■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
世界樹の迷宮5 第二階層
 第二階層は荒涼とした岩山の風景。
 樹海よりも見通しは利くのだが、谷間になっていて進めないマス、いきなりダッシュしてくるキリン(従来シリーズの怒ってる鹿みたいな動きだ)、こちらを発見すると襲い掛かってくるサソリ、何度倒しても元に戻る岩の柱、そして岩の柱を倒してくるサルなど、F.O.E.に苦しめられる展開になる。
 F.O.E.を回避するための移動でもランダムエンカウントは発生するので、レベルはもりもりあがるが、全然先に進んでいる感じがしないというか、ここから先、どこに進めばいいのだ?という状態に陥る。

 地図を書き間違っていて階段見落としてた。

 間抜けな話であった。レベルが40になった(早い!)ので、ちょっとギンダマの火力が上がるかと思って重砲マスタリーを10にしてみた。が、特に火力が上がった感じはしなかった。

ギンダマ「何故だ!? もしかしてコレ重砲じゃないとかいうオチ!?」
チップ「穴掘って土盛ってろよ」
ギンダマ「うう…」

 レベルはあがっても装備は変わっていないので、戦闘がなかなか楽にならず、結果としてレベル上げをしてしまい、Lv40になったわけであるが、今回はスキル習得を保留。ギンダマの重砲マスタリー10という失敗(?)が心に重くのしかかったためだ。
 一応、気力を振り絞ってマリソルに「狩猟術」を覚えてもらい、食料となる獣を捕獲できるようになってもらった。

 それにしてもここはストーリー的な進捗がない。なにか根本的なものを見落としているのだろうか? と不安になった頃合を見計らって(?)、世界樹の迷宮1のレン&ツスクルを彷彿とさせる二人組みが出現。素人は帰れ的な扱いで街に追い返され、評議会からミッションを受領する。
 ついでに「混乱させてくる恐ろしいモンスターだから気をつけろ」というアドバイスをもらい、ヤギのイヤリング(混乱耐性アップ)を全員に装備させて、突撃!

 混乱対策が効いて、危なげなく戦いを有利に進めるガーディアンの面々、しかし思ったよりも長期戦となり、全体ランダム攻撃にギンダマのヒーリングガードが押され始める。相手のHPを削るペース的に、ぎりぎりいけるはずだと考えた瞬間、それが油断になったのか、ヒポグリフの爪がギンダマを捉え、無念の戦闘不能!

ギンダマ「ウワーッ」
マシア「アーッ! おのれよくも勇者さまを!」

 直後のマシアのファイアボールでヒポグリフを撃破!

マリソル「ナイス撃破!」
ギンダマ「うう… くやしい…」
マシア「経験値ズレてしまいましたwww」
チップ「レベル1ぐらい問題ないだろ。途中でスタメン落ちする可能性も高いんだし」
マリソル「一番スタメン危ないのが勇者っていう流れは毎回どうかと思う」
チャボ「アリアドネの糸、使うよー」

 最も戦闘不能になる盾役、スタメンを守れるか? 次回より第三階層に挑む!

迷宮 | 23:17:52 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
一回勇者をスタメンから落とした上に、そこまでして狙ってたスキル効果は別に出番ないまま目的が終わってしまったイワオロなんとか事件を思い出しました。
2017-08-18 金 21:46:12 | URL | まりそ [編集]
>まりそる
あったあった。今回はそういうことがないといいな。
2017-08-19 土 00:37:59 | URL | Silverbullet [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad