■勇者紹介

Silverbullet

Author:Silverbullet
ルエリ鯖主に7ch/モハフは3鯖
名前の由来は「銀の弾丸」で、通称ギンダマン。
勇者とは究極の器用貧乏である。

■勇者指数

■勇者記事
■こめんつ
■勇者分類
■みなさま
■月別勇者

■勇者検索

■RSSフィード
素因数分解
 日常で素因数分解は使うよな。

 先日のモンスターハンターワールドのβテスト動画を、Youtubeの埋め込みHTMLコードをコピペしたら、微妙に基本デザインからはみ出しており、几帳面なちっぷに修正要望されてしまったわけだが…
 デフォルトのサイズが560x315だったのを、縦横の比率を維持しつつ、どのぐらいのサイズに変更可能か? という問題を解決するためには、素因数分解を必要とする。

 560 = 56x10 = 7x8 x 5x2 = 7x 2x2x2 x 5x2
 315 = 105x3 = 35x3 x 3 = 7x5 x 3 x 3

 共通する因数は7と5だから、ちょっと小さくするならそれぞれ6/7にする(85.71%)か、4/5にする(80%)かが選べるということがわかるという寸法だ。なお、現在のサイズは448x252(デフォルトから4/5)を指定している。
 やみくもに試行錯誤して正解を探すのもアリだけど、明らかに効率は悪い。

 どんどん素因数分解しようじゃないか。

日常 | 12:16:26 | Trackback(0) | Comments(4)
モンスターハンターワールドβ 大剣
 モンスターハンターの花形は大剣であるという認識を新たにする。それ以外には説明不要である。
 チップは何をつかってもだいたい最強だが、大剣使ってるときは特に最強だから、参戦がかなえばもはや人類側勝利は確定するぐらいの威力がある。
 それ以上の説明は不要であろう。







 溜め攻撃は、溜め中に方向を調整できる。神修正としか言い様がない。

狩猟 | 12:48:48 | Trackback(0) | Comments(5)
モンスターハンターワールドβ 双剣
 某まりそる先生から「へっぽこ双剣でもクリアできますか」という質問が届いたので双剣を試してみたのが次の動画。
 コンボが「その場で斬りつける△+△+△」と「前に出ながら斬りつける○+○+○」に鬼人化して乱舞、ぐらいに簡略化され、とても楽に戦える。攻撃範囲も広いのでロックオンして△もしくは○を連打で概ねOKなのではないか?





 個人的には、ハンマーがあんなにブンブン回るのに、双剣がさほど回転しないのは腑に落ちないのだが、そんなこと言い出したら全員大回転することになりそうなので静かにしておこう。

 砥石の所持数が無限だったんだけど、あれはベータテストの時だけかな?
 仕様になれば、砥石忘れたというモンハンあるあるがひとつなくなるわけだが、どちらがいいか判断するのは難しいところだ。
 それから、鬼人化した時のスタミナ減少を強走薬で防げるかどうかという問題も大きいような気もするが、普通のコンボが充分強いから問題にならないような気もする。蝶のように舞、カマイタチのように斬りつけて欲しい。

狩猟 | 12:24:24 | Trackback(0) | Comments(0)
モンスターハンターワールドβ ヘヴィボウガン
 先日のモンスターハンターワールド:ベータテストでいろいろ試すついでに、動画撮影してアップロードとかもしてみよう(界隈で気になるけど面倒くさいという向きがあるだろうし)と、試行錯誤した結果を、せっかくだからこちらにもまとめておこう。

 対ドスジャグラス ヘヴィボウガン


 対ボルボロス ヘヴィボウガン


 マップの境界がなくなった(しかし呼称としての「エリアxx」はアリ)り、アイテムの採取が非常に楽になったり、調合を自動化する設定があったり、回復薬を飲みながら移動できたり、基本的にはプレイヤーが望む行動をする時に発生する待ち時間やストレスを解消していく方向に進化しており、第一印象としては良作の予感がする。

 ヘヴィボウガンについては、これまでは「重い」「鈍い」「強い」のトレードオフが印象的で、素人お断りの雰囲気を漂わせていたが、まずクエスト開始時点で使用可能な弾薬は全て装填された状態でスタートするというのが大きい。これまではクエスト開始と同時にガッシャーンとボウガンを準備状態にしてガシャコンジャキキと装填して、どっこいせと背負いなおしてから走り出すというのがヘヴィボウガンだったが、今回はそれがない。神修正としか言い様がない。
 そして、特殊弾の実装、トリガハッピーである。詳しくは動画で急に勇者が映画ランボーのシルベスタ・スタローンみたいに連射しはじめるので、見ていただければすぐにわかると思うが、アレである。トリガーハッピーである。
 それ以上の説明をしようがない。存分にヒャッハーして欲しい。

 なお、ヘヴィボウガンの特殊弾には狙撃タイプもあるのだが、狙撃のすばらしいところは「急所に命中させれば一撃で相手を斃せる」ことであり、いかに大ダメージであっても、倍率3倍や5倍程度では魅力とは言えない。ロマンはあるが。
 草むらに身を隠す関係のアクションと効果の相乗効果がどのぐらい有効かによっては活用する場面もあるかも知れない程度だ。

 副作用としては、もはやライトボウガンの速射では満足できない身体になってしまうということである。これまでは「どの弾が速射対応しているか」でライトボウガンを選定していたが、今回はそもそもライトボウガンが選択肢に入らない危険すらある。
 慎重に推移を見守りたい。

狩猟 | 12:12:12 | Trackback(0) | Comments(0)
謎の逆転現象
 クモの巣サッサー(恒例行事

 無限にボアチョーカーを納品してボアの粗皮とボアレザーをマーケットで売りさばいて残りのボアレザーをボアチョーカーに加工して納品して… という無限ループでギルドリーヴ受注権のある限り(=無限じゃない)、ギルが稼げるわけですが、ボアの粗皮をボアレザーにするためにはアルメンを、ボアレザーをボアチョーカーにするにはヒッポグリフの腱が必要なわけですが、その全てをリテイナーベンチャーにより調達している。
 リテイナーベンチャーを依頼するには、ベンチャースクリップが必要になるが、そのベンチャースクリップはグランドカンパニーの軍票200で1枚もらえる。軍票はレベリングルーレットの不足ロールボーナスでもらえるので不自由はしない。

 が、

 コスタ・デル・ソルに出かけると、アルドゴートチョーカーの大口依頼があり、報酬にボアの粗皮12もあるのを目撃。
 ボアチョーカーに比べて、アルドゴートチョーカーは材料がアルドゴートレザーとダイアマイトの腱であり、いずれもボアチョーカーよりも入手難度、作成難度共に1段階楽なものだ。
 これは…? と思い、早速材料を揃えて納品にいそしんでみた。

 936ギル x 3; オールドシェパードベルト x 3
 774ギル x 3; ボアの粗皮12 x 3
 767ギル x 3; 風シャード30 x 3
 918ギル x 3; 風シャード30 x 3
 908ギル x 3; 風シャード30 x 3
 603ギル x 3; 風シャード30 x 3
 752ギル x 3; 風シャード30 x 3
 944ギル x 3; ボアの粗皮12 x 3
 944ギル x 3; ボアの粗皮12 x 3
 838ギル x 3; 土シャード30 x 3
 838ギル x 3; 土シャード30 x 3

 ボアチョーカーは高くても基本360ギルにHQボーナスなので、アルドゴートチョーカー大口依頼のほうが報酬のギルがいいな。ダイアマイトの腱をマーケットで見てみたら、1個50ギルとかで売ってたし、こいつはいいものを見つけた。
 ただし、土シャードがさすがに欠乏してきたので、補充せねばならんな。

 ストーリーも進めたいのだが…。

FF14 | 23:02:45 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad