力も非常に高いので最強である。

③暗黒騎士は防御力上昇と引き換えに攻撃力が下がるが、その攻撃力低下をほぼ無効化するスキルが同時に存在するが、攻撃力低下を無効化するとMPの自動回復が行われなくなる。しかし、攻撃力低下を無効化するスキルを発動いている場合のみ使用可能なスキルでバンバンMPが回復するので、戦っている限りは実質ペナルティなし(どころか、使えるスキルが増えるので実質アドバンテージ)という、謎の遠回りをするものの、攻撃と同時に自信のHPを回復するスキルや「このスキルの効果時間中に敵を倒せばHPMPが回復するが、効果時間中に倒せなければ、それはそれでHPMPがある程度回復する」という、結局回復するスキルなどもあり、つまり最強であるという結論になる。
 ジョブ名からして光と闇があわさり最強に見える。これはもうはるか昔からそういわれ来た。

 このように最強揃いのタンク職であるが、今年7月に公開予定の最新バージョン(5.0)漆黒のヴィランズでは、新たに「ガンブレイカー」という、FF8のスコールが使っていたガンブレードを装備して戦うタンク職が追加される。
 FF8のスコールが当時「GLAYのTERUじゃねーか」と言われていたが、最近はGLAYのTERUがFF14でタンク職をメインにやっていることは(一部で)有名な話であり、これはもう「GLAYのTERUが5.0でGLAYのTERUになる」わけであり、何を言っているかよくわからないと思うが、それは俺も同じである。

 長々と書いてきたが、ここまで前置きである。

 本題としては、ナイトを主にやっている俺であるが、5.0でガンブレイカーはやりたいと思っている。しかし、かといって今現在ガンブレイカーはできないので、まず暗黒騎士をやって、ナイトの操作に凝りかまった俺の筋肉をほぐすことによって、来るべきガンブレイカーに備えようと、そういうわけであるな。
 前述の通り、暗黒騎士は最強のタンク職であるが、スキル構成が入り組んでいることは否めない。一通りおさらいしたうえで、基本的なスキル回しを頭に入れておく必要があるだろう。

DarkKnight_01.png

①最も突入レベルの低いダンジョンはLv15で突入することになるので、
 ・アンメンドで敵に攻撃⇒敵グループが自分に向かってくる⇒アンリューシュで範囲攻撃して敵視を稼ぐ
 ・ハードスラッシュ⇒サイフォンストライクのコンボを繰り返す
  ※この時点では、ハードスラッシュ⇒スピンスラッシュ⇒パワースラッシュのコンボへつながらないため、
   威力の高いハードスラッシュ⇒サイフォンストライクのコンボだけで良い(はず)

②Lv18~Lv30未満のダンジョンでは、
 ・戦闘中にブラッドウェポンが使えるなら使う
  ※修得Lvが30のグリットスタンスが使えないので、逆にブラッドウェポンに制限が存在しない状態になる
 ・パワースラッシュの使えるLv26~は、基本コンボを ハードスラッシュ⇒スピンスラッシュ⇒パワースラッシュ にする。
  ※修得Lvが30の暗黒が使えないので、逆に戦闘中でもMPが自動回復するので、サイフォンストライクのコンボボーナスでMPを回復する必要がない状態になる

③Lv30~
 ・グリットスタンスと暗黒を同時に使用すると、以下の状態になる。
  ①自身が受けるダメージが20%減少
  ②自身への敵視を上げる
  ③他者からのMP回復効果を無効にする
  ④戦闘中、MPが自動で回復しない
 ・グリットスタンス状態だと、ブラッドウェポンが使用できないので、以下のようにする。
  グリットスタンスを解除⇒ブラッドウェポン発動⇒(効果時間15秒)⇒グリットスタンスを発動
 ・暗黒を解除する利点は(あまり)ない。戦闘中でなければMPは自動回復する。
  戦闘中にMPが切れることはあまり考えられない(アンメンド、アンリューシュを連打しなければならない状況)が、かといって備えなくていいというわけではないので、サイフォンストライクコンボとパワースラッシュコンボを織り交ぜて戦う必要がある。
  最大MPの半分以下ならサイフォンストライクコンボ、等

★ブラッドウェポンの効果④にある「ブラックブラッド」は、この時点では「そもそも存在しない」ので、気にする必要はない。
 暗黒騎士Lv60以降、一部スキルに「ブラックブラッドを消費して発動」するスキルが出てくる。
★スキル表にある「DA」ってなんだよって話があると思うが、後にダークアーツ(DA)というスキルを修得する。
 それまでは気にする必要はない。

 メモ①はここまで。

FF14 | 18:06:55 | Trackback(0) | Comments(2)